早稲田塾
ワセダネ

池袋校レポート

「私は夏、これで成功した!~松岡俊大郎編~

  • mixiチェック
公開日:

皆さん、こんにちは!

池袋校担任助手の村尾真奈(千葉大学教育学部小学校教員養成課程教育学選修3年、都立新宿高校卒)です。

「私は夏、これで成功した!~松岡俊大郎編~」第2弾の今回は松岡俊大郎(早稲田大学教育学部教育学科1年、私立淑徳巣鴨高校卒)さんを紹介します。松岡さんは自己推薦入試で合格した先輩です。

 

〇夏はどんな勉強をしていましたか。

早稲田塾でAOの授業がある日はAOの勉強、それ以外の日はセンター演習を主にやっていました。部活動をギリギリまでやっていたこともあって入塾も6月と遅くなり、とても焦っていましたが焦っても物事が早く終わるわけでもないので一つひとつ基礎から固めていきました

 

〇毎日のルーティンはなんでしたか?

就寝時間が23時半、起きる時間を日曜日以外は5時半と決めたこと、そして起きたらまず一年分のセンターの過去問を解くと決めてやっていました。勉強をしていると睡眠時間を削ってしまいがちだと思いますが、睡眠時間が短いと段々と要領が悪くなってしまいます。しっかりと睡眠時間を確保したうえでできることをしっかりとする。それが合格するための絶対量の確保につながると思います。

 

〇活用したカリキュラムはなんですか?

AO・推薦入試特別講座大学への小論文です。この講座にはプロの講師の方が来てくださり、教育だけに関わらず、様々な分野の色々な考え方を教えてくださります。AOはいろいろなことに興味をもっておくことも必要だと思うのでその意味でとても勉強になりました。また実際にAO入試を体験している担任助手も授業に入るため、気軽にいろいろなことを質問できてとても有意義な時間でした。

 

〇塾生に一言お願いします

部活を最後まで頑張った人へ、一歩先に進むライバルを追い抜く最後のチャンスが夏です。最後まで頑張れるだけの力があるのだから、絶対受験も乗り越えられるはず。周りにどんなことを言われても焦らず突き進んでください。言ってしまえば、この時期に他人のこと気にしてる人で第一志望に合格した人は私の周りにはいませんでした。周りと協力することは大切ですが、受験期には邪魔をする人が必ず出てきます。そんな人に流されないようにすることも第一志望に合格する上でとても大切です。一つ一つ確実に一緒に頑張ろう!!

松岡さんの熱いメッセージが心に響きますね!同じ教育学部の担任助手として、とても誇らしいです。皆さん、この夏はたくさん塾を活用しましょう!

カテゴリ:
投稿者:
村尾真奈
夏期特別招待講習