早稲田塾のカリキュラム|【早稲田塾】大学受験予備校・人財育成 
早稲田塾

カリキュラム

早稲田塾の
カリキュラム

「塾」だからこそできる、本質的な学び

右の図は、アメリカの国立訓練研究所が提示した、学習の定着度を示した逆ピラミッドです。この図によると、ただ授業を一方方向で受けただけの学習の定着度はたったの「5」。効率よく学ぶには、「議論し、行動し、(習ったことを)人に教える」環境が必要だということがわかります。

幕末に改革を担った多くの人財を輩出した「塾」。その流れを受け、福澤諭吉が創設した慶應義塾は、「半学半教」の精神に満ち、今なお息づいています。年齢に関係なく「教え教えられる」=切磋琢磨の環境で人が育っていったのです。そういう意味で「塾」は、開国の当時より「90の学びを実現する」教育の原点。しかし、時代が進むにつれ効率重視となり、教師が一方的に教え込む形が、現在の教育の主流となっています。

早稲田塾は、開塾時からこの「90」の世界観を実現しようと、取り組み続けてきました。想定の枠を超える空間が、早稲田塾そのものなのです。

AO入試・推薦入試対策

AO・推薦入試では、各大学が「求める学生像(アドミッションポリシー)」を掲げ、それに一致する学生を集めるため、面接・小論文などさまざまな方法で選抜を行います。ここで必要になるのは、付け焼刃の対策ではなく、大学が「出会いたい人」そのものになること。早稲田塾では、スタッフや講師陣、受講生同士のディスカッションを通して、将来のビジョン(社会で何を実現したいか)を明確にし、面接や志望理由書などで必要となる表現力を、多彩なプログラムで育てます。

more
<ポートフォリオ作成指導>

「ポートフォリオ」とは、受験生の学びの履歴と将来像を可視化した資料を意味します。もともとはクリエイターが自身の創作歴や創作活動をアピールし、その力量を評価してもらうための作品集のことを指します。教育においても、新たな個人評価ツールとして、従来の科目テストや知力テストだけでは測れない「非認知能力」(主体性・社会性・創造性・好奇心などの数値化できない潜在能力)を示す機能を果たすものとして注目されています。現在国策として進められている教育改革では、このポートフォリオをオンライン化(eポートフォリオ化)し、WEB出願ポータルサイトから各大学に直接送信するしくみの構築が検討されています。2018年度より早稲田塾では、これまでのAO・推薦入試指導のナレッジを結集し、よりきめ細かく深いポートフォリオの作成に向けた専任チームによる日常的な特別指導が実現します。

【「AO・推薦入試指導」の様子を動画でチェック!】

<進路発見特別指導>

ポートフォリオ作成指導により生み出されたオリジナルの「マイストーリー」から、最適な進路や研究テーマを発見し、出願大学・学部のマッチングや最適な出願戦略の提案までを、専任チームが指導します。この指導により構築されたライフミッションを核(コア)とし、国公立・私立含めた多様な大学・学部が実施しているAO・推薦入試への可能性が広がります。

<高3AO・推薦入試提出書類作成指導>講座一覧はこちら

進路発見指導に基づく出願書類対策
出願書類の作成指導は、単なる書類の添削ではありません。受講生が自分の将来を考え、目的を持って生きる力を養うことを目指し、大学での専攻や将来像を具体的にデザインする「進路発見指導」が行われます。そのために専門講師やスタッフなど、多様な人財が関わります。
必修の論文系カリキュラム
文章力は、すべての学力の基礎となる重要な力。志望理由書などの書類を通じて、目的意識や情熱を表現するAO・推薦入試では、最も重要な力です。「書く」ことは「考える」ことそのものであり、文章力を磨くことで、論理的な思考力が養われます。そして、論理的思考力の向上が文章力の上達を加速させるという理想的な循環が生まれます。早稲田塾の圧倒的な現役合格実績は、AO・推薦入試を受験する全員が必修として取り組む、「論文系カリキュラム」と「AO・推薦特別指導」のコラボレーションの結果です。
多様な大学・学部別の対策講座群
慶應、早稲田、日本大学藝術学部など難関大学を目指す塾生を対象に、特化した指導を行います。また、立教大学の英語、中央大学法学部のグループ討論など、多様な大学・学部別の対策も行います。
膨大な合格データに基づいた出願戦略
早稲田塾に蓄積された膨大な情報をもとに、合格への課題を的確に測定し、専門スタッフがAO・推薦入試から一般入試までを見据えた、あなただけのオリジナルな出願戦略を提案します。すべての入試を視野に入れた対策を万全に行えるのが、早稲田塾の強みです。
橋本 果奈

