緊急事態宣言下での校舎受講、指導の継続実施について

このたび政府から4都府県に対して緊急事態宣言が発出されました。
早稲田塾では、生徒の皆さんにとって必要な学習を絶やすことなく継続できるよう、引き続き新型コロナウイルス感染症対策をしっかりと行ったうえで、校舎での受講、指導および模擬試験などを継続実施してまいります。ただし、緊急事態宣言の対象となる東京都の校舎では当面の間、下校時刻を通常より早めて21時とします(日曜は18時下校)。

特に受験生は総合型選抜出願開始となる9月まで既に5ヵ月を切っています。早稲田塾では授業を自宅でオンライン受講することも可能ですが、あえて校舎での受講を推奨するのは、仲間と互いに励まし合い、競い合うことにより、はるかに多くの学習量と学習効果が得られることが経験則でわかっているからです。

我々スタッフも、しっかりと予防に取り組んでいきますので、生徒の皆さんも、自分の身は自分で守る、という独立自尊の精神と、周りの仲間と一緒に最高に安全な学習環境を作るという気持ちで、感染予防への協力をお願いします。

2021年4月25日
早稲田塾

新型コロナウイルス感染防止対策はこちら

新型コロナウイルス感染症への対策について

早稲田塾では、集団でのディスカッションが必要な講座の多くは、オンラインでの双方向指導を実施しておりますが、校舎における新型コロナウイルス感染症対策は、以下の通り実施しております。

37度以上の熱がある場合、入室を禁止し、生徒もスタッフも全員マスク着用を義務づけ、入退室時の手指のアルコール消毒など厳格に校舎運営しております。さらに勉強はパーテーションで仕切られた個別のブースで行い換気にも注意を払っておりますため、校舎における感染リスクは低いと考えていますが、今後ともより一層の安全対策を行ってまいります。

各校舎においては、以下①~⑩の通り新型コロナウイルス感染症予防の管理・指導を引き続き徹底してまいります。生徒の皆さんにも感染予防にしっかりと取り組んでいただき、安心して学習できる環境づくりにご協力いただきますようお願い申し上げます。

これらは現時点における対応となり、今後の状況により変更する場合もございますのでご了承ください。 最新情報は、このホームページにてお知らせいたします。

早稲田塾