{literal} {/literal}
GOOD PROFESSOR

「金融・経済・不動産に関連する仕事」に関する教授インタビュー一覧

一橋大学
経済研究所附属 社会科学統計情報研究センター

北村 行伸 教授

世の中の動きを数字で追いかける応用計量経済学

一橋大学の付属研究所である「経済研究所」は、世界経済と社会科学を総合的・実証的に研究している機関で、戦前から続く伝統ある研究所だ。その研究所にさらに付属する「社会科学統計情報研究センター」。そこで教授をしている北村行伸先生が、今回紹介するグッド・プロフェッサーである。

北村先生は経済学の先…

慶應義塾大学
総合政策学部 大学院 政策メディア研究科

岡部 光明 教授

情報技術革新を切り口とした金融研究

慶應義塾大学SFCは藤沢市(神奈川県)の緑豊かな湘南丘陵に広がる伸びやかなキャンパスである。モダンな建物で構成されたキャンパス内は、まるで近未来世界にでも迷い込んだような印象だ。

ここの総合政策学部で教鞭を執る岡部光明先生は「金融論」が専門である。先生の前職は日本銀行金融研究所参事で、公定…

早稲田大学
社会科学部

浦田 秀次郎 教授

国際化・複雑化する経済問題への学際的研究

早稲田大学社会科学部教授・浦田秀次郎先生は、日本を代表するエコノミストのひとりである。じつは2003年度は特別研究期間にあたり、早稲田大学の教壇を離れている。それで、今回の取材は経済産業省内にある研究室で行なわれた。

浦田先生の専門は「国際経済学」。まず、その専門分野について話してもらった。…

早稲田大学
商学部

江澤 雅彦 助教授

予定利率引き下げを契機に日本の生命保険は変わるのか

早稲田大学商学部助教授・江澤雅彦先生が学部で講義をするときは、それが大教室であろうと、しわぶき1つなく静まり返って、学生たちは真剣に聞き入るという。

先生の授業で私語は厳禁。違反すると、妥協のない処断が待っているのだ。

「こちらが真剣に話しているのに、学生が私語をするなどもってのほか…

慶應義塾大学
経済学部

中山 幹夫 教授

”協力ゲーム理論”による経済分析研究のパイオニア

慶應義塾大学・経済学部は学部学生約4800人、教員130人あまりを擁するマンモス学部である。同学部の創設は、慶應義塾建学と同時(なんと安政5年)で、わが国最古の経済学部として幾多のエコノミストを輩出してきた。  

ここで教鞭を執る中山幹夫先生は、同学部の特徴について、次のように語る。  

学習院大学
経済学部 経済学科

脇坂 明 教授

変わり続ける雇用制度

女性が働くことなど、現在では珍しくもない。これを読んでいる女子高生のみなさんも、大学を卒業したら就職したいと思っているだろう。子供が独立した後にパートを始める女性も少なくない。しかし20~30年前にさかのぼれば、結婚後に正社員として働く女性をほとんど見かけなかった。つまり雇用形態の大変革が、この数十年…

大東文化大学
経済学部 現代経済学科

古屋 核 教授

経済学は難解な学問ではない?!

経済学と聞いて、腰が引けてしまう塾生が少なくないかもしれない。ただでさえ難しそうなのに、数学まで必要な文系学部。

「数学といっても、中学3年までに勉強した範囲ですよ」と、古屋核先生は笑う。

「スポーツに例えるとわかりやすいかもしれませんね。経済学はスキーのようなものです。どのレベル…

明治大学
政治経済学部

高木 勝 教授

人名検索ヒット数513件

テレビや新聞でもエコノミストとして大活躍の高木先生だが、一般週刊誌・月刊誌のタイトルを集めた専門データベースで高木先生の名前を検索したところ、なんとヒット数が513件である。

今年になってからの記事タイトル数だけでも55件。つまり、月5件以上も、出版社からコメントを求められている計算になる。  …