カリキュラム

スーパーIoTプログラム

スーパーIoTプログラムとは

東北大学・江刺研究室と早稲田塾が、現代の最先端領域「IoT」をテーマに行うプログラム。企業に最も頼りにされている研究室に選ばれた(日経産業新聞・2003年12月12日付)江刺正喜教授をはじめ、東北大学大学院工学研究科機械系ナノメカニクス専攻でMEMS(微小電気機械システム)の研究教育に携わる教員・研究者が担当します。産学連携のモデルや、技術による国際貢献のかたちを実感できるプログラムです。

江刺 正喜

江刺 正喜(えさし まさよし)東北大学 原子分子材料科学高等研究機構 教授

超微細加工技術(マイクロ・ナノテクノロジー)を活用し、様々な製品に応用される立体的な材料や部品をつくる「マイクロマシーニング」分野の世界的な第一人者。1949年生まれ。宮城県仙台市出身。1971年東北大学工学部電子工学科卒業。1976年東北大学大学院電子工学専攻博士課程修了。1990年東北大学工学部教授。1995年?98年東北大学ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー(VBL)長を経て、現在は東北大学 原子分子材料科学髙等研究機構 教授。2004年、産学官連携による「MEMSパークコンソーシアム」代表。日本IBM科学賞、SSDM Award、文部科学大臣賞など数々の賞を受賞。2003年には日経産業新聞で企業に最も評価されている研究室に選ばれた。2006年紫綬褒章受章。主な著書に「半導体集積回路設計の基礎」(培風館)、「マイクロマシーニングとマイクロメカトロニクス」(培風館)、「東北大学・江刺研究室 最強の秘密」(彩流社)など。

スーパーIoTプログラムを活用した卒業生

竹内 啓悟

青山学院大学 理工学部 合格

竹内 啓悟

3人1組のプレゼンでは、映写機を作り上げました。制限時間ギリギリでしたが、なんと最優秀賞を受賞!仲間とひとつのことを成し遂げていくことの楽しさを味わえた。人前でプレゼンして、真剣な質問&応答のやりとりができたのも、大きかった。受験勉強だけの生活では得られない「能動的に学ぶ」体験が、大学・学部選びのベースとなりました。

東出 祐太郎

青山学院大学 理工学部 合格

東出 祐太郎

3人1班で機械を分解してそれが動いている仕組みを調べる「分解実習」で、僕たちはプロジェクターを分解したんですが、何億個も部品があって、その動く原理がすべて物理で成り立っている。それを知って、物理ってすごいな! と実感。元々好きだったのですが、これに参加したおかげで、物理に完全に「ハマった」。大学で物理を勉強したい! と本気で思うようになりました。

青木 大地

電気通信大学 電気通信学部 合格

青木 大地

教授の指導を受けながら、ゲーム機器の分解を行うなど、光センサーを組み立てることで、集積回路の構造を学びました。すべての機械やシステムが集積回路によって動作している事実と、その原理原則を改めて理解し「大学では絶対に回路を学びたい!」と。国立大学ならではの設備や少人数制ゼミは、研究に必要な環境だと思い、電気通信大学が第一志望になりました。

校舎一覧

最高の学習環境を君に。