ワセダネ 早稲田塾からのホットな情報を発信するブログ

横浜校レポート

【高3.2.1生必見】入試に向けた準備は出来ていますか?


皆さん、こんにちは! 早稲田塾横浜校担任助手の正木美羽(横浜国立大学教育学部保健体育専攻2年・捜真女学校高等学部卒・早稲田塾第40期)です。

今回は、高3.2.1生へ、入試に向けて今からできることをお伝えします。

まずは3年生。
自分を信じて、現役合格に向かって真っ直ぐ突き進んで下さい。
自分の可能性をフルに活用するために高校3年生のみんなはそれなりの準備をしてきたはずです。
今までの講座で学んだこと、ガイダンスでメモを取ったことを振り返ってみましょう。
慶應大学をはじめ、特に今年はコロナの影響を受けて受験日や受験方法が変更になった大学がたくさんあります。(SFCに関して、詳しくはこちら
「受験校のアドミッションポリシーってなんだっけ?」
「建学の精神は頭に入っているかな?」
「入試日程は?」
…などなど、曖昧な方は今すぐ確認して自分の言葉で言えるようにしまょう。善は急げ!

次は、2.1年生。
目標は、進路を決めることです。
「職業と結びつかない」「将来的に仕事になるのかな」と思い悩まず、まずは自分の心の赴くままに好きなことを突き詰め、学びたい学問や志望大学を決めましょう。私自身も「世話好き」「子どもが好き」というところから始まりました。
9月5日には模擬出願があります。まずはそこに向けて最高の書類を作ることが出来るように全力を尽くしましょう。今のうちに大学のHP最新の研究を調べたりを読んだりして、計画的に行動していきましょう。
ここで大切なのは、得た情報をノートやファイルなどにまとめて入試本番でも使えるようにすることです。そこでおすすめは「AO・推薦入試合格ノート」をつくることです。書類作成や面接の時に役に立つだけではなく、自分がこれまで頑張った証拠になるので自分の自信に繋がります。

そして全員に伝えたいのは「自立」「自律」しましょう!ということです。出願校の書類の準備、受験日程やアドミッションポリシーの把握、マイページの確認など、自分で出来ることは自分で行動しましょう。


誰にも未来は見えないものです。自分で未来を切り開くには不安と戦わなくてはいけません。自信がなくなる時は誰にだってあるものです。そんな時は、私たちをいつでも頼ってくださいね。

早稲田塾というチーム戦で戦いましょう。

いつもそばで応援しています。

このように早稲田塾では塾生一人ひとりと向き合って指導しています。


現在、夏期授業無料招待講習として個別指導やオンラインでの集団授業を特別に体験できるカリキュラムを行なっております。少しでも興味がある方はこちらをクリック。体験出来る講座に限りがありますのでお早めにお申し込みください。

また志望校や個々の現状に合わせて参加が出来る説明会もございます。詳しくはこちらをクリック。

投稿者:正木 美羽

校舎一覧

最高の学習環境を君に。

校舎一覧

現在使用しているテンプレートファイル:single.php