地球環境法学科で環境問題を学び 夢の気象予報士を目指す!

第40期生

及川帆乃(おいかわほの)

通塾情報

出身校 横浜校
出身高校 青山学院横浜英和高校
部活 バドミントン
タイプ 学力・成績向上が目的
夢・目標 地球環境問題に特化した気象予報士

進学情報

受験方式 公募制推薦
大学 上智大学
学部 法学部

──【入学の〈きっかけ〉】外部受験を志し、AOに強い早稲田塾へ入学

通っていた高校は大学の系属校で、望めばそのまま内部進学をすることもできました。しかし小学校以来ずっと同じ学校に通っていたために受験らしい受験をしたことがなく、またよりレベルの高い大学を目指してみたいという気持ちが芽生え、外部受験を考えていました。周りの人からは「せっかく内部進学できるのに、なんで?」と言われてしまいましたが、両親は「最後は自分で決めなさい」と言ってくれた。「きっと大学受験をすることで得るものがあるだろう」と考え、外部受験を決意。学校の評定や頑張って取得した英語資格などを活かした受験をしたいと思い、高2の12月からAO対策に強いという評判の早稲田塾に入学しました。

──【タメになった〈授業・カリキュラム〉】大変だったけれど力がついた

まずは「AO・推薦入試特別対策指導」と「慶應義塾小論文」を受講。AO講座では、他の生徒の前で自分の意見を言う機会が多く、人前に立つのがあまり得意ではなかった私は最初のうちはとても緊張していました。でも、周りの生徒のアイディアがどれもとてもユニークで興味深く、みんなで一緒に頑張っていこうという雰囲気があり、徐々に馴染むことができました。自分の書いた志望理由書に対し、他の生徒それぞれのテーマに基づいたアドバイスをくれるので、新たな発見がたくさんある。自分が意見を言うときは「考えるのは難しいけれど、私にも言ってもらったのだから、ちゃんと伝えなくちゃ」という気持ちで頑張りました。
慶應義塾小論文は予習・復習の方法がユニークで、1回の授業に対し予習と復習をそれぞれ2回ずつ行います。1日ですべて終わらせるのではなく、予習・復習に時間をかけることで、授業内容をより吸収できるようになることを実感しました。時間がかかるため、「大変な授業」だという印象が強いのですが、私にとってはかなり力になりました。

──【刺激的だった〈スーパープログラム〉】最優秀賞に選ばれ自信がついた

高3になる直前に「スーパーTOKYOプログラム」に参加しました。これは地域活性化について学ぶプログラムで、八丈島の地熱発電所に見学に行けると聞いて参加しました。東京都港区の区長と八丈島の町長からお話を伺い、グループワークなどを通じて様々な視点から問題解決方法や新たなアイディアを発表します。私は環境の視点からプレゼンテーションを行い、個人で最優秀賞に選ばれました。プログラムでの学びはもちろんですが、普段通っている校舎では出会えない生徒との交流を通じて、新たな視点や発想が得られたのも、大きな成果でした。

──【私を支えてくれた〈スタッフ〉】担任助手の励ましで気持ちが明るくなった

高2の冬から春にかけて、志望理由がまとまらずに悩んでいた時期がありました。担任助手と2週間に1回面談があるのですが、相談してはアイディアやアドバイスをもらい、力づけてもらったりしました。
また入試の直前には、緊張でテンションが下がって気持ちが暗くなっていました。そんなとき、上智大学に通う担任助手が話を聞いてくれ、「大丈夫だよ」と励ましてくれました。そのとき、私は泣いちゃって(笑)。その言葉もあって、気持ちを前向きにすることができました。
早稲田塾は、生徒一人ひとりに丁寧に寄り添って、最後まで指導してくれる塾です。本当に、感謝しかありません。

──【将来の〈夢〉】環境問題に特化した気象予報士になる!

私は、幼い頃から「気象」に興味がありました。最初のうちは「天気予報のお天気お姉さんが可愛いなー」という単純な動機だったのですが、そこから地球温暖化などの環境問題を知り、今は再生可能エネルギーに興味を持っています。
上智大学法学部地球環境法学科は、環境問題について法律的な視点から多角的に学べる学科です。たとえば、自治体は地熱発電を推進したいけれど、温泉が枯渇してしまうかもしれないので観光業から反対がある、など。そのような問題を解決するためには、法律の存在が不可欠です。環境問題を考えたい私にとって、まさにピッタリの学びの場所です!
そして将来は、環境問題に詳しい気象予報士になりたい。難関資格ですが、大学の勉強と平行して準備を進め、夢を叶えたいと思います。

私の「青山学院横浜英和高校自慢」

幼稚園から高校までずっと、給食があります。けっこう美味しいですよ。この給食が入学動機になっている生徒(のお母さん?)もいるみたいです(笑)。アットホームで、生徒みんな仲が良いです。今までずっと女子校だったのですが、今年度から男子も入学するようになったので、これから学校の雰囲気が変化していくかもしれないですね。

私の「上智大学 法学部 現役合格アイテム」

小論文のノート

過去問題は12~13年分やりました!1年につき大体4~5回は書き直しています。ノートに問題文と解答用紙を貼り、1回目と最後に書いたものがどのように変化したのかがわかるようにしています。また問題文に出てきたわからない用語について調べたことも、このノートにまとめていました。

フォトギャラリー