ワセダネ 早稲田塾からのホットな情報を発信するブログ

横浜校レポート

【推薦入試勘違いあるある】国公立大学に推薦入試はない!?


こんにちは!早稲田塾横浜校担任助手の床並花(早稲田塾39期・捜真女学校高等学部卒・上智大学文学部新聞学科4年)です。

今回は、推薦入試勘違いあるあるシリーズ2弾!国公立大学に推薦入試はない!?」 です。

 

結論からお伝えすると、国公立大学も推薦入試を実施しています!!国公立大学の出願条件例をいくつかご紹介します。

 

①東京大学 

・高等学校における高い基礎学力として成績上位者であること

・指定の科目での高成績

・学外においてもコンクールでの入賞や、執筆した論文の提出、社会貢献活動  の実績など

41期生_岡本琳南

 

②東京外国語大学 

・成績概評 A

= 評定平均が4.3以上

・CEFR B2以上

=英検準1級相当の語学スコア

富士見丘高校Mさん、東京外国語大学言語文化学部に現役合格!!!

 

③横浜国立大学 

横浜国立大学の学校推薦型選抜は、教育学部、経営学部、理工学部で実施されています。

学部ごとに出願資格は異なるので、一例として経営学部をご紹介↓

横浜国立大学経営学部に推薦入試で合格するための3条件!

 

④横浜市立大学 

・大学共通テストのうち、大学が指定する教科・科目をすべて受験した者

・理工学部の場合は数学Ⅲに加え「物理基礎・物理」「化学基礎・化学」「生物基礎・生物」のうち2つの科目群を修得または修得見込みの者

・出願に必要な評定平均や語学資格は学科によって異なります

41期生_豊田夏萌

 

41期生_宮澤夏海

 

推薦入試の場合は、共通テストの5教科7科目受験が不要な大学もあります

上記の場合は、横浜国立大学や東京外国語大学が該当します。

使えるチャンスは全て使うのが、絶対に賢い受験戦略です!

 

そして、推薦入試・一般入試と受験のチャンスを2回に増やすためには、高2.1の過ごし方が重要です。高3になる前に、高い評定平均語学資格の取得、そして自分が大学で何を学び、社会に出てからどんな風に活躍したいのかを明確にしておきましょう!

 

最新の大学入試情報と早稲田塾のカリキュラムをお伝えする説明会を実施しています!

※オンライン・事前予約制

詳細はこちら

 

推薦入試勘違いあるある第1弾はコチラ↓

【推薦入試勘違いあるある】推薦入試のチャンスは1回だけ?

 

投稿者:床並 花

校舎一覧

最高の学習環境を君に。

校舎一覧

現在使用しているテンプレートファイル:single.php