早稲田塾

現役合格物語 現役合格したあの先輩達は、どんな高校生活を送っていたのだろう。後輩達に贈るメッセージ。

オーストラリアで掴んだ目標  自己表現型授業の塾を作る!

第37期生 森千晶 (もり ちあき)

通塾情報

出身校 自由が丘校
出身高校 文教大学付属高校
タイプ 学力・成績向上が目的
夢・目標 自己表現・体験型授業の塾をつくる

進学情報

受験方式 AO・推薦入試
大学 法政大学
学部 キャリアデザイン学部

──[早稲田塾入学の〈きっかけ〉]ハイレベルな英語が学べる「EEC」で留学に備えたい

高2の4月に入学。 7月から5か月間オーストラリアに留学する予定だった のですが、当時は英語が苦手だったので英語を勉強するための塾を探していたところ、早稲田塾を見つけました。早稲田塾を選んだ決め手は、スピーキングや実践的な英語が学べる授業があったから。スピーキングの練習ができたおかげで、留学前にはある程度英語を話せるようになっていました。帰国後しばらくは友達と遊ぶ日々が続きましたが(笑)、 早稲田塾で仲の良かった子が、自分の夢を実現するために高2の夏から頑張っている姿を見て「自分も頑張らなきゃ」と勉強を再開。その子の存在はとても刺激になりましたね。

──[私の〈ハイスクールライフ〉]留学を経験して、さらに教育に関心を持った

留学しようと思ったのは、日本の教育に違和感を持ち、海外の教育を体験したいと思ったから。中学、高校を経て、「もっと良い教育のカタチがあるんじゃないか」と考えるようになったんです。海外教育からそのヒントを得たくて、高校の留学制度を使ってオーストラリアへ。最初は英語が全然聞き取れなかったけれど、毎日テレビを観てリスニングの練習をし、知らない単語があればすぐ調べてその日のうちに暗記するなど努力の日々。その甲斐もあって、英語はかなり上達しました。また、日本では先生の話を受動的に聞いて問題を解くのが一般的な授業ですが、オーストラリアはプレゼンテーションやレポートを作成して自己表現をしてく授業が多かった。のびのびと授業を楽しむことができて、個人的にはオーストラリアの教育が自分に合っているなと感じました。この留学の経験を通して、将来教育に関わることがしたいと夢を持つことができました。

── [タメになった〈授業・カリキュラム〉]「AO講座」で夢をとことん具体化

最初は「海外の教育を日本に伝え広める記者になろう」と考えていましたが、高2の2月から受け始めた「AO・推薦入試特別講座」で、講師に自分のやりたいことを話すうちに「理想の教育が実現できる場を、自分で作ればいいんじゃないか」と思うように。じゃあ、どうすればそのような“場”を作ることができるのか。自分なりに考えたアイディアを講師に話すと、「こういう方法もあると思うよ」と豊富な知識でアドバイスをくださる。こうして、どんどん自分の視野が広がっていきました。最終的には「塾をつくる」という目標ができて、塾の教育方針から運営システムまで、具体的な内容を志望理由書に落とし込むことができました。 英語以外の科目で伸び悩んだり、 文章を書くのが苦手で志望理由書も自分が納得できるものを書き切れなかったりして落ち込みましたが 、なんとか試験を突破できたので本当に良かったです。

──[大学・学部を選んだ〈理由〉]自分の夢にリンクしたカリキュラムに魅力を感じた

オーストラリアから帰国した後、講師に留学経験から考えたことや自分のやりたいことを伝えたら「君には法政大学が合っていると思う」と教えてくれました。法政大学は教育に力を入れている大学で、中でもキャリアデザイン学部は自分に合っていると感じた。また、この学部では、大学生が高校生にキャリア支援の授業を行なう「キャリア体験実習」があるなど、自分のやりたいことに直結したカリキュラムに魅力を感じました。

──[将来の〈夢〉]退職した教授を講師に、自己表現・体験型授業のできる塾をつくる

生徒が自分で考えて、主体的に行動することを身につけられる塾を作りたい。オーストラリアの授業では自己表現をする機会が多かったので、留学を通して思考力や適応力を身につけることができました。日本の中学・高校は自らを表現する機会が少ないけれど、学校の授業を変えるのは難しい。だから、民営の塾で自己表現や体験型の授業を実施したいと考えています。たとえば大学を退職したけれど指導を続けたいと考えている方を講師に迎えるなど、「教えたい講師」と「学びたい生徒」両方のニーズが満たされるような、そんな塾にしたいです。

私の「文教大学付属高校自慢」

柔和な生徒が多く、先生は生徒を一番に応援してくれる素敵な方々ばかり。高3で担任していただいた先生は、本当に熱心な人でした。

私の「法政大学 キャリアデザイン学部 現役合格アイテム」

AOの資料

AOの資料

何度も書き直した志望理由書や、自分で調べた資料のコピーなど、AO入試の準備で使ったあらゆる資料がつまったファイルです。最初と最後のほうに書いた志望理由書を比べると、本当に別人が書いたみたいで(笑)、自分の成長を感じることができました。

フォトギャラリー

  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4

森千晶さん
オススメのカリキュラム

AO・推薦入試で現役合格を目指すなら

圧倒的実績の「AO・推薦入試特別講座」

→詳細はこちら

森千晶さん 卒業の自由が丘校

自由が丘校

「AO・推薦合格指導館」を併設する、早稲田塾の中でも最大の規模を誇る校舎。高校の先輩や保護者からのご紹介の多い、期の伝承校。
地元で人気の慶應義塾と東工大を目指すカリキュラムに加え、国公立大対策もさらに強化。

自由が丘校の詳細を見る

自由が丘校レポート

夏期特別招待講習