慶應義塾大学 法学部

橋本 果奈

「AO講座」では、志望理由を固めていくための知識を深めました。まだはっきりと将来のビジョンが見えていなかったので、講師のアドバイスを受けながら国際政治、日本の政治に関する幅広い勉強をし、自分が何をすべきなのかを模索していきました。その結果「東アジアの安全保障問題に取り組みたい」という目標が固まりました。

畑中 淳

早稲田大学 創造理工学部

畑中 淳

「AO・推薦入試特別講座」では自己推薦書がうまくいかず、中途半端なことを書いてはダメ出しされる日々。八方塞がりになったとき「書かないと何も始まらないんだ」と一喝していただいたことで、徐々に自分の考えをまとめていき、将来目指したいことを明確にできました。

中村 美穂

国際基督教大学 教養学部

中村 美穂

「AO講座」で、「これまで経験してきたことを社会にどう活かせるのか」という視点で社会問題のことを調べ、知識を深めることができました。校舎に置いてある『日経ビジネス』などの雑誌も積極的に読むことで、知識が格段に増えたと思います。

論文系講座

早稲田塾の「論文作法(ろんぶんさっぽう)」では、受講生が書いた原稿に対し、AO・推薦専門の講師が、詳細かつ丁寧に講評。さらに、論文を受講生同士で講評し合い、そこで得た課題をもとに再執筆し、質を高めていきます。

more
論文は、能力ではなく、技術。

練習すれば、誰でも書けるようになる。

論文作成において大切なのは、答え探しではなく、テーマに対し、いかに深く分析・考察し、自らの切り口で論理を展開するか。そのために鍛えなければいけないのは、与えられたポイントに添って文章を敲き直す修正能力ではありません。

早稲田塾の「論文作法(ろんぶんさっぽう)」では、受講生が書いた原稿に対し、AO・推薦専門の講師が、詳細かつ丁寧に講評。さらに、論文を受講生同士で講評し合い、そこで得た課題をもとに再執筆し、質を高めていきます。受講生同士の本気のディスカッションによって得られる他者の視点は、一人で論文を書き続けるだけでは決して得られないものばかり。また、他の人の論文を講評することで、より深い客観性を習得することもできます。

論文作法(さっぽう)

ディスカッション主体の授業で「聞く・読む・話す・書く」力を総合的に鍛える

執筆のみならず、互いの作品を講評しあうディスカッションの場を設けた「知的格闘技」。AO・推薦入試に必要な力を、総合的に養成します。「自己の視点」と「発想力(切り口)」が育まれ、難関大学の入試でも効力を発揮しています。

テーマ事例

「大村はま氏の実践」【横浜国立大学 教育人間科学部 学校教育課程 公募制推薦】
課題文に述べられている教師の姿に関連させながら、あなたの考える教師のあり方に ついて 1000 字程度で述べなさい。(100 分)
「ドーピング」【早稲田大学 スポーツ科学部 出題】
課題文を読んで、ドーピングについて思うところを 1000 字以内で自由に述べなさい(100 分)
「人間の残忍性」【東京大学 文科三類 後期試験の一部を改変】
課題文を参考にして、「人間の残忍性」についてあなた自身の立場から1000 字以内で自由に論じなさい。(100 分)
「書く」ことは「考える」こと。

文章力を磨き、論理的な思考を養う

「文章力」は、すべての学力の基礎となる重要な力。志望理由書も小論文も、文章で意思を表明するAO・推薦入試では、欠かせない力です。論文系の授業では「聞く・読む・話す・書く力」を総合的に鍛えることで、大学が求めている「学びの基本」を身につけます。

志望校別に展開! 論文系講座ラインナップはこちら

東進講座

志望校現役合格のために「すべてのチャンスを使いきる」早稲田塾は、一般入試への備えも東進講座で万全。
早稲田塾では、全国トップの東大合格者数で知られる「東進講座」で、必要な学力をしっかりと身につけます。その学習トレーニングシステムの秘密は、圧倒的な効率性。基礎学力から応用テクニックまでを短期間・高速で習得できるプログラムで、塾生の学習効率を最大化。早期に学力を身につけることが、一般入試の合格可能性を増すのはもちろん、AO対策に集中できる環境づくりにもつながります。

more

忙しい現役生のための学習トレーニングシステム

短期間での集中速習と1.5倍速受講で、1年かかる授業が、最短で2週間から1ヵ月程度で集中受講・修了できます。部活や学校行事に忙しい現役生のための、強力学習トレーニングシステムです。

