早稲田塾
ワセダネ

新宿校レポート

新宿校担任助手より第39期生へ門出の言葉 〜担任助手渡辺より〜

  • mixiチェック
公開日:

こんにちは! 新宿校担任助手の渡辺大起(わたなべたいき・学習院高等科卒・慶應義塾大学総合政策学部1年)です。 

3月にもなり少しずつ暖かくなってはきましたが、みなさん3月といえばなにがありますか? 
そうです、いよいよ3月14日にここ新宿校にて「卒業生のつどい」が行われます!! 
そこで今日は、卒業を迎える第39期生のみなさんに私から門出の言葉を送らせて頂きます。

「死ぬこと以外はかすり傷」

 
この言葉は私の人生のモットーです。おそらく、みなさんはこの大学受験を通して非常に多くのことを経験してきたと思います。笑い転げるほど嬉しいことや楽しいこと、涙がおさまらないほど悔しいことや悲しいこと、様々あったと思います。もちろん、私自身も塾生時代いろんなことを経験しました。 
そこで私が感じたのは、そんな経験も全てひっくるめて、自分の人生だということです。

どれだけ悔しく悲しく嫌なことがあったとしても、所詮人間は死にません。生きています。ならば、小さいことは気にせずドンと構えていきましょう。 

39期生のみなさんもいろいろな気持ちを持っている人がいると思います。わくわくしている人、歯がゆい気持ちの人、まだ受験を控えている人。そのすべてが自分の人生です。今後何か嫌なことがあったり、失敗してしまっても大丈夫です。死ぬことに比べればちっぽけだという気持ちで大きく構えてこの先の人生を歩んでいってほしいと思います。みなさんの今後のご活躍を期待しています。 

ご卒業おめでとうございます!

カテゴリ:
投稿者:
渡辺 大起(わたなべたいき)
夏期特別招待講習