{literal} {/literal}
GOOD PROFESSOR

「環境に関連する仕事」に関する教授インタビュー一覧

学習院大学
理学部 化学科

村松 康行 教授

地球環境微量元素やアイソトープ分析研究の第一人者

学習院大学理学部化学科教授の村松康行先生は、前職の放射線医学総合研究所(放医研)在職中から環境や地球における微量元素やアイソトープの分析研究に携わってきた。自身の研究テーマについてはこう語ってくれた。

「分析化学の技術を使って、環境や地球に存在するほんの少量の元素であるヨウ素やセシウム・ウ…

早稲田大学
教育学部 理学科 大学院 理工学研究科 生命理工学専攻

中村 正久 教授

分子生物学を通して「生物の本質」に迫る

早稲田大学「教育学部」は、前身母体の高等師範部の創設から100年を超え、私立大学の教育学部としては最も古い歴史を誇る伝統的な学部だ。今回紹介する中村正久先生は、同学部理学科生物学専修で教鞭を執る先生だ。まず同専修の特徴から聞いた。

「前任の国立大に比べここには教員は教授7名・助手3名しかおらず、…

東京外国語大学
外国語学部

新熊 隆嘉 助教授

いまこそ出番! 環境経済学からのアプローチ

東京外国語大学は、高度な外国語運用能力が身につけられる国立単科大学として知られる。しかし、どんなカリキュラムでどんな語学教育が行なわれているのかは案外知られていないのではないだろうか?
東京外大では、まず1・2年次に7課程26言語から選択する主専攻語と副専攻語について徹底して習得することになる…

東京農工大学
工学部 有機材料化学科 大学院 工学系 応用化学専攻

米澤 宣行 教授

地球環境の息を吹き返させる負荷ゼロ有機材料化学とは?

東京農工大学の工学部には、有機材料化学科という学科がある。ここで研究されているのは、地球環境に負荷をかけない新しい有機材料の開発手法である。つまり、いま人類が抱える緊急の課題解決をめざして研究している学科ということになる。

同学科で有機反応化学および有機合成化学の研究をしているのが米澤宣行…

法政大学
社会学部

舩橋 晴俊 教授

問題を解決に導くしっかりした現地調査

1999年、1冊の本が出版された。『新潟水俣病問題──加害と被害の社会学』(東信堂)、環境社会学を専門とする舩橋晴俊先生と東京都立大学の飯島伸子教授の共著である。この本にまとめられた現地調査について、先生は次のように語っている。

「工場排水の水銀を原因とする新潟水俣病が、社会的に知られるように…

法政大学
経済学部

松波 淳也 教授

経済学的手法が人々の行動を変えていく

松波淳也先生の研究テーマは、環境経済学である。具体的には、ゴミとリサイクルの経済学を研究している。  

環境経済学と聞いて、首をかしげる塾生がいるかもしれない。環境問題を解決するのに、経済学がどうして役立つのかと――。しかし、こうした考え方は、「経済学」を狭い意味で捉えているために起こるの…

東京農工大学
農学部 地域生態システム学科

西村 拓 助教授

大事なのは、「どうして?」と考えること

日本という恵まれた国土に生まれ育った高校生のみなさんにとって、いま世界中で「土」に関する問題が噴出しているのを身近に感じることは難しいかもしれない。

「はっきり言って、日本では土壌物理学という分野はマイナーです。研究者も多くはありません。私なんかも工作や洗い物といった雑務からなかなか卒業でき…

慶應義塾大学
法学部

藤田 祐幸 助教授

夢だけでなくリスクも科学は語るべき

慶應義塾大学の日吉キャンパスで「藤田先生の物理学」といえば、文系の学生の間でも非常に有名だ。まさに初めて「学問」に出会い、学問の「面白さ」と「厳しさ」を共通体験させてくれる凄腕の先生だからである。

日吉キャンパスに通う多くの学生にとって、「学問をすること」は初めての体験だ。「学問をすること…

明治学院大学
国際学部

熊本 一規 教授

日本の廃棄物問題はなぜ解決しない

物事の見方の角度を少し変えるだけで、180度違って見えることがある。明治学院大学国際学部の熊本一規教授は、社会の仕組みを常識とは違う角度から見て、社会の裏に潜む真実を探す醍醐味を感じさせてくれる。明学の名物先生のあざやかでユニークな論理展開は実に目からうろこである。

テレビのCMで「地球に…

一橋大学
経済学部・大学院 経済学研究科

寺西 俊一 教授

経済活動や政策面から環境問題にアプローチ

環境問題が社会的な注目を浴びるようになって久しい。いまの世代が足元からグローバルなレベルまでの環境を守っていかなければ、21世紀後半には人間の生存そのものが危ぶまれる深刻な環境崩壊に至りかねないという議論がなされていることは、現役高校生のみなさんも知っていることだろう。

寺西俊一教授が一橋大…