{literal} {/literal}
GOOD PROFESSOR

工学院大学
工学部 第1部応用化学科

南雲 紳史 教授

なぐも・しんじ
1961年東京生まれ。’87年明治薬科大学薬学部製薬学科卒。’92年九州大学大学院薬学研究科博士課程修了。’92年東邦大学薬学部助手。’96年北海道薬科大学講師。’98年同助教授。’00年米ミネソタ州立大学およびテキサス州立大学で博士研究員。’04年工学院大学工学部第1部応用化学科助教授。’07年同准教授に名称変更。’10年より現職。

  • mixiチェック

常にめざすは世界初の天然物の全合成

南雲研究室が入る工房・化学実験棟

今週の一生モノのプロフェッサーは工学院大学工学部第1部応用化学科教授の南雲紳史先生である。所属する応用化学科の特徴について「わたし自身とても気に入っている学科です」と語ってくれた。

「この学科の特徴は、(1)工学部に属していますのでモノづくりを基本にしていること(2)化学分野のさまざまな領域を専門にした教員がそろっていることなどでしょうか。理系志望の現役高校生のみなさんにもぜひお勧めしたいですね」

工学院大学応用化学科では、(1)応用化学(2)生命化学(3)医薬・食品化学――の3コース制(3年次から)を敷いている。このうち「医薬・食品化学コース」を設けているのも大きな特徴だ。

「以前は『応用化学コース』と『応用生命化学コース』の2コース制だったのですが、化学とバイオを融合してモノづくりに応用するとしたらどんな分野があるかと模索してきました。その結論が医薬と食品で、コース再編を機会に現在の『医薬・食品化学コース』を設けました」

このコース新設により諸研究の方向も明確になったともいう。おそらく、日本の大学において工学部系大学の学部・学科で「医薬・食品」を標榜しているのはここだけであろう。

「創薬について学ぶのであれば薬学部だろうという意見もあるでしょう。しかし工学部には工学部の良さがあります。創薬研究の基盤として、工学の基本であるモノづくりは大きな武器です。わたしも工学院大学の他の先生方からいろいろな発想や貴重な知見を得ることができ、研究を進める上で大いに役立っています」

大学生の「理系離れ」がいわれるなか、工学院大学応用化学科は年を追うごとに受験者数を増やす。それには「医薬・食品化学コース」の存在が大きいとも語る南雲先生だ。

抗ガン剤・抗認知症薬のための新化合物合成

「スチューデントセンター」

そんな南雲先生の専門分野は「有機合成化学」「化学系薬学」である。

「有機化合物というのは、炭素原子(C)を含んでいる化合物(それ以外は無機化合物)のことをいいます。有機化合物は天然にも存在し、抗生物質や抗ガン剤など医用原料にも用いられます。しかし多くの場合、天然からはごく微量のものしか得られません。したがって、これを化学的に合成することは重要な課題です。このような研究を『有機合成化学』というのです」

この分野に携わる世界中の化学者たちは、「より新しい化合物」「より有効な化合物」の合成をめざして日夜研鑽を積み、しのぎを削っている。南雲先生もそのひとりであり、すでに先生も10個ほどの全合成(天然のものは一切使用しないで化学物質だけで合成すること)を成し遂げてきた実績がある。そのなかには世界初となる合成もあった。

「『TAN1251A』が、その世界初のもので、ある製薬メーカーの依頼で合成に挑んで成功したものです。これは脳神経細胞間にある伝達物質を特定の受容体が受容できないようにブロックする効果のある活性物質でした。残念ながら、開発の途中で毒性のあることがわかり、新薬開発にはつながりませんでしたが」

新薬の開発はこうした思わぬトラブルの繰り返しで、途方もない時間がかかるのだという。いま主に研究ターゲットとしているのは、天然有機化合物の合成、さらには抗ガン剤開発をめざした薬理活性のある化合物の合成だという。

「わたしの研究室でいま化学合成中のものは10件ほどあります。そのうちのひとつがゴールに近づいていて、最初の全合成を完成させられるか毎日そわそわしています。」

これも合成開発が成功すると世界的な成果になるらしい。さらに今後に向けての新化合物開発への意気込みについてはこう語る。

「今後やってみたいものとして、まずは抗認知症薬開発のための化合物の合成です。また、我々の研究室で考案した「多環性骨格の立体選択的合成法」を実際的に駆使した新たな合成などもぜひ試みていきたいですね」

学生に求める化学実験研究の「基本のキ」

南雲研究室生たちとともに
南雲研究室生たちとともに

工学院大学応用化学科の学部生が各教員の研究室に配属になるのは4年次春からである。配属人数は各研究室均等割りとなり、各研究室15人前後の人数になる。

「うちの研究室は『厳しい研究室』という評判が学生たちに広がっているらしく、志望者がそう多くはないんですよ(笑い)。有機合成化学の研究室はどこでもそうですが、どうしても手作業が多く、実験内容がハードになりがちです。そのため朝早くから夜遅くまで拘束時間も長くなりますしね」

そう言いながらも南雲先生に嘆いている雰囲気はない。逆に、南雲研究室を第1志望とする学生は、入室後は相当ハードな研究でも生き生きと行なってくれるということだ。
配属になった学部生たちは、南雲先生から研究テーマを与えられ、それぞれの卒業研究に向かう。南雲研究室で特筆すべきことに、毎週1回必ず実施される「週例テスト」がある。このテストの設問は先生が毎回手づくりしているという。

「有機化学の基礎について徹底的に理解し覚えてもらうのが狙いです。日ごろ教員が研究テーマについていくら熱っぽく語っても、彼らが本質的なところで理解していないとそのテーマに愛着がわきません。週例テストの効果なのか、最近では実験に前向きな卒論生が増えてきたと思いますね」

あらためて学生たちへの指導方針については次のように語る。

「まず生活面において、一定の生活リズムを保ち、心身ともに健康な状態で実験に臨むこと。そうしないと、目の前にある宝の原石を見逃してしまいます。化学研究においては、まず正確な操作や観察・報告ができるようになることですね。プライベートで、徹夜で遊んだりするなど厳禁です(笑い)」

こんな生徒に来てほしい

大学はあくまで勉強する場ですので、勉強に対する意欲のある人に来てほしいですね。といってもレベルの高い勉強を先取りしてまで学ぶ必要はありません。いまの段階は、高校で学ぶ基礎的なことを深く理解することが大切です。まずは基本的事項を繰り返し覚えるようにするのが良いと思います。

公開日:

※掲載されている教授の所属・役職などは取材当時のものであり、現時点の情報とは異なっている場合があります。