定期テストの英語・数学を何とかしたい新高2生・新高3生に朗報。
AO・推薦入試攻略のカギ 定期テスト対策も早稲田塾!

東進実力講師陣
定期テストの攻略は、高校の成績を出願条件とする大学も多いAO・推薦入試において、合格のチャンスを広げるカギになります。

AO・推薦入試No.1の早稲田塾では、大学受験に直結する定期テストで成功できるよう、大好評の「定期テスト対策特別招待講習」を実施します。

ぜひ、定期テストでクラストップを目指し、より充実した高校生活と未来への一歩を踏み出してください。

2019年度のAO・推薦入試現役合格実績をホームページで公表している塾・予備校の中で最大。(株式会社ジェーディーネット調べ)

定期テスト目指すはクラストップ!!

今からの定期テスト対策で
高校生活はこんなに変わる!

定期テストでの変化

今から定期テスト対策を進めれば、
志望校合格の可能性が広がる!

大学入試改革の一環として、高校での学習や課外活動が評価されるAO・推薦入試の割合が近年、増加しています。今から勉強にも全力で取り組み成績上位をキープすることで、一般入試に加えてAO・推薦入試に挑戦できるチャンスが得られます。つまり、難関大現役合格の可能性を大きく高めることになります。

可能性が広がる

成績アップ!定期テスト対策特別招待講習の特長

1

君の高校の期末テストに
ぴったりの講座を
119の中から選んで受講!

2

予備校界を代表する
講師陣の授業だから
とにかくわかりやすい!

3

毎回のコーチングで
やるべきことがわかり
やる気もぐんとアップ!

4

演習をたっぷりやるから
問題を見ただけで
解き方がわかるようになる!

実施要項

受講講座
数学・英文法119講座の中から、君の期末テスト範囲を学習する2講座を受講できます。
1講座は90分授業×5回です。(一部回数の異なる講座もあります)
加えて、圧倒的な演習量で数学の苦手を解消する高速マスター基礎力養成講座(数学計算演習)、英単語の苦手を短期間で克服する高速マスター基礎力養成講座(英単語1800)も受講できます。
申込期間
〜12月10日(火)まで
受講資格
意欲ある高1生高2生(早稲田塾生でない方)
受講期間
〜12月20日(金)まで
受講料
無料招待
※講習入会金・テキスト料等もすべて無料です。
通常1講座19,250円(税込)相当のところ、無料で体験できます。2講座を受講した場合、38,500円分相当無料となります。

成績アップの秘訣は、ココにあり!

クラストップも目指せる!?

定期テストで出題される数学や英語の問題は出題範囲が限定されており明確です。だからこそ、どんなに数学や英語が苦手でも、正しい対策をすることで必ず得点できます。得意な人はクラストップも十分狙えます

数学や英語で高得点を取るポイントとは?

では数学や英語で高得点を取る重要なポイントとはなんでしょう。例えば自転車は人から「乗り方」を教えてもらっただけで自在に乗りこなすことができるでしょうか。頭の中で乗り方を覚えるだけでなく、実際に自転車にまたがり何度も練習を繰り返すことで前に進むことができるようになります。数学や英語も同様に、まさしく概念を正しく理解する授業と、徹底した演習の2つのペダルを交互に漕いでいくことが大切です。

「定期テスト対策特別招待講習」

「定期テスト対策特別招待講習」では各単元を学ぶ講座に加え、教科書をすべてカバーする高速マスター基礎力養成講座の「数学計算演習」を誰でも受けられます。「苦手な因数分解を徹底的にやりたい」、「得意な2次関数から始めよう」などそれぞれの学習状況に合わせて、定期テストの範囲の単元をピンポイントで演習し、数学力を徹底的に高めていきます。

「数学計算演習」2次関数の例

項目名
2次関数 関数とグラフ
2次関数 2次関数のグラフ
2次関数 2次関数の最大・最小
2次関数 2次関数の決定
2次関数 2次方程式
2次関数 2次関数のグラフとx軸の位置関係
2次関数 2次不等式
また傍用問題集とは違い、問題数・時間を画面上で自ら設定、確認しながら演習ができるのでとても効率的です。基本問題が解ければ、定期テストでしっかり得点できるようになるでしょう。反対に、多くの人が正解する基本問題は絶対に落とせません。「基礎だからこそ」徹底的な演習が欠かせません。

短期間で成績アップの秘訣とは?

