「最先端科学プログラム」で自分発見。将来はバイオの力で医療に貢献する!

第41期生

清原 海音(きよはら かいね)

通塾情報

出身校 青葉台校
出身高校 東京女学館高校
部活 生物部
タイプ AO・推薦入試対策が目的
夢・目標 バイオの研究者

進学情報

受験方式 AO・推薦入試
大学 慶應義塾大学
学部 環境情報学部

――【早稲田塾入学の〈きっかけ〉】「将来の夢」を見つけたい

早稲田塾に入学する前の私は、周囲が進路発見をしていく中で、「自分には夢がない」と劣等感を抱いていました。そんなとき、早稲田塾について知り、「ここなら、 一般入試の勉強と並行しながら、自分の興味があることや将来の学びにつながるものを見つけることができる」と思い、入学を決めました。高校に上がる前の3月のことです。

――【刺激的だった〈未来発見プログラム〉】「最先端科学プログラム」に出会えたことに感謝

高1では、「英語特訓道場」と、生物が好きで生命科学に興味があったので未来発見プログラムの「最先端科学プログラム」を受講しました。「最先端科学プログラム」はその後高2、高3と3年間連続で受講しています。

「最先端科学プログラム」で研究テーマを決める際、がん治療に興味を持っていることを指導にあたってくれた大学生に話したところ、がんの匂いに寄る線虫についての論文が発表されたことを教えてくれました。「それは面白そう」と研究テーマに決め、線虫を体内に取り込むことでがん細胞まで直接薬剤を届けて治療ができるのではとの仮説を立て、研究を進めました。慶應義塾大学先端生命科学研究所主催による「高校生バイオサミット」では、「ユニークな説だ」と褒めていただき自信を持っていたのですが、筑波大学主催の「つくばScience Edge」に出場したところ、「無謀だ」と言われてしまい……。すっかり落ち込んで、もうプログラムを諦めようと思っていました。しかし校舎長に「ここで諦めちゃダメだ。研究を続けて、自分自身が成長しなくてはいけない」と諭され、テーマを立て直すことに。指導の先生や大学生が親身になって話を聞いてくれて、高2からは線虫を使った「がん診断」へとテーマを変更。その結果、高2のバイオサミットでは入賞でき、慶應義塾大学SFCのAO入試で一次試験が免除される「C方式」の受験資格を得ました。高3では、SFCの研究室を使って実験させていただくことができました。放課後は毎日、学校がない日は朝から晩まで約5ヶ月間通い続けて実験を重ね、再びバイオサミットで受賞が叶いました。

「最先端科学プログラム」は、本当に私を変えてくれたと思っています。論文の読み方や検索方法をイチから教えていただいたこと、丁寧にアドバイスや指導をしていただいたこと、研究計画を立て実験をすることで、私は大きく成長できました。「夢がない」と言っていた私が、ここまで熱中できるものに出会えたのは、「最先端科学プログラム」のおかげです。

――【印象に残った〈イベント〉】グループワークで視野が広がった

高2の夏には、「異文化交流プログラム」にも参加。グループワークで問題を見つけて解決策を見つけていくという内容だったので、全体のスケジュールの立て方や人の意見のまとめ方について学ぶことができました。校舎から「推奨プログラム」として紹介していただいたのが受講のキッカケだったのですが、研究ばかりやっていて周りが見えにくくなっている私に視野を広げてほしい、という意図があったのかな?と思っています。

また高2の冬には英語プレゼンテーション大会「TIME CUP」に出場しました。同じく出場した帰国子女の生徒や担任助手にアドバイスをいただき、本番は今までで一番上手にできました!賞は取れませんでしたが自信につながり、大きな糧になりました。

――【私を支えてくれた〈スタッフ〉】自分に甘い私を支えてくれた

高3の途中まで、SFCと医学部進学の両方を考えていたので、一般入試の勉強も必要でした。センター模試を受けて自分の弱点を分析してもらい、担任助手と一緒に必要な講座を検討し、勉強計画を立てました。

学校の評定も頑張っていたので、日々の予習復習が重要になってくるのですが、私は自分にとても甘くて。「毎日塾に来て勉強を頑張る」とみんなの前で宣言したにも関わらず、その後2週間、とくに理由もなく塾を休んでしまったのです。そうしたら、「できないことを、なぜやるといったのか。みんなの前で宣言したのなら、塾に来ることくらいはできるはずだ」と、校舎長にとても怒られて…。その通りだと思ったし、自分自身に怒りを感じて思わず泣いてました。その後、自習室にいてもつい携帯をいじってしまう私の姿を担任助手に見つかり、相談の結果、塾に着いたら受付に携帯を預けることに。そうしたら、ほかの生徒も同じように受付に預ける人が出始めたみたいです。自分に甘い私は、早稲田塾で周りの人に支えていただいたので、ここまで来ることができました。

――【将来の〈夢〉】バイオの力で医療に貢献する研究者になる!

将来は、研究者を目指しています。私の思いの根本は、「バイオの力で医療の役に立つ」こと。病気の早期発見や治療につながる研究ができたら、将来的には数多くの病気の人を救うことができる。そのためにSFCでは、自分のテーマをしっかりと持ち、研究を続けたいと思います。

私の「東京女学館高校自慢」

学校としての目標は「品性を高め社会に貢献する女性の育成」。品性やマナーについて学ぶ機会がたくさんありました。とは言ってもみんなおとなしい“お嬢様”ばかりではなく、元気で、いろいろな行事に一生懸命に打ち込む。委員会活動も活発で、生徒同士仲が良い。大好きな学校です。

私の「慶應義塾大学 環境情報学部 現役合格アイテム」

ファイル、お守り

今までのノートや論文、資料などをすべてまとめたファイルです。バイオへの思いや、SFCへの熱意が詰まっています。お守りは、私が七五三をしたり、何かと足を運んだ伊勢山皇大神宮のもの。いつも持ち歩いていました。

フォトギャラリー