早稲田塾

カリキュラム

スーパーメディカルサイエンスプログラム

スーパーメディカルサイエンスプログラムとは

約50万m2の広大な敷地を誇る東京理科大学野田キャンパス。リサーチパークと称される最高の教育研究環境のもと、合宿形式で最先端の生命薬学研究に触れ、実際に創薬にもチャレンジする。解熱鎮痛作用をもつアスピリンとアセトアミノフェンを生成し、毒性を調べ、より市販薬に近いものができるかを競い合う。未来のメディカルサイエンスの教育・研究者の育成を目的とする。

東京理科大学 野田キャンパス<千葉県野田市>

東京理科大学 野田キャンパス<千葉県野田市>

広大で緑豊かな敷地内に講義棟や図書館、グラウンド、セミナーハウス、大型の研究施設などがゆったりとレイアウトされたリサーチパーク型キャンパス。創薬研究の拠点として、ゲノム創薬研究センター・医療薬学教育研究センター・DDS(ドラッグ・デリバリー・システム)研究センター・創薬情報科学センター・ナノ粒子健康科学研究センター・分析化学研究センター・薬用植物園など、専門的な研究ができる環境が整っている。

スーパーメディカルサイエンスプログラム 概要

対象学年 高3・2生
※プログラム全日程に参加できること。
※受講や活動における映像および写真を、
早稲田塾の広報物に使用できること。
定  員 20名程度(予定)
開講期間 2018.7/16(祝・月)・8/5(日)~7(火)

早稲田塾 新宿校 ・ 東京理科大学 野田キャンパス

(スケジュール詳細はPDFをご参照ください)
※7/22(日)に夏期未来発見プログラム合同の特別研修を行います。
(自由が丘校にて、時間は後日ご連絡します。)
受講料 塾生の場合 夏期授業5単位
一般生の場合 ¥151,200(税込)
※宿泊費、食費、備品(実験用ゴーグル、USBメモリ等)費は含まれます。
※交通費は別途各自負担となります。
備考 当日までに化学「有機」分野を理解しておくこと
( 特に有機化合物、脂肪族炭化水素、脂肪族化合物、芳香族化合物)

参加方法 ※受付は終了しました

選抜方法 5/10 (木) 19:00 塾生先行エントリー受付開始
(塾生サイト「マイページ」にて)

7/14(土)志望理由書 郵送締切【当日消印有効】
志望理由書は下記ダウンロード、または各校受付より

7/14(土)合格発表
・志望理由書提出順に審査が行われます。
・定員に達し次第募集を締め切ります。
☆一般生の方は各校舎までお問合せください。
書類送付先 <志望理由書送付先>
〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-7-9
早稲田塾 未来発見プログラム担当

お問合せ

お近くの校舎までお問合せください
月~金 11:00~21:00、土曜 11:00~20:00、日曜 10:00~18:00
 詳しくはこちらのPDFをご参照ください

スーパーメディカルサイエンスプログラムを活用した卒業生

長谷川 翔

北里大学 薬学部 合格

長谷川 翔

大学生と一緒にアスピリン(頭痛薬の主成分)を合成、その実験を4人1チームでプレゼンするというプログラムです。最終日には、理科大の学長や薬学部の学部長といった先生たちの前で、納得のいく発表ができた。教授からの厳しい質問にも、うまく答えられて、チームメイトや担当してくれた大学院生の方とも、喜びあえた。病院薬剤師という志望が見え、受験勉強で心が疲れたときにも、がんばれる糧になりました。

嶋田 奈実

東京理科大学 薬学部 合格

嶋田 奈実

このプログラムは、野田キャンパスに3日間合宿し、教授、大学院生と共に試薬を化学変化させて医薬品をつくります。具体的には、「小児用の風邪薬(アセドアミノフェン)」と「大人用の風邪薬(アスピリン)」の物質量や融点を測定し、市販されている医薬品と同じ構成物として再現していく。ちょっとの物質量の変化でも、「100%完璧」といえなければ、医薬品としては認められない。創薬の厳しさと共に、責任とやりがいのある仕事だと、実感できました。

梅川 誠

慶應義塾大学 薬学部 合格

梅川 誠

「小児用の風邪薬と大人用の風邪薬の違いは?」この問いに答えるため、大学のゼミ生と一緒に、小児用風邪薬に含まれるアセトアミノフェン、大人用風邪薬を構成するアスピリンの原料を調べていきました。それぞれの原料により細胞がどう変化するかなどを実験し、子どもが大人用風邪薬の通常量を服用すると危険であることを立証できた。実験から立証にいたるプロセスには、大学院生からもアドバイスをいただき、実際の大学での研究を疑似体験することができました。

-->