早稲田塾

2018年度 夏期特別招待講習

4講座無料招待お申し込み受付中!! ※高3生は、1講座無料招待となります。

学年を選択すると、詳細をご覧いただけます。

\2020年度入試制度改革!/

1

\AO・推薦+一般入試で合格率アップ!/

2

\夏から始めるAO推薦入試対策!/

3
夏期特別招待講習とは
早稲田塾は、1979年に開塾した現役生専門塾。
特に、AO入試・推薦入試の分野で、日本一の実績を誇っています。
圧倒的実績を生み出している多彩なカリキュラムを、実際に体験し、
確かめてもらうのが「夏期特別招待講習」です。

Q&A

A1

受験生の魅力を多面的に評価する入試です。

AO・推薦入試は「大学が出会いたい人」と出会うため、大学・学部が求める人材像(アドミッション・ポリシー)に一致する受験生を選抜する入試方式です。
そのため、大学・学部によって選抜方式は違いますが、「書類選考」「面接試験・プレゼンテーション・ディスカッションなど」「小論文」「学力試験」のうちの複数を組み合わせて、一般入試では測ることができない多様な受験生の魅力を評価します。

A2

大学・学部が求める人材像(アドミッション・ポリシー)を取るのに適した問題が出題されます。

例えば中央大学法学部の自己推薦入試は、「自己推薦書」「志望理由書」で1次選考、2次選考が「講義理解力試験」「グループディスカッション」
志望理由書には「近年の社会的問題の中で関心をもった問題を1つ取り上げる」という指定があります。またグループディスカッションでは2017年度には「忘れられる権利の是非について」という設問が出ました。
中央大学法学部が求める資質・姿勢
である
(1) 自分自身を含めた身近な問題に対する真剣な関心
(2) 物事を厳密に考え、批判的に捉える思考
(3) 健全で強い倫理観・責任感
を測るに相応しい、中央大学法学部ならではの設問です。このように、志望校について情報を得ることが重要になります。

A3

自分を見つめ直すことが何より必要です

AO推薦入試で最も重視されるのは、「あなたが何をやりたいのか」「あなたにどんな魅力があるのか」。
それを表現するために、自分が今まで何に興味をもってきたか等の「自分史」を深掘りし、その上で他者と関わり自分を発見することが重要。自分ではあたりまえだと思っている事でも実はその人にしかない魅力だという事がわかります。自分の興味関心や魅力がわかったら、それに関して知識や経験を深めることで受験にも通用するあなたの武器になります。
同時に必要なのは、あなたの魅力を表現するための文章表現力を鍛えること。また、英語4技能を鍛えて「語学資格」にチャレンジすることも、国際性をアピールするために有効です。

A4

「全社会の先導者」に相応しい資質を見られる選考です

法学部、文学部、SFC(環境情報学部、総合政策学部)などでAO・推薦入試が行われています。
法学部では活動実績が出願資格になるA方式と、主要各教科と全体の評定平均値それぞれ4.0以上が条件になるB方式があります。書類選考と、2次試験はA方式が講義理解力テストとグループディスカッション。B方式は小論文と個人面接です。
文学部は課題に基づいた小論文により選考が行われます。
SFCは各方式共に、出願書類(志望理由・学習計画・自己アピール・活動報告書・任意提出資料)と面接(30分間)。
他にも理工学部看護医療学部でAO入試を行っています。
いずれも慶應義塾が輩出を目指す「全社会の先導者」に必要な素質である、行動力やリーダーシップ、目的意識や論理的思考力が問われます。

A5

可能です。AO・推薦入試と一般入試で求められている力は本質的には同じ。すべてのチャンスを使い切ることが第一志望現役合格の鍵です。

AO・推薦入試で求められる力は、「基礎学力」「英語語学資格」「記述・表現力」「志(目的意識)」
一般入試でも基礎学力はもちろん、英語語学資格を使った入試や、記述・表現力を問う入試が増えています。
例えば、青山学院大学の総合文化政策学部や地球社会共生学部の一般入試(B方式)では、「英語語学資格+小論文」で合否が決まります。
また、志望理由書を作成したり活動を深める中で育まれる志は、受験に向かう大きなモチベーションにつながります。何が何でも大学に行きたいという気持ちが、最後まで努力し続ける底力を生むのです。

A6

大学入試は、知識偏重型から人物重視型へ。

難関私立大学では、定員管理の厳守化により一般入試の合格者数がここ数年削減されています。早慶上智の一般入試での合格者は、2015年度から2017年度までに3500名減少しています。
一方で、早慶上智のAO・推薦入試での合格者は同期間で864名増加。また、すべての国立大が加盟する国立大学協会は、AO・推薦入試による入学者を2021年度までに定員の30%に拡大する目標を立て、2015年から2017年の2年間でAO・推薦入試の定員は1145名増加しました。
一次の書類審査から、面接やグループディスカッションなどを課す二次試験まで、各大学が、一般入試の何倍もの労力をかけてAO・推薦入試を行うのは、「本当に出会いたい人財」を求めているからです。旧来の知識偏重型の教育から脱却すべく、今、各大学がAO・推薦入試での合格枠を増やしています

