東進ネットワークの早稲田塾

「人間力」を鍛え、
高い学力を身につける早稲田塾

メイン画像
理由1
目標なきところに成果なし
「何が何でも合格したい!」という強い気持ちは、“志望理由書”の作成から生まれる!

AO・推薦入試は、“人間力”が評価される入試です。表現力やコミュニケーション力、課題を発見して解決する能力、新たなものを生み出す創造力、人を動かすリーダーシップなど、受験生の能力を多面的に判断します。決して特別な経験や技能を持った人だけのものではありません。

実はすべての受験生にとって、AO・推薦入試が、挑戦の機会を増やし、合格率を高める大きなチャンスとなります。その理由は、AO・推薦入試の必須要件である“志望理由書”。これは、単なる大学への提出書類ではありません。自分を見つめ、将来について考え、大学について調べる…“ 志望理由書” を作成すると目標が明確になって「何が何でも合格したい!」という強い気持ちが生まれるのです。
イメージ画像
多くの受験生は、「とりあえず勉強しなきゃ…」「なんとなくあの大学がいいかな」と曖昧な気持ちで受験勉強に取り組みがちです。そのため、やる気の維持が難しく、ついサボってしまうことも…。でも、夢や志望校への強い気持ちを持つ受験生は、モチベーションが違います。高い集中力で学習に取り組み、学力もぐんと向上するのです。

AO・推薦入試への挑戦は、一見遠回りに見えるかもしれません。しかし、これこそが“急がば回れ”の合格戦略。強い気持ちと人間力により学力を飛躍的に伸ばすことで、一般入試でもAO・推薦入試でも合格できる実力が身につきます。
AO・推薦入試で合格しても、大学入学後に困らない学力は不可欠です。目標なきところに成果なし。目標への強い気持ちが志望校現役合格を引き寄せます。

̌0120-173-573 •ʑk