1.実力講師陣による授業

「定期テスト対策特別招待講習」の講座を担当するのは、君のやる気を高め、学力を大きく伸ばし、勉強に集中させる一流の実力講師陣です。生徒がつまずきやすい点やその攻略法を熟知しているため、これらがクリアされるように授業内で説明します。

定期テスト対策特別招待講習(数学) 担当講師陣

講師紹介はこちら

授業を最大限に活用するポイント

1.5倍速受講

授業を1.5倍の速度で受講することで、90分のうち30分を演習や復習に活用できます。また集中力も向上します。

確認テスト受験前の復習やわからないところを聞き直す時間に活用できる!

全119講座の中から、定期テスト範囲を学習する2講座を受講できます。

導入講座 高等学校対応数学(93講座)

単元ごとに教科書の完全理解を目指す講座で、基礎・標準・上級の3レベルがあります。基礎は基本的な計算から解説するため、数学への苦手意識が強い生徒におススメです。上級では、教科書の「発展」や「研究」についても言及するため、発展内容まで学びたい意欲的な生徒や定期テストで応用問題が多く出題される高校の生徒の受講を推奨します。

高等学校対応数学

高等学校対応
数学基礎演習(22講座)

単元ごとに演習を通じて理解を深める講座です。実践演習は、教科書レベルの内容から入試頻出問題の完全理解を目標とする講座で、演習によりレベルアップを目指す生徒におススメです。基礎演習は、基本事項は学習したものの自分で演習をすることに不安がある思考方法を丁寧に解説するため、授業を通じて自力で演習ができるようになります。

英文法完全マスター
情熱の5日間(4講座)

英文法に自信がない生徒が対象の講座です。先生たちの明快な解説と繰り返しの演習、音読練習で、長文読解の素地となる基礎力を固めることができます。

「定期テスト対策特別招待講習」受講例

①出題範囲から2つの単元を受講する場合(例)

1講座目 2講座目
高1 高等学校対応 数学Ⅰ 標準
2次関数
高等学校対応 数学A 標準
確率
高2 高等学校対応 数学Ⅱ 標準
図形と方程式
高等学校対応 数学Ⅱ 標準
三角関数

②出題範囲から1つの単元に絞って、
レベルアップを図る受講の場合(例)

1講座目 2講座目
高1 高等学校対応 数学Ⅰ 標準
2次関数
高等学校対応
数学I・A実践演習
2次関数
高2 高等学校対応 数学Ⅱ 基礎
図形と方程式
高等学校対応
数学Ⅱ基礎演習
図形と方程式

2.コーチングタイムの実施

「定期テスト対策特別招待講習」では、「コーチングタイム」を登校時と講座受講後の2回実施します。

登校時はオリエンテーション時に立てた学習計画をもとに、今日の学習内容や目標などを確認します。講座受講後は達成度や確認テストの結果などの今日の学習成果を確認します。

単なる学習アドバイスではなく、日々の努力が継続するように、モチベーションを高めてもらうことが目的です。わからないことや困ったこと、成績や大学受験のことでもわからないことがあれば、担任・担任助手に気軽に相談してください。

「定期テスト対策特別招待講習」スケジュール例

18:30~20:00 20:15~21:45
受講(第1講) 数学計算演習
受講(第2講) 数学計算演習
受講(第3講) 数学計算演習
受講(第4講) 数学計算演習
受講(第5講) 数学計算演習
傍用問題集 演習会

1週間で平均以下からクラス上位に!1学期の定期テストでは成績アップ者が続出しました。

3.数学計算演習

パソコンを活用して問題を解くために必要な基礎計算力を効率よく身につけるトレーニングができます。

①学習項目を選択

今回の定期テストの範囲をピンポイントにトレーニングします。

②トレーニング

問題数、制限時間を指定して計算演習。
十分に身についたら『確認テスト』に挑戦しましょう。

③確認テスト

確認テストは10問中9問以上正解で合格となります。
確認テストに2回連続合格すると、
その学習項目が『修得』となります。

「数学計算演習」とは?

