早稲田塾
GOOD PROFESSOR

駒澤大学
経済学部

百田 義治 教授(学部長)

ひゃくた・よしはる
1949年大阪府生まれ。’78年同志社大学大学院商学研究科博士課程単位取得退学。’81年駒澤大学経済学部専任講師。’85年同助教授。’91年同教授および大学院商学研究科教授。’03年同大学院商学研究科委員長(’06年まで)。’09年同学部長(現在に至る)。この間’88年米コーネル大学労使関係学部客員教授。’89年米ディーク大学歴史学部客員研究員。
主な著作に『企業社会責任の研究』(共編著)『経営学基礎』(編著・前著ともに中央経済社)『経営組織の論理と変革』(共編著・ミネルヴァ書房)などがある。
「百田研究室」のURLアドレスはコチラ↓
http://www.komazawa-u.ac.jp/~hyakuta/index.html

  • mixiチェック

企業の社会的責任(CSR」に基づく企業経営学

百田研究室の入る「第2研究館」
駒澤キャンパス点描

今週ご登場ねがうのは駒澤大学経済学部長でもある百田義治教授だ。
まずは、経済学科と商学科、現代応用経済学科の3学科体制で構成される駒澤大学駒澤大学経済学部各学科の特徴から伺おう。

「経済学科の特徴は、アメリカやロシア東欧・EU・アジア・中国など、各国・地域別の経済研究の専門スタッフが充実しているところですね。また商学科では、専門学校とタイアップした『会計プロフェッショナルクラス』が設けられ、公認会計士や税理士をめざす学生にとって、大学に居ながらにしてダブルスクールの状態で学べます。さらに現代応用経済学科では、グローバルに活躍ができるビジネス・パースンと、NPOやソーシャル・ビジネスなどコミュニティー経済の世界で活躍できる人材、その双方の人材育成をめざしています」

すでに現役学生の公認会計士試験合格者など大きな成果も出ているという。
さらに百田先生の話は経済学部全体の特徴に移る。

「学部の専門ゼミは2年次から始まり、学科の枠を越えて自分の関心のあるゼミを自由に取ることができます。3学科からなるスケール・メリットを生かしながら、幅広い視点で選択できます」
「また昨年度から導入した制度に『入学準備教育』があります。これは合格の決まった生徒に、入学前に国語や数学・政経・英語など大学での理解に必要な知識を獲得してもらい、いきなり大学の講義でつまずくことがないようにという配慮からです」

この制度は百田先生が学部長になってから始められたもので、学生指導に懸ける気迫も伝わってくる。
初年度は推薦入学者だけが対象であったが、今年度からは全入学者を対象にしたいという。
まさに駒澤大学経済学部は親身の学生指導に本気なのである。

新ISO規準により企業経営は大変化を求められる

駒澤キャンパス点描

教授としての百田先生は現代応用経済学科に所属する。
その専門は「企業経営学」だ。

「これまでアメリカにおける経営学の発展について研究してきました。最近は『企業の社会的責任(CSR)』(Corporate Social Responsibility)の視点から、経営学の発展を再検討しています。CSRとは、企業はただ利益の追求をするだけでなく、環境・労働・人権など社会的な問題にも責任を負うべきだという考え方ですね」

企業はCSRのどのような取り組みをしているのか? あるいは取り組むべきなのか――近年はこうしたテーマについて研究しているという。
今後、企業CSRの取り組みについてはISO(国際標準化機構)のガイドラインがひとつの指標になってくる。

「昨年11月には新たに『ISO2600』が策定され発表されました。これは企業を含むあらゆる組織がめざすべき環境および労働・人権問題についてのガイドラインです。ここでいう労働・人権問題とは、たとえば世界的に拡大している格差や貧困の問題も含まれます。企業や組織が準拠すべき新たな規準が示されたわけです」

格差拡大の弊害はこの国にとっても例外ではない。
非正規労働者が全労働者の3分の1を占めるまでになり、「派遣切り」の横行など社会的不安要素が増えたともいわれる。
残念ながら、こうした問題にまで踏み込んでCSRに取り組むニッポン大手企業はまだ多くない。

「働く人々が人間らしさを失わない雇用形態、あるいは人間らしい仕事とは何か? 地球規模の環境問題ばかりでなく、これからは身近な諸問題についても企業と社会のあり方を探る視点から研究していきたいと思っています」

ISO2600に沿ったCSRの普及をさらに進めていきたいとも語る。
21世紀初頭のニッポン企業社会をめぐる新たな研究課題に向けて、大いに意欲を示す百田先生である。

一生モノの専門性と親友をつくる場としての百田ゼミ

禅文化歴史博物館「耕雲館」

さきにも述べたように駒澤大学経済学部の専門ゼミ演習は2年次から始まる。
百田先生のゼミでは毎年20人ほどのゼミ生を受け入れている。

その選抜方法は先輩ゼミ生による面接だという。
ゼミ生たちに寄せる信頼の厚さがうかがえる。
ゼミの主要な研究テーマは『企業倫理』と『企業の社会的責任(CSR)』である。

「2年次ゼミ生は経営学の基礎についてテキストで学び、それに並行して、各企業が公表しているCSR報告書の読み方なども学んでいきます。3年次はゼミ生たちが決めたテーマに沿った自主研究になります。ゼミでの研究は自主性が大切だというのが基本方針です」
「09年度にはCSRに基づいた企業格付けを試みたグループもありました。これなどもゼミ生たちが自主的に取り組んだ研究でしたが、なかなか良い成果になったと思います」

4年次は卒業論文の執筆(卒業研究)になるが、駒澤大学経済学部としては必修ではない。
ただし百田先生としては、4年間大学で学んだ記念としてぜひ卒論(あるいは卒研)の形で残していってほしいとも語る。
あらためてゼミ指導については次のように話してくれた。

「よくゼミ生に言っているのですが、なによりオンリー・ワンを目指しなさいということですね。つまり他の人にはない自分だけのものを習得して、広く社会に通用する人間に育ってほしいと思います」
「さらにゼミ活動を通して、生涯の付き合いができる親友をつくってほしいですね。社会に出てからも友人はできますが、それは同時にライバルの関係にもなりがちです。ぜひゼミ仲間との親交を深めてほしいと思いますね」

ゼミという場は専門性を身に付けると同時に、コミュニケーション能力を養う場でもあるということのようだ。
インタビューの最後に経済学部長の顔に戻った百田先生は次のようにも語るのだった。

「2010年度から文部科学省が始めた『就業力支援事業GP(Good Practice)』に駒澤大学は選定されています。これは社会に通用する学生教育を国として支援する制度で、経済学部としても社会に果敢にチャレンジするような学生の育成を目指していきます」

ちなみに、全学の学生が入学から卒業まで都心の一等地・駒沢のワンキャンパスで学ぶことが出来るのが駒澤大学の一大特徴でもある。
そのメリットの大きさについても現役高校生にぜひ伝えたい――そう最後に付け加える百田先生でもあった。

こんな生徒に来てほしい

夢をもった学生に来てもらい、大学4年間でその夢を実現していってほしいと思います。
若き日の夢が変わってしまうことがあっても構いません。
ただ常に夢をもって生きていくことは忘れないでほしい。
駒澤大学経済学部には夢の実現をサポートする体制・環境がそろっています。
ここで達成感を一度味わい、さらなる上のステップの夢を目指していってほしいですね。

公開日:

※掲載されている教授の所属・役職などは取材当時のものであり、現時点の情報とは異なっている場合があります。