カリキュラム

スーパーフューチャープログラム

スーパーフューチャープログラムとは

今の世界はどのようにつくられたのか─ 。
科学技術の進歩と共に、ますます国境の概念が希薄になり、ものごとをグローバルに捉えなければ本質が見えてこない現代。
「未来のリーダーとなる高校生には“大きな歴史観”が欠かせない」との、早稲田大学第12代総長、西原春夫先生の熱き想いを出発点とするプログラム。「温故知新」をテーマに、近代ヨーロッパに至る歴史の大きな流れを独自の歴史観でダイナミックに捉え、日本の近現代史の根源に迫り、世界と日本の今後を予測する。歴史という受験科目の枠を超え、フランス革命や明治維新など、時代のターニングポイントをひもとき、誰も光をあてなかった角度から現代をとらえ直すのがねらい。講義はもちろんのこと、 グループワークに取組み、知識を暗記したり特定の歴史観をなぞるのではなく、「なぜ、そうなったのか」そして「これからどうしていくべきなのか」を自ら調べ、考え、発信することで、共にプログラムを創りあげていく。

西原 春夫

西原 春夫(にしはら はるお)早稲田大学 第12代総長

早稲田大学名誉教授であり、日本刑法界の権威。一般財団法人アジア平和貢献 センター理事長。1928年生まれ。東京都出身。 51年早稲田大学第一法学部卒業。56年同大 大学院法学研究科博士課程修了。62~64年、 79年ドイツ・フライブルグ市のマックス・ブラ ンク外国・国際刑法研究所に留学。72~76年 早稲田大学法学部長。82年より2期8年間、 第12代早稲田大学総長を務める。88~92年 日本私立大学団体連合会会長。95~98年 早稲田大学ヨーロッパセンター(ボン)館長。 著書に「刑法総論」(成文堂)、「刑法の根底 にあるもの」(一粒社)、「私の刑法研究」(成文堂) ほか多数。世界の多数の大学より名誉博士号及び 名誉教授の称号を受けている。 2007年11月勲一等にあたる瑞宝大綬章受章。

スーパーフューチャープログラムを活用した卒業生

井口 智

東京外国語大学 外国語学部 合格

井口 智

「スーパー フューチャー プログラム」は、刺激的でした。テーマは「温故知新」――歴史を学んで、未来に活かすという狙いで、僕の班は「科学技術の発展が今や未来にどのような影響を及ぼすか」について調べた。今までやったことのない調査やプレゼン方法を経験し、大学で求められている研究レベルの高さを知りました。

城坂 明憲

慶應義塾大学 法学部 合格

城坂 明憲

テーマごとにグループに分かれて研究し、プレゼンをしました。僕らのテーマは「神道について」。日本の宗教のあり方を知るにつれ、一神教を主体とするキリスト教やイスラム世界の宗教対立を解決する糸口は、日本人の宗教の受容の仕方にあるのではないか、と考えた。世界と日本が密接につながっていることを実感したプログラムでした。

城坂 明憲

早稲田大学 政治経済学部 合格

山守 由希子

私のグループのテーマは「歴史原動力」について。歴史を動かしてきたものは何だろう?と真剣に考えました。私はそれまであまり前に出るタイプではなかったのですが、このプログラムをきっかけに自分の意見を言えるように。西原先生に「絶対に早稲田大学に入学します!」と宣言し、受験への意欲が一気に高まりました。

校舎一覧

最高の学習環境を君に。

-->