早稲田塾

カリキュラム

スーパー バイオサイエンス プログラム

スーパー バイオサイエンス プログラムとは

意欲と目的意識を抱く高校生が、最先端の遺伝子工学とシステムバイオロジーに取り組みます。講義だけでなく、自ら研究テーマを設定し、リサーチやディスカッションを重ね、その研究成果をプレゼン。今までにも、受講生が「日本進化学会大会」等で数回にわたり最優秀賞、優秀賞、敢闘賞を受賞したことがあるプログラムです。

スーパー バイオサイエンス プログラムを活用した卒業生

原 幸司

横浜国立大学 工学部 合格

原 幸司

このプログラムでは、高校でも受験勉強でも知ることのできない専門性の高い学問に触れ、それがどんなに面白いものなのかを実感しました。遺伝子の解析や心臓のシミュレーションなどを行う中で、目的が定まった。パソコンでこんなことが再現できる、パソコンの中に一個の生命がつくれる、このコンピュータの面白さを追求してみたいと思い、情報工学を目指しました。

吉岡 真代

東京薬科大学 生命科学部 合格

吉岡 真代

高校で学ぶ生物の知識をベースにし、最先端の生命科学に関する知識と技術を身につけるだけではなく、まだ正解のないテーマについてグループで研究活動を進めました。さらに 、山形県鶴岡市にある慶應義塾大学の先端生命科学研究所に泊り込んでの本格的な研究も体験。文字通り最先端研究に直接触れ、とても刺激的でした!

石堂 未夕

慶應義塾大学 環境情報学部 合格

石堂 未夕

私のグループのテーマは「感情の涙液について」。感動して流す涙と、通常の分泌物の涙に、どのような成分の違いがあるかを調べました。とにかく「参加している誰よりも頑張ろう」と、ガムシャラに。最後のプレゼンでは、優秀賞をいただくことができました。この「感情の涙液について」は私の研究テーマとなり、今も研究を続けています。

-->