早稲田塾

カリキュラム

スーパーエアロスペースプログラム

スーパーエアロスペースプログラムとは

かつて空想上の産物でしかなかった国際宇宙ステーションや宇宙エレベーターが新素材の発見や技術の発展で、今や現実のものとなりつつあります。 このプログラムでは、日本を代表する最先端の研究者の方々とともに、未来の可能性を探求。 後半3日間は、静岡大学工学部浜松キャンパスにて地球軌道上を周回する衛星“はごろも“との衛星通信実験、宇宙エレベーターのモデルクライマによる昇降実験を行い、最終日には実験結果を踏まえて、高校生ならではの新しい宇宙開発のアイディアをプレゼンテーションします。

藤井 裕矩

藤井 裕矩

首都大学東京 客員教授
(株)TMIT 代表取締役社長

京都大学工学部航空工学科、工学研究科博士課程卒業。大型宇宙構造物や宇宙デザーなど宇宙インフラストラクチャの力学と制御宇宙デザー技術と高空風力発電を研究。首都大学東京システムデザイン学部高空宇宙工学専攻教授、日本大学総合科学研究所教授(兼)理工学部航空宇宙工学科教授、神奈川効果大学機械工学科

「スーパーエアロスペースプログラム」概要

講座名称 スーパー エアロスペースプログラム
対象 高1・2・3年生 
※極めて優秀な場合は中学生も可。
※開講式、フィールドワークを含む全プログラムに参加できること。
※受講や活動における映像および写真を、広報物に使用できること
開講場所 早稲田塾 大崎品川校(予定)東京都品川区大崎1-5-11
静岡大学工学部浜松キャンパス 静岡県浜松市中区城北3-5-1
開講期間 2017. 8月8~10日・16~18日(講義6回・実験2回・プレゼンテーション1回)
8~10日:早稲田塾 大崎品川校にて各日2回の講義を実施
16~18日:静岡大学 浜松キャンパスにて実験(16・17日)・プレゼンテーション(18日)を実施
受 講 料 塾生の場合:夏期授業6単位
一般生の場合:¥151,200(税込)

※フィールドワークの交通費・宿泊費は別途実費がかかります。(¥50,000程度)

参加方法 ※受付は終了しました

選抜方法 「志望理由書」「同意書」受理順に書類審査を行い、結果をご連絡します。
① 塾生サイト「マイページ」または下記お申込みボタンよりWebエントリー(6/3より受付開始)。
②「志望理由書」をダウンロードし、ご記入の上郵送してください(6/15必着)。
※ 定員に達し次第、募集を締切ります。
書類送付先 〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-16-7
早稲田塾 未来発見プログラム担当

お問合せ

お近くの校舎までお問合せください
月~金 11:00~21:00、土曜 11:00~20:00、日曜 10:00~18:00

スケジュール

8/8(火) 講義1 開講式・航空宇宙工学の現在
講義2 宇宙機制御先端技術
早稲田塾
大崎品川校
8/9(水) 講義3 航空機制御先端技術
講義4 宇宙エレベーター:その仕組みと研究開発
8/10(木) 講義5 宇宙開発構造物と機構学の研究
講義6 最適制御の考え方をさまざまな応用
8/16(水) 講衛星通信実験
静岡大学
工学部
浜松キャンパス
8/17(木) 宇宙エレベーターの昇降実験
8/18(金) プレゼンテーション