早稲田塾

カリキュラム

国際ジャーナリスト育成塾

国際ジャーナリスト育成塾とは

世界最高のジャーナリズム・スクールとされる米国・コロンビア大学大学院のSCHOOL of JOURNALISMのカリキュラムを参考に、日本のジャーナリストらを講師に招いて、講義、取材、小論文作成などにも役立つ執筆体験までを、コンパクトにまとめて実施。めまぐるしく動く世界情勢、様々な地域の歴史、文化、人々の考え方などを把握し、これらの知識を基盤に、未来を予測出来る“真の国際人”としての能力を養います。

杉下恒夫

田村次朗(たむらじろう)

1967年4月から2000年3月まで読売新聞記者(社会部、外報部、解説部)。同年4月から2008年3月まで茨城大学人文学部・同大学院教授(国際協力論)2000年4月から2010年11月まで国際協力機構( J I CA )客員専門員( 援助政策)同年1 2月から一般財団法人国際開発機構(FASID)理事長(現職)。
この間、広島大学客員研究員、慶應義塾大学法学部非常勤講師(開発援助政策論)、法政大学法学部・同大学院兼任講師( 途上国民主化とジャーナリズム)、日本評価学会理事、外務省無償資金協力実施適正会議委員、JICA外部有識者業績評価委員など歴任。現在、プラン・ジャパン理事、日本国際協力センター(JICE)評議員などを兼任。大学教員時代から現在を通してアジア、アフリカ、中南米、オセアニアなど世界約100ヵ国で、1000件以上の日本のODAプロジェクトを取材・執筆。
●主な著書/「ジャーナリストが歩いて見たODA」(国際開発ジャーナル)、「NGOの世紀」(都市出版)、「危ういジャーナリズムー途上国の民主化とメディア」(日本評論社)、「日本の外交政策決定要因」(PHP研究所)、「国際協力」( 学研)、「日本の国際開発協力」(日本評論社)

塾育プログラム

-->