早稲田塾

現役合格物語 現役合格したあの先輩達は、どんな高校生活を送っていたのだろう。後輩達に贈るメッセージ。

上智・新聞学科で学び、映画のプロフェッショナルに

第35期生 渡辺果恵 (わたなべかえ)

通塾情報

出身校 町田校
出身高校 東海大学付属相模高校
タイプ 学力・成績向上が目的
夢・目標 映画のエンドロールに名前を載せること

進学情報

受験方式 公募制推薦
大学 上智大学
学部 文学部

──[入塾の〈きっかけ〉] 合格実績の高さとAO対策の評判に惹かれて

塾通いを検討しはじめたのは、高2の1学期。大学付属高校に通っていたので、そのまま進学する人が多かったけれど、私は外部の大学に進もうと考えていました。母と相談してインターネットなどで調べてみたところ、「合格実績が高く特にAOでは評判が良い」早稲田塾を知った。実はその頃、ちょうどタイミング良く早稲田塾のダイレクトメールが届いていた。まるでタイミングを狙っていたみたい(笑)。友達に相談したところ「私も早稲田塾に通っているよ」と言われ、さらに情報を集めて、夏休みから塾生活をスタートさせました。

──[早稲田塾での〈生活〉] ダンスとの両立でハードな日々

部活はやっていませんでしたが、ずっとダンスを続けていました。3歳からジャズとバレエ、高校のときはハウスダンスなどにも挑戦。
最初の頃はそれほどでもなかったけれど、高3になり受験勉強が本格化してからは、授業の数も増えてきた。学校の授業が終わってから塾に行き、夜の9時半からダンススタジオへ。ダンスは荷物も多くて、それを一日中持ち歩くから、家に帰ったときには疲れ切って、倒れ込むように眠る毎日。それでもなんとか続けていましたが、高3の夏からは、ダンスは一時お休み。受験勉強に一気に集中していきました。

──[大学・学部を選んだ〈理由〉] 「ここだ!」と思ったら不思議と涙が……

上智大学をすすめてくれたのは姉。「校舎やキャンパスがすごくキレイだよ」と言われ、高2のときにオープンキャンパスに参加。そのときはまだ受験生の実感がなかったので、「そうかな?」程度にしか思っていなかったのですが(笑)、高3の夏にもう一度オープンキャンパスに参加したら、まったく見え方が変わった。ダンスサークルが充実していて、私のやっていたハウスダンスに取り組んでいるところもある。「ここが私の求めている大学だ!」と感じ、なぜか涙が……。実は上智以外も併願で受験しようと思っていたのですが、それをきっぱりやめて、上智一本で受験することを決めました。

──[私を支えてくれた〈スタッフ〉] TOEICスコアが200点アップ!

インターンの先輩には、すごく助けてもらいました。ニガテの英語を克服しようとTOEICをずっと受け続けていたのですが、高3の最初で360点くらいしか取れず、「このままではヤバい!」と。これでは、上智なんて夢のまた夢。どうしてこんなにやっているのに、結果が出ないんだろう。そんなことばかり考え、袋小路に迷い込んでいるようでした。そこで年が近いインターンに相談してみたところ、長文だけをまとめたテキストをすすめてくれた。一週間、集中して取り組んだ結果、一気に555点にアップ! 調子を取り戻すことができました。

──[将来の〈夢〉] 映画のエンドロールに名前を載せたい

映画を作りたい。以前映画の撮影にエキストラで参加したことがあり、その様子に圧倒された。多くの専門的な技術を持った人が集まって、一つの作品を作り上げていく光景に、「すごいな」と。受験を前にして将来の目標を考えたとき、そのことが頭に浮かびました。「あの輪の中に入って仕事がしたい」。当時は単なる通りすがりとして参加しただけでしたが、次は自分の意思で、きちんと明確な役割を担ったスタッフとして、参加したい。
上智大学の文学部新聞学科は、文章がメインですが、映像を学ぶ授業もある。知識を身につけ、いつかは自分も映画のスタッフとして、エンドロールに名前を載せるのが夢です。

私の「東海大学付属相模高校自慢」

生徒数が多いマンモス学校で、一学年600人もいる。その分、多くの出会いがあります。もちろん自分から動く積極性も必要ですが、いろいろな人と接して好きなことを見つけるチャンスが多い学校です。大学受験する人は団結して頑張る。そこで仲間の大切さを知ることができました。

私の「上智大学 文学部 現役合格アイテム」

単語帳、お守り、色紙

単語帳、お守り、色紙

わからない英単語をまとめていた単語帳は、それだけだと殺風景だからと友達がイラストを描いてくれました。持っているだけでハッピーになれるアイテムです。お守りは塾でもらったもの。TOEICのテストを受けるときも、受験本番でも、常に身につけていました。誕生日に塾の友達からもらった色紙を見ると、「私には仲間がいる、一緒に頑張れる」と実感。つらいときの支えになりました。

フォトギャラリー

  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4

渡辺果恵さんの
ミレニアム・ゴール・ポイント

学習時間をポイント換算し、対応金額をマラリア撲滅のために、ミレニアム・プロミスに寄付します。

ミレニアム・プロミス

7583mgp

カプセル1896相当

"ミレニアム・ゴール・ポイント"システムとは?

渡辺果恵さん 卒業の町田校

町田校

早稲田塾誕生の地。原点校だからこその充実した講座群が自慢。
国公立・早稲田への現役合格実績は、AO・推薦、一般入試も伝統力を発揮して圧倒的強み。

町田校の詳細を見る

町田校レポート

無料体験ル0120-173-573 資料請求 個別相談