実力講師陣による講義
高校生がつまずきやすいポイントやその攻略法を熟知している、現役合格のエキスパートによる講義。「なぜそうなるのか」「どう考えれば良いのか」がバッチリわかります。

高速学習――短期間での集中速習と1.5倍速受講が鍵
1年かかる授業を最短で、2週間から1ヵ月程度で集中受講・修了できます。1回の授業は90分が基本。1.5倍速受講ならば60分で講義は終了。(1.5倍速で適度な負荷をかけると、脳が活性化し集中力が高まります)
パーフェクトマスター
毎回の授業後には「確認テスト」が必ずあり、知識の定着をはかります。テストに合格したら次の授業に進むことができます。講座受講後には「講座修了判定テスト」で総まとめ。いずれも初回の受験で満点合格をとり続けることが、学力向上の秘訣です。
高速基礎マスター講座
高速基礎マスター講座は、知識とトレーニングの両面から、科学的かつ効率的に、短期間で基礎学力を徹底的に身につけるための講座。インターネットでのオンライン受講で、1講座で10日から1ヵ月の速習が効果的です。

スモールステップ

東進講座は、高校入門から最難関大学までの12段階の講座群。無理なく着実にステップアップできます。

スモールステップ

英語特訓道場

近年はAO入試においても「聴く・読む・話す・書く」の英語4技能が重視されるようになりました。国公立や難関私立でも、TOEIC・TOEFLなど英語資格試験を出願条件や判定基準に採用するケースが続出しています。「英語特訓道場」は、「聴く・読む・話す・書く」の英語4 技能を統合し、集中して鍛えるトレーニングメソッド。黒板の前で講師が講義を行う一方的なスタイルではなく、武芸のように身体に染み込むまで実践し、組手のようにコミュニケーションをとり、時には教え合うことで、本物の英語力を体得します。

more

「聴く・読む・書く・話す」の4技能を統合するTOEFL®Test対策の決定版
真の国際人となるための素地を磨く「英語特訓道場」

米国TIME誌が認める国内唯一のトレーニングプログラム「英語特訓道場」。専門トレーナーである“道場主”の指導のもと、年間で約2000語、高校修了時には最大約8000語の習得を目指します。
「聴く・読む・書く・話す」の4技能を統合し、鍛える「英語特訓道場」のトレーニングメソッドは、TOEFL®Test対策に最適。グローバル社会で活躍するために必要な「使える英語力」を養います。

英語の“かたまり”=コロケーションを体得し、語感を身につける
専門トレーナーの指導のもと、「口から自然に出てくる」「耳にこびりつく」「応用できる」までトレーニングします。
大量の「表現の引き出し」を作って言葉を創造し、発信する力を鍛える
コロケーションを駆使して、日本人が一番苦手とする発信力(Speaking&Writing)を高めます。
チーム学習でコミュニケーション力を高める
英語はコミュニケーションツール。「英語特訓道場」では、学習したフレーズをその場でコミュニケーションに使います。
ネイティブのスピードで英語が聞きとれるようになる
「英語特訓道場」のナレーションスピードは1分間で 160~180語。毎週80分のトレーニングを通して、重要フレーズを習得します。
森田 紗緒里

早稲田大学 国際教養学部

森田 紗緒里

早大・国際教養学部で出題される小論文は、すべてを英語で論じます。アカデミックレベルの高い語句で、論理的に文章を展開しなければならない。そのために、雑誌"TIME"の記事を教材にしている「英語特訓道場」が有効でした。質の高い英文を声に出して読み、血肉とすることで、自らも英語で論文をまとめられるようになっていきました。

佐々木 友美

東京大学 文科Ⅲ類

佐々木 友美

入塾した頃は、部活も忙しかったので、「英語特訓道場」からスタート。難度の高い単語を学んだことによって、問題を読む時間がスピードアップ。リスニングの訓練も効果抜群で、入試のリスニングがゆっくり聞こえたほどです。

男全 衿香

中央大学 文学部

男全 衿香

「英語特訓道場」では緊張感ある雰囲気のなか、皆ビシッと集中して記憶している。「復習テスト」に向けて、家でも単語を繰り返し覚えるので、発音も、意味も、体に染みこんでくる。教材の"TIME"の英文を読んでいるうちに、英語への興味も湧きました。