傍用問題集とは違い、問題数・時間を画面上で自ら設定、確認しながら演習ができるのでとても効率的です。基本問題が解ければ、定期テストでしっかり得点できるようになるでしょう。反対に、多くの人が正解する基本問題は絶対に落とせません。「基礎だからこそ」徹底的な演習が欠かせません。

項目名
2次関数 関数とグラフ
2次関数 2次関数のグラフ
2次関数 2次関数の最大・最小
2次関数 2次関数の決定
2次関数 2次方程式
2次関数 2次関数のグラフとx軸の位置関係
2次関数 2次不等式
項目名
場合の数と確率 集合の要素の個数
場合の数と確率 場合の数
場合の数と確率 順列
場合の数と確率 組合せ
場合の数と確率 事象と確率
場合の数と確率 確率の基本性質
場合の数と確率 独立な試行と確率
場合の数と確率 条件付き確率

演習は受講の3倍行います!

成績アップするために欠かせない演習。「定期テスト対策特別招待講習」では、受講の3倍の時間を充てて演習を行います。演習量を確保するために東進では「数学計算演習」を準備しています。加えてもう1つ重要なことは傍用問題集を活用した演習です。演習会などを実施し、得点力を徹底的に高めていきます。
※校舎により実施するイベントは異なります。詳しくは各校舎にお問い合わせください。

「定期テスト」でこんなことはありませんか??

テストでいい点を取りたいけど何からやればいいかわかりません

まずは君の理解度を把握しましょう。

「何からやればいいのかわからない」と感じる主な理由として、自分の理解状況を客観的に把握できていないことが挙げられます。「定期テスト対策特別招待講習」では、まず君の各単元に対する理解状況を正しく把握することから始めます。「学力診断テスト(1単元で30~40分程度)」を受験してもらい、「基礎計算力」「基礎得点率」「標準得点率」という3つの結果をもとに、基礎からやるべきか、演習から取り組むべきかなどを担任とともに考えます。

やる気がいまいち出なくて集中力が続きません。

やるべきことが明確になればやる気もアップ!

「定期テスト対策特別招待講習」では、登校時と受講後に「コーチングタイム」を実施します。登校時には今日の学習内容の確認、そして受講後は、受講と演習が予定通りに実行できたかを確認します。学習をしていて不安なことやわからないことがあれば、「コーチングタイム」で担当の先生に相談することもできます。

もともと数学が苦手なので成績が上がる気がしません。

「概念理解」×「演習量」が成績アップの秘訣。

成績アップに必要なことは「概念を正しく理解すること」そして「演習をたくさん積むこと」です。どちらかが不十分だと成績は上がりません。しかし「概念理解」と「演習」を必要十分に行い、正しい対策をすれば、どんなに数学が苦手でも得点できるようになります。「定期テスト対策特別招待講習」では、東進の実力講師陣によるわかりやすい授業で、単元ごとに教科書の完全理解を行います。また、「数学計算演習」ではパソコンを活用して問題を解くための基礎計算力を効率よく身につけます。単元をさらに項目ごとに細かく分けているため、苦手をピンポイントにトレーニングできます。さらに傍用問題集の演習を行い、得点力を徹底的に高めます。

「定期テスト対策特別招待講習」の受講までの流れ

1:学力診断テストで理解度を確認

今回の定期テストに出題される単元について、君にぴったりの講座を提案するために「学力診断テスト」を実施します(30~40分程度)。
このテストは、現在の単元理解度を確認し、君に最適な講座を決定するために行います。

2:講座の決定

「学力診断テスト」と学校で使用している教科書をもとに、君におススメの講座とレベルを決定します。受講できる講座は119講座の中から選択でき、高校の定期テストの範囲から2講座まで受講できます。

3:受講のための準備

講座を決定したら、受講と演習の学習計画を一緒に考えていきます。学習開始する前にしっかりと作戦を立ててやるべきことを明確にすることが、成績アップの重要なポイントです。また受講期間中の流れ、受講の仕方などについても説明します。

4:受講開始

テキストが届いたら受講を開始します。受講1コマにつき、「確認テスト」を1回実施します。1講座すべてを受講し終えたら、「講座修了判定テスト」を受験します。演習は、「数学計算演習」と傍用問題集を活用して、圧倒的な演習量を実現します。

校舎一覧

最高の学習環境を君に。