ワセダネ 早稲田塾からのホットな情報を発信するブログ

横浜校レポート

【早稲田塾横浜校・新人担任助手紹介】私大最難関女子大・津田塾大学総合政策学部にAO入試で現役合格!女性の視点から研究テーマを深め、塾の仲間と合格を勝ち取った!


皆さん、こんにちは!
早稲田塾横浜校担任助手の正木美羽(まさきみう 早稲田塾40期・捜真女学校高等学部卒・横浜国立大学教育学部2年)です。

今回も2020年度から新しく担任助手になるメンバーの紹介をしていきます。
第2回目となる今回は、両角乙葉(もろずみおとは)さんです!

素敵な笑顔の両角乙葉(もろずみおとは)さん

両角さんは現在、津田塾大学総合政策学部総合政策学科に通っています。
高校の時の部活はバトミントン部で部長を務め、委員会は学級委員会に所属していました。

両角さんの研究テーマは、女性労働問題についてです。社会福祉学を受験する際は、「母子家庭」をテーマにしました。

塾生時代の思い出

両角さんからのコメント↓

「この写真は、私の塾生時代の思い出です。
ここには、早稲田塾で作成してはより良くし作成してはより良くし…を繰り返した書類や、何十回何百回と書き直した小論文、大学のパンフレット、SDGs探究学習プログラムの教材、合格祈願のお守りなどなど…
入塾した高校3年生の4月から現役合格を果たすまでの約半年間でも、この写真には収まり切らない程の量になりました」

両角さんが出願した大学は評定が必要だったため、入試ぎりぎりまで推薦入試の対策と学校の試験を両立していました。出願資格となる評定平均を1年生から頑張って、取り続けたそうです。


「学校の成績を上げて内申点を上げたいけど、なかなか上がらない…」と困っている人は、両角さんに秘訣ぜひ聞いてみてください!

「早稲田塾に通っている周りの高校生は自分のやりたいこと、興味のあることを見つけているためとても志が高いです。
その場にいるだけで自分も頑張ろうと思えました。
心が折れそうになった時もありましたが、非常に濃く、なにより楽しくて充実した受験期でした。一生の思い出であり、私の宝物です!
そして皆さんの、濃く、忘れることの出来ない一生モノの充実した学びを、担任助手として全力でサポートしていきたいと思っています。共に成長していきましょう!
皆さんと横浜校でお会い出来るのを楽しみにしています!これからよろしくお願いします!」


両角さんのように濃く、忘れることの出来ない、一生モノの充実した学びができる高校生生活を一緒に送りましょう!
興味のある人はこちら

投稿者:正木 美羽

校舎一覧

最高の学習環境を君に。

校舎一覧

夏期特別招待講習
現在使用しているテンプレートファイル:single.php