早稲田塾

現役合格物語 現役合格したあの先輩達は、どんな高校生活を送っていたのだろう。後輩達に贈るメッセージ。

早稲田塾で積極性を身につけ第一志望現役合格!

第40期生 伊部香名 (いべかな)

通塾情報

出身校 町田校
出身高校 聖心女子学院高等科
部活 ダンス
タイプ 部活動、生徒会など学校行事と両立
夢・目標 映像をつくりたい

進学情報

受験方式 公募制推薦
大学 上智大学
学部 文学部

──[入学の<きっかけ>]上智大学のカトリック推薦を目指して

高2の1月に母がポストに入った早稲田塾のDMを見て、勧めてくれたことがきっかけです。その後見学に行き、すぐ入学を決めました。もともとカトリックの高校に通っていたこともあり、カトリック推薦(カトリック高等学校対象特別入試)で上智大学に入ろうというのを高1の後期くらいから考えていました。カトリック推薦には面接があるので、AO対策に強い早稲田塾に入ることで面接対策ができたと思います。
学校の授業では積極的に手を挙げて発言するタイプではなく、早稲田塾でも最初は席の後ろの方に座って「当てられませんように」と思っていました。でも、だんだん友達ができて恥ずかしがらずに発言できるような環境になり、積極的に授業に参加することにも慣れていきました。

──[タメになった<授業・カリキュラム>]限られた時間で考える力が身についた

タメになったのは「大学への小論文」という授業です。この授業では、最初にグループ発表の時間があります。そこでは、今自分が関心を持っているニュースや最近読んだ本などについて指定された時間でいかに上手に発表できるかという訓練をやっていたので、人前で話す能力が鍛えられたと思います。他の人が発表している内容を聞いて、それまで知らなかった本やニュースについても興味が持てるので、情報交換の場としても役立っていたと思います。
また「英検準一級の対策」の授業では、日本語で考えて英語に変換する感覚を養いました。この授業では、日本語で考えた内容を瞬時に頭の中で整理する必要があるので、英語能力を伸ばすだけではなく、考えをすばやくまとめる訓練にもなったと思います。

──[早稲田塾での<生活>]同じ状況の友達がいたから不安も減った

学校で推薦の校内選考が行われるまでは不安な期間もありました。部活や勉強などを含めて総合的に選ばれるので、誰が選ばれるのか検討がつかず、緊張していました。無事発表されたあとは入試の対策をするだけだったのですが、塾での模擬面接ではうまく話せず落ち込むことが多かったです。
圧迫面接を想定した練習もありましたが、一度うまく答えられないとその後の質問でも切り替えられなくなってしまい、そこを乗り越えるのに苦労しました。でも、その対策を繰り返すうちにコミュニケーション能力が上がったと思います。模擬面接の様子を録音して、それを聞きながら改善したり、カトリック推薦のみんなでアドバイスしあったりしました。

──[私の<ハイスクールライフ>]ダンス部の部長として部をまとめつつも楽しんだ

わたしの学校は中高一貫校なのですが、部活は中1から高3までダンス部でした。部長を務めるようになってからは、100人以上いる部員の声を聞いて先生に届けるのが大変でした。また、カトリック推薦の合格発表日の翌日が文化祭で、文化祭で発表するダンスの練習と入試の対策が重なっていてすごく慌ただしい状況でした。でも部活の間は勉強の不安も消えて楽しめるし、いい気分転換になっていたと思います。文化祭当日は、大学にも合格してホッとしていたしダンスも心から楽しめたので、最高の思い出になりました。

──[将来の<夢>]ダンスをきっかけに映像の世界に入りたい

大学でもダンスを続けたいと思っていますが、パフォーマンスをするだけではなく見るのも大好きなので、将来は放送・映像系の仕事に就きたいなと思っています。音楽やスポーツなどのエンターテインメントな番組も作りたいですし、他にもニュース番組を誰にとっても公平なものにしていくという点にも関心があります。上智大学の新聞学科は放送系の就職にも強い印象なので、新しい環境でも勉強を頑張っていきたいです。
また、今までは中高一貫の女子校で同じ友達と過ごしてきたので、今までとは違う雰囲気に早く慣れて、楽しみたいとも思っています。上智大学は留学生も多いですし、色々な国籍の方と関わって英語でコミュニケーションもとっていきたいです。

私の「聖心女子学院高等科自慢」

聖心女子学院では「世界の人々をかけがえのない人と認めて、世界に貢献する女性になりなさい」と教えられていて、とてもグローバルな高校です。海外にある姉妹校との交流があったり、他国のシスター方がいらっしゃったりと、英語でコミュニケーションをとれる機会も多いです。

私の「上智大学 文学部 現役合格アイテム」

試験で使ったペンとスケジュール帳

試験で使ったペンとスケジュール帳

早稲田塾に入学した当初から使っているペンで、入試で1000文字の作文を書くときにも使用しました。スケジュール帳は、遊びの予定、部活の予定、入試の予定が書き込まれたスケジュール帳です。辛い時は、ダンスや遊びの予定などを見てモチベーションを保つようにしていました。

フォトギャラリー

  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4

伊部香名さん
オススメのカリキュラム

ディスカッション主体の授業で「聞く・読む・話す・書く」力を総合的に鍛える」

「論文系講座」

→詳細はこちら

伊部香名さん 卒業の町田校

町田校

早稲田塾誕生の地。原点校だからこその充実した講座群が自慢。
国公立・早稲田への現役合格実績は、AO・推薦、一般入試も伝統力を発揮して圧倒的強み。

町田校の詳細を見る

町田校レポート

冬期特別招待講習