英語資格試験講座

センター試験に代わる新テスト「大学入学共通テスト」が2020年度から実施されるにあたり、英語においては「読む」「聞く」に加えて「書く」「話す」を含めた4技能を総合的に評価するための各種民間試験の導入が決定されました。実用技能英語検定(英検)、TEAP、TOEFL、TOEIC、IELTSなどの活用が予定されており、すでに、早稲田大学、上智大学、立教大学、明治大学、筑波大学、国際教養大学、九州大学をはじめとする多くの大学が民間試験を利用した入試を行っています。これらの試験を出願資格としたり、試験のスコアを加点方式で評価したりする方法は、今後ますます増えていきます。
早稲田塾では、各種英語試験の出題傾向と対策に精通した英語講師による指導と、インプットとアウトプットの両面に特化した授業を通して、英語4技能を伸ばしていきます。

more

【英語民間試験利用入試のメリット】

1.チャンスが増えます。一発勝負で全てが決まる従来型の入試と違って、何度でも受験できるからです。
2.手間が省けます。従来型の入試では複数の大学に出願する際にそれぞれの大学が果たす英語の試験を必ず受けなければならないのに対し、一つの民間試験で得たスコアを同時に複数の大学に出願できるからです。
3.余裕が生まれます。早い段階で目標スコアをクリアすれば、英語以外の様々な活動に集中できるからです。

早稲田塾では、これを踏まえ、低学年から英語資格試験のために対策を行い、高1生のうちに、CEFR(※)B1(英検2級)レベル以上、高2生のうちにB2(英検準1級)レベル以上の取得を目指します。



※CEFR
ヨーロッパ言語共通参照枠(Common European Framework of Reference for Languages)」は、言語の枠や国境を越えて、異なる試験を相互に比較することが出来る国際標準。大学入試において受験生の英語力を測る基準としても採用されている。

各種検定試験を知り尽くした講師による対面授業
英検、TEAP、TOEFL、TOEIC、IELTSなど各種英語試験の出題傾向とその対策に精通した英語講師が教室で直接指導します。
「書く」「話す」のアウトプット重視
4技能のうち我流で伸ばしにくいのは「書く」力と「話す」力。適切なインプットと徹底したアウトプットに特化した授業を通して、「読む」「聞く」に加えて「書く」「話す」を重視した本物の英語力を習得します。
「書く」「話す」力の裏付けは「考える」力
本物の英語力には知識と論理的思考力の裏付けが必要です。世界の最新のニュースを分析するTIMEやThe Economistを教材とし、英語によるディスカッションやグループワークを通して、英語を書いて話すために必要な「考える」力を養います。
講座ラインナップはこちら

表現力開発講座

「自己を表現し、共感を生む力」は一般入試、AO・推薦を問わず、これからの大学入試、実社会で最も必要とされる真の学力。その力を伸ばすために独自に取り入れているのが、表現のプロフェッショナル(俳優)によるワークショップです。人気のテーマパークをはじめ、大手企業の人財研修を担っているカンパニーが、現役高校生のためにプログラムを開発。修了者にはCertificate(認定証)が発行されます。

more

表現力開発講座の特徴

社会の第一線で活躍するビジネスマンを対象に実施されている、本格的な人財開発ワークショップです。シアター(劇場)という360度さらされたステージで、自分自身の想いを表現する力を、様々な側面から鍛えます。このワークショップを受講した塾生は、土壇場のときに引かずに、一歩前に出る精神力を体得します。

プロの俳優による本格ワークショップ
トレーナーを務めるのは、文化庁藝術祭賞、読売演劇大賞、紀伊國屋演劇賞など、日本の演劇賞を総ナメにしたミュージカルカンパニーの俳優たち。表現のプロフェッショナルから、「本物の表現力」を学びます。
専用の「シアター(劇場)」で行う、
リーダー養成プログラム?
新宿校の地下には、本格的な「劇場」があります。その名も"Dream Hall"。最高レベルの音響と、本格的な照明機材が揃う空間に集い、塾生たちは“夢を実現するために”劇場型教育を受けています。
4つのレベル制
「ワークショップの講座ラインナップは、4段階に分かれており、アップグレードトレーニング(基礎から段階的に受講する仕組み)によって鍛え上げていきます。

資料請求 個別相談 一日体験授業