A7

早稲田塾の担任スタッフは、進路発見指導のプロフェッショナル。“種”のありかを丁寧に見つけ、大きく開花させます。

進路発見のプロフェッショナルである担任スタッフが、生徒一人ひとりと対話を重ね、最適な進路や研究テーマ、出願大学・学部のマッチングや出願戦略の提案まで、共に考えます
例えば、「絵を描くのが得意だ」という生徒がいました。本人は、特技が受験と結びつくとは思っていなかったのですが、そこを掘り下げていったところ、建築の道が見つかりました。結果的に、早稲田大学創造理工学部建築学科に現役合格
気付いていないだけで、志望理由の種はそれぞれにあるもの。自分のことや社会について深く知る中で、将来の目標を発見することから早稲田塾の指導は始まります。

高校生のキミへ

point

早稲田塾なら"すべてのチャンス"を活用できる!
第一志望に合格して自分の可能性を広げよう

早稲田塾は、AO・推薦入試と一般入試の”すべてのチャンス”を活用し、大学入学がゴールではなく将来へのスタートになる大学受験を提案します。「部活の経験から得た価値は何か?」「自分の強みは何か?」「将来何がしたいのか?」「何のために大学に行くのか?」といった進路発見指導を早稲田塾の人的ネットワークを活用して行います。
  早稲田塾のカリキュラムはオーダーメイド制。「AO・推薦入試特別指導」「英語特訓道場」「東進講座」「論文講座」といった講座を活用し、全てのチャンスを使って現役合格できる人財  になりましょう。まずは、自分の可能性を広げる第一歩を踏み出してみませんか?

すべてのチャンスを活用

合格実績

合格実績

合格者の声

AO
指導

「AO・推薦入試特別指導」で
「絶対にAOで受かる!」という自信をつけられた。

早稲田大学
創造理工学部

趙赫洙くん
都立墨田川高校 出身

「AO・推薦入試特別指導」小論文の授業で、志望理由を深めていきました。僕は韓国人ですが、他にも日本には中国とかイスラム系とか西洋系とかたくさんの外国人がいる。同じ外国人でも、それぞれの国家や文化によって意識の違いが生まれます。そうした違いを融合できるような建築をつくりたい。以前から抱いていた文化の違いや差別に対する思いを、講師がどんどん引き出してくださり、建築と結びついていきました。この授業を受けるまで、本当に僕は社会問題について全然考えてこなかった。
ここで感じたことは、一生忘れないと思います。「AO指導」を通して「絶対にAOで受かる!」という自信をつけていくことができました

英語
特訓
道場

英語の長文を速く、
全体を正確に読み取る力が鍛えられた。

慶應義塾大学
総合政策学部

永田右京くん
聖光学院高校 出身

 学校の勉強についていけず、きちんと勉強する習慣を身につけないとまずいレベルでした。入学当初は「英語特訓道場」などを受講しました。「英語特訓道場」はきつかったけど、受講しているうちにメキメキと成績がアップ!センター試験同日体験受験の英語の点数が高1では200点満点中134点だったのに、高2ではなんと180点を獲得したんです。おそらく英語の長文を速く、全体を正確に読み取る力が鍛えられたのだと思いますが、これには自分でもびっくりしました。

東進
講座

得意な科目は揺るぎない実力に。
科目ごとに勉強方法をうまく変えられた。

首都大学東京
システムデザイン学部

坂井響くん
神奈川県立横浜清陵高校 出身

 入学当初は他の国公立大学も視野に入れていたため、「東進講座」で必要な学力を身につけることに専念しました。得意な英語・化学はさらに磨きをかけることで揺るぎない実力をつけるために。
科目によって勉強方法をうまくコントロールできたのが功を奏したのか、英語はますます成績が伸びてセンター模試では8割取れるように。さらに化学は高校で、定期テストを含む年間の総合成績でなんと1位を獲得!
英語や化学はもともと好きだったけど、ここまで成績が伸びたのは間違いなく「東進講座」のおかげだと思いますね。

受講までの流れ

Web・お電話にて
お申し込み

「受講前説明会」に参加

受講科目、日程
を相談

実施要項

受講資格

高1生~高3生 <完全定員制・先着順>

講座内容

  1. 1. AO・推薦入試特別指導 
  2. 2. 英語特訓道場 
  3. 3. <東進講座>
  4. 部活生特別招待講習・夏期特別招待講習

申し込み期間

高1生~高2生
2018年6月1日(金)~7月31日(火)
<4講座無料>7/12(木)申込締切
<3講座無料>7/20(金)申込締切
<2講座無料>7/31(火)申込締切
高3生
~2018年7月20日(金)

受講期間

高1生~高2生
2018年6月2日(土)~8月31日(金)
高3生
~2018年7月31日(火)

 

受講料

無料招待
 

※特別招待講習の申込みには、招待状が必要です。お持ちでない方は招待状請求へお進みください。

学年を選択すると、詳細をご覧いただけます。

\2020年度入試制度改革!/

1

\AO・推薦+一般入試で合格率アップ!/

2

\夏から始めるAO推薦入試対策!/

3
Topに戻る