早稲田塾
ワセダネ

自由が丘校レポート

自由が丘・高3生応援企画 「あの頃わたしは……」⑪

  • mixiチェック
公開日:


いよいよ早慶の入試が始まっています!

高3生のみなさんは緊張の中、連日入試会場に向かっていると思います。

今日は自由が丘校の元気印からエールを送ります!

こんにちは。

原江里奈(広尾学園高校出身)です。

今の時期は明青立法中の佳境である一方で続々と結果発表が行われている時期だと思います。
努力が結果に結びつき喜びを感じている人、安心してこれからの入試に挑める人、悔しい思いをしている人など様々いると思います。


私は悔しい思いをしている人でした。
連日続く入試、周りの出来を耳に挟み不安になり、さらに合格発表ではいい結果を得られず悔しさと不安でとてもいいコンディションではありませんでした。

そんな時支えてくれたのは両親はもちろん、スタッフの方々や共に頑張ってきた友達でした。不合格をもらってしまっても、たとえ頑張る量が合格した人より足りなかったとしても、今まで頑張ってきたことは無駄ではなかったんだなと思うことができ、沈んだ気持ちで塾へ行っても、不思議と帰る時には「頑張れそうだな」「頑張らないと!」と前向きな気持ちになっていたのを思い出します。

皆さんも何かあった時、塾に足を運んでみませんか?

  
皆さんの毎日朝早くから遅くまで塾にきて必死に勉強する姿や単語帳を持ち歩き、暇さえあれば勉強する姿など夢のため頑張っているのを私をはじめ、スタッフの方や担任助手は見てきました。

皆さんが頑張ってきたことを知っています。

だからこそいい結果を夢を掴み取って欲しいと心の底から思っています。

私たちは入試を代わりに受けてあげることも、入試の時に答えを教えてあげることもできません。

でもできることもあります。

それは皆さんが落ち込んだ時は話を聞き、次の戦略をたて、合格をした時は共に喜ぶことです。

皆さんのことを全力で応援する私たち担任助手やスタッフの方々はいつでも校舎にいます!待っています!!

 

☆★あの担任助手たちと一緒に塾に通っていた原さんの姿が見られるFace bookはコチラ★☆

☆★新年度特別招待講習はコチラ★☆

カテゴリ:
投稿者:
原江里奈
資料請求 一日体験授業 全国統一高校生テスト