早稲田塾
GOOD PROFESSOR

学習院大学
理学部 化学科

秋山 隆彦 教授

あきやま・たかひこ
1958年岡山県倉敷市生まれ。’80年東京大学理学部化学科卒。’85年東京大学大学院理学系研究科化学専門課程博士課程修了(理学博士)。’85年塩野義製薬㈱研究所に勤務。’88年愛媛大学工学部助手。’92年米Stanford大学博士研究員。’94年学習院大学理学部化学科助教授。’97年より現職。
秋山先生が主宰する「秋山研究室」のURLアドレスはコチラ → http://www-cc.gakushuin.ac.jp/~940020/akiyama_site/

  • mixiチェック

重要なのは研究のオリジナリティー

30分ほどで化学物質の成分を解析しチャート形式で表していく

この新触媒は、形は鏡に映したように同じだが、構造は左右対称という2つの分子を切り離す役割を果たす。ちょうど鏡を境に、右手と左手がくっついた分子をきれいに2つに分けると考えてもらえばよい。化学物質の中には、たとえば右の分子は薬として効果があるのに、左の分子が薬害を生んでしまうというものがある。この化学物質を実用化するためには、両方の分子を切り離したいが、構造が似ているのでなかなか難しい。このとき、秋山先生の発見した新触媒が活躍するのだ。

さらに、秋山先生が開発した触媒は、有機触媒という大きな特徴を持っていた。これまで「右手」と「左手」を引き離す触媒の多くは金属触媒だった。たとえばノーベル化学賞を受賞した野依良治氏も金属触媒を使って片手だけを切り離す方法を開発している。ただ金属触媒の場合、希少な金属が材料である場合が多いこと、製品から金属を取り除く必要があるという2つの問題を抱えていた。

希少金属を求める国々が増大し、国際的に価格が高騰していることはここ数年大きなニュースになっている。製品化する化学物質をつくる課程で活躍する触媒なのに、値段が高すぎては使いにくい。また金属が身体に吸収されると悪い影響を及ぼす可能性が高い。そのため薬品や化粧品などの場合は、ギリギリまで分子を抜き出さなければならないことにも多くのメーカーが頭を抱えていた。こうした2つの大問題を同時に解決したのが、有機化合物からつくった有機触媒だったのである。

「2000年あたりから有機触媒に研究者が注目し始めました。ですが、私ははじめから有機触媒を作ろうとしたわけではありません。見つけたものがたまたま有機触媒だっただけです。恩師から私は、オリジナルな研究をするよう教わりました。それこそが研究者としてのプライドです。いま流行っているから研究するのは人の後追いをすることになってしまいますから」

流行っている研究テーマに飛びつけば研究成果は得やすくなる。さまざまな研究者が明らかにする新情報を自身の研究にどんどん活用できるからだ。しかも注目を浴びやすいために、研究費が付きやすくなったりもする。それでも秋山先生は「オリジナルな研究」を追求し続ける。

「有機合成化学は、実際にモノを創造していくクリエイティブ系の学問なのです。だから面白いんですよ」

化学という学問は、創造性という意味で芸術の世界と同じ土俵に立っているといえよう。また化学は、年齢や実績などに関係なく実験の成果で評価される世界でもある。

「私どもの大学では4年次から研究室に所属し、1年間実験を重ねて卒論にまとめます。そしてかなり数の学生が3月に開催される日本化学会で研究成果を発表しています。’08年は4人の卒業生のうち2人が発表しました。もちろん卒業研究が世界的に注目される可能性もあるわけです」

つねに創造性が問われ、年齢より実績が重視される。そして世界に窓が開かれている。こうした条件を並べると、多くの学生が望むものが化学の世界にそろっていることが分かるだろう。

深刻な地球環境問題にも貢献できる化学

「反応が終わったものから大切な物質を取り出しているところです」と研究室の学生が説明してくれた

さらに、「ちょっと宣伝ぽくなりますが」と先生が笑いながら教えてくれたところによれば、近年大きな注目を集めている環境問題でも化学は大いに貢献できるという。

「化学において最も効率のいい形は、A+BがCになることです。AとBが完全に合体してCが生まれたということですから。でも多くの場合Cをつくりたいと思っても、DやEがいっしょに出来てしまいます。こうなるとDやEはゴミになってしまいます。もちろんAやBの原料にもロスが出てしまいます。こうした廃棄物や原料の無駄を極力なくしていく研究も進んでいるのです」

プラスチックの環境問題などというと、流通・消費され使い終わったプラスチック製品の回収や再加工が頭に浮かぶが、そもそもプラスチックを生産するときに余分なゴミが出ないようにすることも重要だろう。こうした諸問題に正面から取り組めるのも化学という学問の特徴といえよう。

このように化学研究は面白さにあふれている。ただし研究者にとって楽なことばかりではないらしい。

「まず研究室に所属したらその実験生活に慣れる必要がありますね。月曜日から土曜日まで毎日のように研究室に来て、遅いときには夜の10時・11時まで研究に没頭する。そうした生活に体が慣れないと駄目みたいですね(笑)」

そこまでやっても研究室に所属してから1年間で学会発表にまでこぎ着けるのは並大抵なことではない。だが、実験をどんどん積み重ねていけば新しい発見にたどり着ける可能性は大いにある。

「とくに大切なのは当初の予想と違う実験結果が出たときでしょう。まったく新しい物質が生まれてしまったときに『意味がわからないよー』と放ってしまう学生もいれば、『これは何だろう』と実験結果をあらためて検証する学生もいます。そうした違いが大きな発見につながっていくのです。わたしが発見した新触媒も予想と違う実験結果から生まれたものでしたから」

実験の「失敗」からも学びつつ、真剣に観察を続けコツコツとまじめに実験を繰り返していく。こうした積み重ねによって新発見が手繰り寄せられていく。

「どれだけ化学に集中できるのか? どれだけ積極的にアプローチできるのか? やはり、こうしたことが大切だと常日頃から思っています」

化学にかける姿勢の重要性について先生から教えられて思い出されるのは、一流のクリエイターたちの活動だ。芸術作品に対する熱い想いと真摯な姿勢こそが傑作を生みだす。このようなところも化学と芸術とは似ているように感じた。

こんな生徒に来てほしい

世界と肩を並べて研究をしてみたい。新しい発見をしてみたい。そういう学生にぜひ来てもらいたいですね。「あれっ」といった予想外な実験結果に直面したときにも、その未知の成分を突き止めて何故そうした成分ができたのかを研究していく。そんな積極的な姿勢で研究に挑んでもらいたいと思います。

公開日:

※掲載されている教授の所属・役職などは取材当時のものであり、現時点の情報とは異なっている場合があります。