AO入試・推薦入試とは?

AO入試・推薦入試を一言で表すと、「大学が出会いたい人」と出会うため、大学・学部が求める学生像(アドミッション・ポリシー)に一致する受験生を選抜する入学試験です。

一般入試との違いは?

一般入試と違い、目的意識や表現力、文章力や基礎学力などの総合力によって合否が決まります。選考は、書類選考・面接試験・小論文・グループディスカッションなど様々。出願は、早い大学では高3の8月から。多くは年内には合否が決まります。一般入試は、難関私立大学を中心に合格者数が減少傾向で、浪人生が増加しています。一方でAO入試・推薦入試の合格者は増加傾向。さらに受験者の多くが現役生なので、AO入試・推薦入試は現役生にとっては、難関大学合格の大きなチャンスとなる入試方式なのです。

一般入試
AO入試・推薦入試
時期
高3 1月-3月
高3 8月-3月
選考方法
学力試験
書類選考・面接試験・小論文・グループディスカッションなど(一部で学力試験あり)
合否の決定
学力試験の点数のみで決まる
人間力・自己表現力・文章表現力・基礎学力などの総合力で決まる
受験者
現役生・浪人生
ほぼ現役生

どんな問題が出ますか?

大学・学部が求める人財を選抜するのに適した問題が出題されます。例えば中央大学法学部の自己推薦入試で提出する志望理由書には、「近年の社会的問題の中で関心をもった問題を1つ取り上げる」という指定があります。また2次試験であるグループディスカッションの、2018年度におけるテーマは「18歳選挙権について」。中央大学法学部が求める資質・姿勢により選抜するのに相応しい設問です。大学ごとの特徴があるので、情報を得ることが重要になります

-(例)中央大学法学部自己推薦入試 -

中央大学法学部が求める資質・姿勢
  • ①自分自身を含めた身近な問題に対する真剣な関心
  • ②物事を厳密に考え、批判的にとらえる思考
  • ③健全で強い倫理観・責任感
選考内容(抜粋)
●志望理由書
「近年の社会問題の中で関心をもった問題を一つ取り上げる」
●ディスカッション
「18歳選挙権について」

どうしてAO入試・推薦入試が増えているの?

2021年大学入試制度が大きく変わります。センター試験の廃止に、大学入学共通テストの導入。文部科学省は、従来の点数主義から脱却し、多面的・総合的評価による人物本位の入試へ大きく舵を切っています。それに伴い、拡大が予想されるのがAO入試・推薦入試。たとえば、早稲田大学ではAO入試・推薦入試の入学者を現行の4割から6割まで引き上げることを発表しています。
国立大学協会でもAO入試・推薦入試等の定員を2021年度までに30%を目標に拡大することを宣言。
今や、大学入学者の44.3%がAO入試・推薦入試の合格者です。
もとより広く海外を見渡せば、欧米の大学ではAO入試が主流。また、AIの発達が進む中で、就職において最も重要視されるのは、前時代的な詰め込み型の知識ではなく、主体性や柔軟性、論理的思考力やコミュニケーション力です。こうした能力は、AO入試突破の絶対条件。つまり、AO入試は、もはや特別な入試ではなく、今後の入試のグローバルスタンダードと言えるでしょう。

合格のために何が必要か知りたい!
どうしたらAO入試・推薦入試で受かるの?

AO入試・推薦入試の出願は早い大学では高3の8月から。そのため、高3生の夏までに準備をやりきるつもりで計画を立て、早期に対策をスタートしましょう。特に、将来の目標や学びたい学問など、「何のために大学に行くのか」を明確にすることは入試に打ち込む強いモチベーションになり、高校生活・ひいては大学入学後の過ごし方を濃密にします。早稲田塾ではまずは「何のために大学に行くのか」を明確にした上で、「書類作成」「小論文・面接対策」「英語4技能対策」「学力向上」を徹底的に行います。このプロセスで鍛えられた学力・英語力・思考力・表現力は一般入試にも確実に生かされます。だから、全てのチャンスを使い、現役合格の可能性を最大限引き上げることができるのです。

高3夏までの準備が全て!そのための早期対策を

AO入試・推薦入試の出願は8月からスタートします。
そのため高3生の夏までに準備を終わらせるつもりで計画を立て、早期から対策をスタートしましょう。

提出書類作成

3年間の過ごし方の集大成となるのが提出書類。早い段階から自分のやりたいことを活動や学習、自己分析を通して考え続けることで、内容が濃い志望理由書が完成します。

「AO・推薦入試特別指導」で対策!

小論文・面接対策

文章力・表現力は日常の積み重ねが大事。付け焼き刃の対策では見抜かれてしまいます。1次試験が終了してからあわてて小論文・面接対策をしても遅いので、日常から文章力・表現力を鍛えましょう。

「論文系講座」「表現力開発講座」で対策!

