青葉台校レポート

なかなかやる気がでないときの時間の使い方

こんにちは。青葉台校担任助手の荒川真衣です。


毎日、暑い日が続いていますね。

現役合格したいし、意欲がないわけでもないけれど、なかなか暑さでやる気がでないというときはありませんか?


そんなときの時間の使い方は、、、「やる気があるときに決める!!」

やる気がないときは、何も考えたくなりますよね。次に何をやるのかすら考えたくないですよね。

事前にやることを考えておけば、やる気がない状態でも淡々と物事を進められるかと思います。



ここで、私が受験生時代、やる気がないときにやっていたことをご紹介したいと思います。


①英語の音読をする。

→声に出すことで、少しずつやる気が出てくることがあります。


②苦手な分野のまとめメモを作る。

→やる気があるときにより効率的に学習するための準備をします。


③第一志望大学のHPで、合格体験談や先輩方の話を読む。

→自分もこの大学生の後輩になりたい!!という思いが強まります。


④探究リサーチを進める。

→探究を深めていくと、モチベーションもアップします!


⑤計画を見直す。

→自分がやりたいことをすべてやるための時間が全然ないことを痛感します。このままではまずい、やる気を出さないと!と焦ります。



モチベーションのあげ方、ルーティーンは、自分に合ったものを見つけるのが一番です!!いろいろ試してみましょう!!



早稲田塾では、塾生だけでなく、外部の方に向けても、最新の入試情報をお伝えする説明会をご用意しております。

夏休みに志望校や自分の夢に一歩近づきたい方は、ぜひこちらよりお申込みください。