横浜校レポート

☆連載企画☆高校3年生の夏の過ごし方【提出書類、共通テスト両立編】

こんにちは!横浜校担任助手の津嶋菜穂子(早稲田塾第43期生、光陵高校卒、横浜国立大学都市科学部都市社会共生学科1年生)です。

今回はTwitterで紹介した【担任助手の塾生時代~高校3年生夏編~】を詳しく取り上げていきます。



私が現在通っている横浜国立大学都市科学部都市社会共生学科には、総合型選抜で合格をいただきました。その総合型選抜では、一次選抜、二次選抜を経て、最後に共通テストを受けてから合否が決まります。そのため、夏休みは提出書類作成と共通テストの科目の勉強の両立を頑張っていました。



~担任助手津嶋のタイムスケジュール~


午前:提出書類作成

大学に提出する書類を執筆したり、早稲田塾の授業に参加したりしていました。また、未来発見プログラムや、語学の授業も参加していました。

午後:共通テスト対策

日本史を苦手としていたので日本史の勉強をしたり、夏のプランとして入っていた共通テストの過去問を毎日時間を決めて演習をしたりしていました。

総合型選抜の提出書類と両立をするために、一週間のノルマを決めたり、前日に「明日やることリスト」を作って次の日のプランを立てるようにしたりしていました!


~夏休み長期スケジュール~


私は夏前の時点で志望大学の語学資格の条件を満たしていなかったので、とにかく夏休みの前半で資格を満たすという目標を立てて頑張っていました。また、研究していたものの探求を深めるために、毎週図書館に通い、資料を集めていました。


夏休みは、長いようであっという間に終わってしまいます。より濃厚な時間を過ごすために、私のスケジュール管理の方法を参考にしてみてください。夏休みを有効に使うことで、志望大学の合格に一歩近づきましょう!



🌟早稲田塾からのお知らせ🌟


早稲田塾では、最新入試情報等をお伝えするオンライン説明会を開催しております。


学部や学系別の対策などもお伝えしていますので、是非ご参加ください!


興味のある方はコチラ