英語4技能試験対策

AO入試・推薦入試において、英語資格を出願条件としている大学は多数あります。出願に間に合わせるため、高3夏前には目標とするスコアを取得しましょう。更には一般入試でも英語資格試験を利用した受験が可能です。

「英語特訓道場」「英語資格準備講座」で対策!

学力試験対策

学校の成績(評定平均)を出願条件にしている大学も多いため、日常的な勉強を大切にしましょう。国公立大学を中心にセンター試験を課すAO入試・推薦入試も多数あります。提出書類や小論文・面接にも、日常から鍛えている知性は確実に役に立ちます。一般入試の対策も兼ねて対策しておきましょう。

「東進講座」で対策!

早稲田塾はなぜこんなに
AO入試・推薦入試に強いの?

早稲田塾は、開塾以来、塾生一人ひとりの夢を引き出し、偏差値ではなくやりたいことで志望校を発見していく、進路発見指導を大切にしてきました。だからこそ、AO入試・推薦入試合格実績No.lの高い成果を出し続けています。人工知能やIoTの進化によって、産業構造が劇的に変化する「第4次産業革命」の到来が謳われています。それに伴い、これまでの点数至上主義のペーパーテストでは測れなかった、「人間の可能性」を徹底的に探るために急激に拡大している入試がAO・推薦入試なのです。ロボットに夢を見ることはできません。どれだけテクノロジーが発展し、人工知能が人間の知能を上回る時代が到来したとしても、自らのライフミッションを発見し、夢を描くことは、人間にしか備わっていない「力」です。そして、夢こそが人を動かし、世界を変える力であり、それは、あなたの中にも必ずあるのです。あなたもAO入試・推薦入試を通し、可能性を大きく広げてみませんか?

早稲田塾生が「AO入試・推薦入試」で圧勝する4つの理由

AO入試・推薦入試の出願は8月からスタートします。
そのため高3生の夏までに準備を終わらせるつもりで計画を立て、早期から対策をスタートしましょう。


1

職業選択まで見据えた、
進路発見指導がある!

国内外の第一線で活躍する教授や有識者とのコラボレーションによる「未来発見プログラム」と、職業観をベースに10年後の将来を見据えた進路発見指導があります。

早稲田塾はここが違う!

活動実績や評定平均などの「条件」のみに焦点を当てた短絡的な指導、あたかも条件だけで合格できると誤解させる指導は、早稲田塾では一切行っておりません。また、活動歴を目的にお手軽なイベントに参加しても、”実績”や”肩書き”にならず、まったく意味がありません。そのため早稲田塾では、一線級の教授や有識者との「未来発見プログラム」などで一生を変えるほどのインパクトを持つ経験を提供するとともに、一人ひとりの本当にやりたいことを引き出し大学とのマッチングを行う「進路発見指導」を行っています。


2

専門性の高い人的
ネットワークがある!

AO入試・推薦専任のプロ講師陣、進路発見指導スタッフ、大学生・院生のトレーナーによる人的ネットワークにより、多面的かつ重層的な指導が受けられます

早稲田塾はここが違う!

社会経験の乏しい学生のみによる指導や、一人のカリスマ講師の表層的な成功体験を頼りにした偏った指導では、塾生の可能性を開花させることはできません。早稲田塾では講師やスタッフ、トレーナー、時には塾生同士の様々な関わりを通してて、客観的に自分を見出し、強みを引き出す指導をしています。


3

一生モノの文章力が
身につく!

マスコミ人養成の手法から生まれた論文力開発養成カリキュラムや、大学・学系別の論文指導を高1・2生から受講可能。早稲田塾では高1生の69.3%が論文系講座を受講しています。

早稲田塾はここが違う!

「論文は高3生になってから」という指導や論文講座の設置自体が無いケースもありますが、文章力をおろそかにしてはAO入試・推薦入試の合格はあり得ません。早期から論文に向き合う習慣をつけることで、自分自身の考えを持ちそれを言葉にする力を養成します。


4

膨大な先輩データによる
分析がある!

AO入試・推薦専任のプロ講師陣、進路発見指導スタッフ、大学生・院生のトレーナーによる人的ネットワークにより、多面的かつ重層的な指導が受けられるから。

早稲田塾はここが違う!

特定の大学に偏った小規模な合格実績や、その予備校の実績とは言えない無料体験生を含む水増し実績を公表している予備校では、合格者のトータルな状況や成功要因を分析することはできず客観指標を基にした確かな指導を行うことはできません。早稲田塾では過去の膨大な合格者データはもちろん、不合格者データについても分析を行うことで、各大学・学部が求める人財に塾生を成長させるべく、常にカリキュラムを進化させています。


どんな人がAO入試・推薦入試で合格しているの?

