早稲田塾

カリキュラム

HiBot Design and Creation Program

HiBot Design and Creation Programとは

災害現場、地雷原、宇宙など、様々な場面で人の役に立つロボットを開発してきた広瀬茂男教授。東工大最多の特許取得を誇る教授の指導のもと、ロボット製作のケーススタディに取り組み、課題解決のアイディアを、手と頭を使って、実戦的に形にしていくプログラム。文理の枠を超え、「デザインシンキング」を行い、チームで問題解決にチャレンジしていきます。

HiBot

ハイボットは、極限作業型ロボットの創造開発に40年以上の実績を有するロボティクスのパイオニア、広瀬茂男教授と、ビジョンを共有する5名の創業者によって設立された企業。社会の様々な課題を解決する革新的なロボット技術を提供しながら、大学発ベンチャーとして事業を展開。既存のアイディアの改良発展ではなく、全く新しいコンセプトを創造開発する同社は、World Economic Forum(世界経済フォーラム)にて、創造性を発揮し変革をもたらしている各業界の先導的役割を担う企業として、Technology Pioneer 2015に選出された。

広瀬茂男

広瀬茂男(ひろせしげお)

独創的なロボット開発で知られる、ロボティクスの世界的権威。1947年生まれ。1971年横浜国立大学工学部機械工学科卒業、1976年東京工業大学博士課程制御工学専攻修了(工学博士)。ヘビ型、歩行型、惑星探査、地雷除去ロボットなどを開発し、その活動は「21世紀COEプログラム」にも採択された。著書に「ロボット工学」(裳華房)、「生物機械工学」(工業調査会)など。文部科学大臣賞をはじめ多数の学術賞を受賞し、2006年には紫綬褒章を受章した。

プログラム概要

対象 高1・2・3生
※極めて優秀な場合は、中学生の参加も可。
※講式、フィールドワークを含む全プログラムに参加できること。
※受講や活動における映像および写真を、広報物に使用できること。
定員 30名程度
開講期間 2017.7/27(木)~7/29(土)・8/4(金)~8/6(日)
※極めて優秀な場合は中学生も可。
※講式、フィールドワークを含む全プログラムに参加できること。
※講や活動における映像および写真を、広報物に使用できること。
開講場所 早稲田塾 池袋校
受講料 塾生の場合 夏期授業5単位
一般生の場合 ¥132,300(税別)

参加方法※受付は終了しました

選抜方法 6/3 (土) 19:00 塾生先行エントリー受付開始
         (塾生マイページにて)
6/15 (木) 志望理由書 郵送締切 【6/15 (木) 必着】
      ( 志望理由書フォーマットは各校受付または塾生マイページより)
6/19 (月) 合格発表
・志望理由書提出順に審査が行われます。
・定員に達し次第募集を締め切ります。
☆一般生の方は各校舎までお問合せください
書類送付先 <志望理由書送付先>
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-16-7
早稲田塾 未来発見プログラム担当

お問合せ

お近くの校舎までお気軽にどうぞ。
月~土/13:00~20:00 日 曜/10:00~18:00

スケジュール

7/27(木) 10:30 - 18:30 開講式・基調講義・グループワーク 池袋校
7/28(金) 10:30 - 18:30 製作実習 池袋校
7/29(土) 10:30 - 18:30 製作実習・競技会 池袋校
8/4(金) 10:30 - 18:30 東工大キャンパスツアー
グループワーク
東京工業大学
グループワーク
8/8(土) 10:30 - 18:30 ハイボット社訪問
グループワーク
ハイボット社
池袋校
8/6(日) 10:30 - 18:30 講義
プレゼンテーション・修了式
池袋校

未来発見プログラム一覧

-->