早稲田塾
GOOD PROFESSOR

青山学院大学
大学院 会計プロフェッション研究科

八田 進二 教授

はった・しんじ
1949年愛知県生まれ。73年慶應義塾大学経済学部卒。76年早稲田大学大学院商学研究科修士課程修了。82年慶應義塾大学大学院商学研究科博士課程単位取得。94年駿河台大学経済学部教授。96年米イリノイ州立大学客員研究員。01年青山学院大学経営学部教授。05年より現職。現在、日本監査研究学会会長・金融庁企業会計審議会委員・NHKコンプライアンス委員会委員長および国連内のガバナンス改革運営委員会委員など多数の要職を兼任。日本会計研究学会学会賞(99年)・日本監査研究学会監査研究奨励賞(02年)などの受賞もある。著作は『新訂版 監査論を学ぶ』『内部統制基準を考える』『会計・監査・ガバナンスを考える』(以上同文舘出版)『公認会計士倫理読本』(財経詳報社)『内部統制の考え方と実務』(日本経済新聞社)など多数。

  • mixiチェック

会計監査・企業内統治研究の先駆者

日本の大学院制度は3種類からなる。一般的によく知られているのが、学部本体の延長としての大学院研究科。このほか大学の研究機関を母体とする「独立大学院」、それに高度な職業人の養成を目的とする「専門職大学院」がある。今回ご紹介するのは、その専門職大学院である青山学院大学大学院会計プロフェッション研究科の八田進二教授だ。専門職大学院としては法曹職をめざす「法科大学院」がよく知られているが、今回の青学大学院会計プロフェッション研究科は公認会計士や税理士をめざす院生のための専門職大学院ということになる。

ただ、八田先生によれば目的は国家資格取得だけではないとも強調する。

「たしかに公認会計士や税理士養成を主な目的にしてはいます。ただ、これに加えて研究者・教育者をめざす人、海外に羽ばたいて活躍しようという人などへの教育指導にも力を入れています。研究科の名称を『プロフェッショナル』ではなく『プロフェッション』とした理由もそこにあります」

あらためて同会計プロフェッション研究科の特徴について八田先生は次のように語る。

「この研究科ではゼミ制と研究指導制を採用しています。ゼミ演習のほうは、資格取得をめざす人も含めどのゼミも5人ほどの少人数制です。研究指導のほうは研究者養成を主眼に修士論文の指導をしており、今年07年からはさらに上の博士課程も新設しました。この2つの制度を敷いたのは私たちだけの特徴でしたが、最近は真似するところも増えているようですね(笑)」

こうした教育体制の先行導入を主導した八田先生らしく、笑いながら説明しつつもパイオニアとしての余裕をも垣間みせる。

教育と研究にはびこる「自由」への誤解

そんな八田先生の専門は「会計監査論」と「企業の内部統制」。会計監査論とは、公認会計士が独占的に行なう企業の決算書の正当性(不当性)について独立的・専門的に検証・確認する分野の研究のことをいう。もうひとつの企業の内部統制とは、企業が社会的に認められるために企業統治(コーポレートガバナンス)の仕組みや規律はどうあるべきかを研究する分野だ。

この分野の世界的研究者のひとりとして日本屈指の権威として八田先生は知られる。国連内のガバナンス改革運営委員として世界で6人のうちの1人に選ばれて重職も務める先生だが、これは当時のアナン事務総長から直々の依頼で就任した。企業の内部統制のガイドラインを金融庁企業会計審議会は07年2月に公表したが、その策定の中心を担ったのも先生なのだ。

「実務社会というか現実の経済社会そのものに私は非常に関心があります。その中から問題点・改善点を見つけ出し、その解決方法を探るという研究方法をとってきました。ただ、当初は経済学や経営学・会計学という大学アカデミズムのなかで現実の経済活動ばかりを研究対象とするのは不純などと指弾されたこともありました。この研究方法が認められるまでに20年ほどかかりましたね」

