カリキュラム

ハーバード流 リーダーシップ・ベーシックス

ハーバード流 リーダーシップ・ベーシックスとは

今、日本社会では世界に通用するリーダーが求められています。リーダーに必要な能力、リーダーシップとは、個々の持つ力を最大限に引き出す能力であり、明確なビジョンをもって進むべき道を示す能力です。そしてそれはリーダー以外の人にも必要とされる能力なのです。慶應義塾大学法学部 田村次朗教授による本プログラムでは、コーチング、論理思考、交渉学、対話学、説得学など、リーダーに不可欠な能力を養うための専門科目をオムニバス形式で学びます。

田村次朗

田村次朗(たむらじろう)

1959年生まれ。慶應義塾大学法学部法律学科卒。ハーバード・ロー・スクール修士課程修了。アメリカ上院議員事務所客員研究員、ジョージタウン大学ロー・スクール客員教授などを経て、現在、慶應義塾大学法学部教授。慶應義塾大学丸の内シティキャンパスにおいて交渉学講師を兼任、世界経済フォーラム(ダボス会議)「交渉と紛争解決委員会」委員、ハーバード大学国際交渉プログラム・インターナショナル・アカデミック・アドバイザー。専門は、独占禁止法、アメリカの反トラスト法、GATT/WTOを中心とした通商法、および交渉学。

未来発見プログラム一覧

校舎一覧

最高の学習環境を君に。