AO入試・推薦入試は特別な人だけにチャンスがある入試ではなく、人物・能力を多面的に見る入試。実はきちんと鍛えれば誰にでもチャンスがある入試なのです。多くの合格した先輩も、最初は「自分に強みは何もない」と思っていても、早稲田塾の指導で自分の強みを見つけ、伸ばすことで合格を掴んでいます。100人いれば100通りの受かり方があるのがAO入試・推薦入試なのです。

あなたはどのタイプ?

誰にも負けない好きなものがある。 トイレ好きをきわめて、筑波合格。

chapter1

武藤 駿介

  • ●筑波大学 人文・文化学類
  • ●東京都市大学付属高校卒
好きなものは「トイレ」。
早稲田塾の進路発見指導でトイレ好きを学問に昇華し、評定平均3.1から筑波合格!
入試方式:AO入試(AC入試)
1次試験:出願書類(志願理由書、自己推薦書、自己推薦書の根拠となる資料等)
2次試験:面接試験
AO入試・推薦入試で活用したテーマ
「排泄文化の文化人類学」の研究
将来の目標
「最高のトイレ」を作りたい!
筑波大学に提出した出願書類の一部

激変ポイント

Before
成績も高い方ではなく、国立は絶対に無理だと思っていた…
After
「トイレ好き」が将来の目標へ。強みにまで昇華し、憧れの筑波に合格

国際性に自信がある 留学経験+論文力で、早稲田合格。

chapter2

楢崎 美紅さん

  • ●早稲田大学 政治経済学部
  • ●立教女学院高校卒
チーム戦で鍛える論文の講座で文章力を鍛え、
留学経験を活かして早稲田合格!
入試方式:AO入試(グローバル入試)
出願書類(活動記録報告書、英語能力試験のスコア等)
1次試験:論文審査
2次試験:面接
AO入試・推薦入試で活用したテーマ
1年間のアメリカ留学経験
将来の目標
地域創生やコミュニティ開発をしたい。
「現役合格アイテム」ノート、お守り、手紙

激変ポイント

Before
そもそも論文というものが分からず作文になってしまっていた。
After
論文系講座でアカデミックな文章を書けるようになり、論文審査も突破!さらにはチーム戦の授業で勉強もメンタルも鍛えられた。

部活をとにかく頑張っている テニス部のキャプテンをやりきって千葉大合格!

chapter3

町田 明日香さん

  • ●千葉大学 教育学部
  • ●千葉県立小金高校卒
テニス部キャプテン・文化祭委員の経験を活かして千葉大合格!
東進講座・英語特訓道場で英語力もアップ。
センター3教科でも国立にチャンスあり!
入試方式:公募制推薦入試
①出願書類(志望理由・活動履歴書)
②専門適性検査(教員としての適性を見る試験)
③面接
④センター(3教科3科目で6割以上)
AO入試・推薦入試で活用したテーマ
リーダーとそのフォロワーの育成について
将来の目標
ひとりひとりの夢をサポートできる先生になる!
「現役合格アイテム」 AO講座のノート、塾でもらったお守り、ミサンガ

激変ポイント

Before
丸覚えで勉強していたため学校の成績は取れても模試が苦手で、高2秋のセンター試験本番レベル模試の英語は2割台。人前で話すのも苦手で、すぐに言葉をまとめることができなかった。
After
「英語特訓道場」や「東進講座」を通して知識を活用できるようになり、センター当日は英語8割5分、3科目で8割以上獲得。AO入試・推薦入試特別講座などの講座を通して、当日の想定外の質問にも堂々と答えられる力をつけた。

これから、将来の夢を見つけたい ジーンズ好きから将来の夢を発見、慶應合格。

chapter4

横田 愛理さん

  • ●慶應義塾大学 法学部
  • ●湘南工科大学附属高校卒
入学時は「なんとなく慶應」。ファッションに興味があることから早稲田塾の指導で目標を発見、慶應法学部と環境情報学部にダブル合格!
入試方式:AO入試(FIT入試)
1次試験:出願書類(志望理由書、自己推薦書等)
2次試験:論述試験、グループ討論
AO入試・推薦入試で活用したテーマ
藍染のジーンズの研究
将来の目標
著作権や意匠権の研究に携わりたい。
慶應義塾大学に提出した出願書類の一部

激変ポイント

Before
具体的な目標がない…
After
慶應法学部・田村教授のNegotiation Leardership Program(未来発見プログラム)に参加して法学部に興味を持った。さらにAO入試・推薦入試特別指導で、なんとなく持っていた服への興味が著作権・意匠権を研究したいという思いへ進化!

校舎一覧

最高の学習環境を君に。