早稲田塾
GOOD PROFESSOR

東海大学
工学部 生命化学科

中田 宗宏 教授

なかた・むねひろ
1959年和歌山県生まれ。’84年埼玉大学大学院理学研究科修士課程修了。’88年東京大学大学院医学系研究科第二基礎医学博士課程単位取得満期退学。’93年藤田保健衛生大学医科学研究所研究員。’94年東海大学工学部工業化学科講師。’97年同助教授。’01年学部改組により工学部生命化学科助教授。’07年より現職。
学術英文雑誌『BioSeience Trends』『Drug Discoveries & Therapeutics』(ともに隔月刊)の編集も担当する。
「中田研究室」のURLアドレスはコチラ↓
http://www.el.u-tokai.ac.jp/nakata/index.html

  • mixiチェック

生命のなぞに迫る「糖鎖」生化学

中田研究室が入る「E館」
湘南キャンパス北門

今週ご紹介する一生モノのプロフェッサーは、東海大学工学部生命化学科の中田宗宏教授である。まずは、在籍する生命化学科の特徴から伺おう。

「この学科では、私たちヒトの身体内部にあるタンパク質や糖・遺伝子などが変化していく様子を化学的に理解しようという研究をしています。学科の理念として『生命現象を《化学のことば》で理解し、産業や医療分野で国際的に活躍する技術者・研究者を育てる』と掲げていますが、まさにその理念どおりの教育指導がおこなわれています」

この生命化学科カリキュラムでは実験の重視もうたわれている。その理由について中田先生はこう語ってくれた。

「こうした分野の研究は、座学で覚えるだけでは十分ではありません。手を動かして自ら実験ができるようになることが重要で、それができてはじめて生命現象を化学的に考えることが始まるわけですからね」

中田先生は、高校時代まで歴史研究が大好きで、関西在住ということもあって古墳探索などに熱中していた文系少年であった。そんな先生の人生を劇的に変えたのが1冊の本だったという。

「高校の友人から『生命を探検する』という分子生物学の入門書を薦められて読んだのですが、小さな生命体内における分子の営みの素晴らしさに圧倒されました。とくにDNAの二重らせん構造や月面着陸船のような形のウイルスの美しさが印象的で、そこから一気に理学医学系の道への方向転換を図ることになります」

その後、大学の学部や大学院修士課程へと進学して理学を修めていった中田先生。だが、大学院博士課程では医学を学ぶことになり、さらにその「ポスドク」時代にライフワークともいえる研究素材である「糖鎖」に出会うことになる。

「自らを変えるキッカケは他人によって与えられ、自分はまわりの人によって支えられている――これは今やわたしの持論にもなっています」

漢方薬の有効な薬学成分解明にも着手

東海大学湘南キャンパス点描
色づいたキャンパス並木群

そんな中田先生の研究テーマの「糖鎖」(sugar chain)とは一体どんなものか? まずは高校生にも分かりやすく説明していただこう。

「ヒトの生体内にある単糖が鎖状につながった一群の化合物を糖鎖といいます。これには一定のつながり方があります。しかし病気になると、その鎖が変につながったり長くなったり短くなったりする場合があるのです」

糖鎖のほんのわずかな変化・異常が病気と関係することがあり、それを見極めるのは非常に難しいとされる。そのひとつの確実な判定方法が、中田先生らによる病態生化学研究によって明らかにされた。

「自己免疫疾患(Autoimmune disease)という病気があります。体内の免疫系が自らの正常な細胞や組織を攻撃することで起こる疾患です。その代表的なのが関節リウマチですが、その診断法が見つかっています。具体的には、ほかの生物の体内にあるタンパク質を試薬のように使用して、変形した糖鎖を見分けるという方法です」

また、ヒトの老化の過程でも糖鎖が変形しているという。中田先生の現在の研究テーマの中心は、やはり老化との関係から「ウェルナー症候群」(Werner Syndrome)の病態生化学研究へとシフトしているそうだ。

「これは『早老病』ともいわれ、思春期の若者などに老化の現象があらわれる病気です。とくに日本人に多く見つかっていて、その糖鎖を調べてみると高齢者の糖鎖によく似た化学構造を示すことが分かってきました。いまはそうしたデータをくまなく集めているところです」

これもはっきりと証明されれば世界的な発見となる。さらに漢方薬の薬学的構造についても、西洋医学の観点から調査して有効な成分を体系化していく研究に、中田先生は着手しているという。

「どうにも気になったら何でもいろんなことに手を出さずにいられないタイプなんですよ(笑い)」

一人前の生物化学研究者になるには

E館の前に広がる陸上競技場
実験作業を見守る中田先生

東海大学生命化学科の学部生の研究室配属は、4年次の1年間だけではなく、希望すれば3年次からの2年間も可能となる。

中田研究室では4年次の学部生は例年10人前後、3年次は年度によって幅があって1~4人程度が配属になるという。なお4年次からの配属は当然ながら希望者が多く、成績順による選抜となるそうだ。

「研究室に配属になった学生はそこで卒業研究をすることになります。わたしの研究室では、(1)糖鎖研究(2)漢方薬研究(3)体内物質の変化についての生化学研究――の3つのカテゴリーから各学生が希望するものを選んでもらいます。その大枠が決まったところで、わたしと個人面談をして具体的な研究テーマを絞っていきます」

研究テーマの決定にあたっては、学生それぞれの希望に添うようにできるだけ配慮しているとも語る中田先生。その研究室では卒業研究に併行して、週1回全員参加のゼミ演習も開かれ、各研究の進捗状況の報告や意見交換がなされていく。
あらためて学生・研究生たちへの指導方針については次のように語ってくれた。

「基本的には放任主義ですね。困ったことや問題が起きたときに相談に来なさいというスタンスです。わたし自身がいろんなことに手を出すタイプですから、それを一緒にやることで学生たちが育ってくれたらとも思っています。最終的には、何を覚えて何ができるようになったら生化学研究者として一人前なのか――そうしたことを自ら考えられる人になってほしいですね」

インタビューの最後、東海大生全体の印象について中田先生はこうも話してくれた。

「みんな性格的にすごく素直です。さらに様々なことに興味をもってくれる学生が多いのも良いですね」

こんな生徒に来てほしい

何事にも興味のもてる人ですね。そういう学生が来てくれたら、うまく育ててあげられる自信は私なりにあります。そのためにも、大学に入ったら自分で考え自ら行動していく姿勢を身に付けてもらいたいですね。生命現象というのはとても美しいものです。そのすばらしさの一端をいっしょに発見して感動しましょう。

公開日:

※掲載されている教授の所属・役職などは取材当時のものであり、現時点の情報とは異なっている場合があります。