21世紀早々のニッポン社会を覆う「風景」のひとつに企業統治の未熟さをさらけ出す不祥事が日替わり的に相次ぐことがある。三菱自動車・雪印乳業・カネボウ・ライブドア・日本航空・三洋電機・西武・松下電器・不二家・パロマ・リンナイ・日興コーディアル証券・北陸電力等々――そして粉飾決算・株価不正操作・事故隠し等々――最近のものだけでも枚挙のいとまもない。
いまや企業の実務分野の研究の権威となった八田先生はこれらの実情を嘆きつつも正論を説きつづける。そして今後は実際の証券・金融市場をテーマに今そこで何が起こっているのか更に深く研究していきたいと抱負を語る。

それにしてもインタビューのあいだ八田先生は早口で一気呵成に語り、自らの知識のすべてを伝えたいという「熱」が取材する側にまで伝わってくる。それは恐らく大学院の講義でも同じなのだろう。そんな自らの指導法については次のように話す。

「従来の日本の大学院における論文指導などというと、指導教員の研究カテゴリーからテーマを設定して、それを論文に仕上げるというのが大半でした。でも私のところでは自由にしています。そもそも研究というのは自由であるべきだと思うからです。ただし教育においては、達成すべき水準があるわけですから自由など原則としてありません。これを逆に認識している人が意外に多いんですね(笑)。教育を自由にして研究に縛りをかけているようでは、みすみす伸びる芽を摘んでしまうことになります」

好奇心の継続あってこその社会科学研究

青学会計プロフェッション研究科は専門職大学院であり、入学資格に大学の出身学部は問わない。入学定員は80人で履修期間は2年間。昼間開講が原則だが、7時限まで設け(午後9時40分終了)社会人学生への配慮もなされている。学位については会計修士(専門職)が与えられる。ここでの大学院生に対する八田先生の指導方針だが……

「中学・高校や大学の学部課程などと大学院が決定的に違うところは、教え与えられて指導を受けるところではないこと、オリジナルな研究と最新の教育をする場だということです。それぞれ大学院生がわたしの真似などしても仕方ありません。どんどん追い越しわたしを驚かすような研究をしてほしい。つねづね院生にはそう言っています」

会計学分野における研究者としての心構えとしては……

「研究者は愚直であれ!ということに尽きますね。手抜きをして良い研究になることはまずあり得ません。かけた時間とエネルギーは研究の成果に基本的に正比例します。とくに会計学をふくめ社会科学の研究ではこのことが言えるでしょう。社会現象の中からより良い社会生活を営む方法を考えていくわけですから、そうした研究に時間がかかるのは当然なのです」

この07年3月、青山会計プロフェッション研究科はその第1期生約80人を世に送り出す。その過半は公認会計士をめざす人たちだ。弁護士と相並ぶ最難関国家資格を目指そうという有意な現役高校生のためにもアドバイスを頂いておこう。

「公認会計士試験は5月末と6月に短答式試験4科目の試験が行なわれ、それに合格した人が8月の論文試験に挑むというスケジュールで毎年実施されます。このうち会計の専門職大学院を修了していますと短答式試験4科目のうち会計3科目が免除になって、企業法1科目を受験すれば良いことになっています。これはこうした大学院で学ぶ大きなメリットですね」

そして最後に八田先生自身の研究にかける想いについて次のように語ってくれた。

「日々刻々と変化していく現代社会を相手にする研究というのは狭い大学の中だけで行なわれるものではありません。常日ごろから持てる資料をいつでも使えるようにしておくこと、そして好奇心と根気を継続させることが重要かつ必要となります。わたし自身の研究についていえば、実社会の経済活動と学問研究の懸け橋になることをさらに進めていきたいですね」

こんな生徒に来てほしい

興味のあるものに対して心の底から熱中できる人ですね。それは学問以外の趣味であってもスポーツであってもいい。それをやり遂げる精神力、それがともかくも大切となります。それでも成功に至らず途中で挫折することもあるでしょう。しかし、そこまで全力でやった結果であれば自身で納得もいくでしょうし爽やかさも残るはずです。

公開日:

※掲載されている教授の所属・役職などは取材当時のものであり、現時点の情報とは異なっている場合があります。