{literal} {/literal}
GOOD PROFESSOR

日本大学
理工学部 土木工学科

安田 陽一 教授

やすだ・よういち

’88年日本大学大学院理工学研究科博士前期課程修了(土木工学専攻)。’93年博士(工学日本大学)。’94年日本大学理工学部土木学科専任講師。’00年同助教授。’06年より現職。「日本大学理工学部学術賞」(’01年)「アメリカ土木学会(ASCE)水理学論文最高賞」(’00年)「同学会水理学討議論文最高賞」(’05年、’13年)「同学会論文査読優秀審査賞」(’12年)。

主な著作に『水理学』(理工図書)『写真で見る自然環境再生』(前著ともに共著・オーム社)『技術者のための魚道ガイドライン』(コロナ社)などがある。

安田教授が主宰する「環境水理研究室」のURLアドレスはコチラ↓
http://www.civil.cst.nihon-u.ac.jp/~masayuki/index_bottom.html

  • mixiチェック
安田研究室が入る「4号館」
日大駿河台校舎の理工学部建物群

生き物たちの視点からの「水工水理学」

今年5月のこと、日本大学理工学部土木工学科の安田陽一教授は、アメリカ土木学会(ASCE)から「水理学討議論文最高賞」(The J. C. Steavense Award)を授与された。同賞受賞は05年に次ぐ2度目で、2度の受賞というのは安田教授が世界でも初めてである。

安田教授のご専門は「水工水理学」。数々の世界的受賞でもわかるように、水工水理学における世界的権威の地歩を築いている。

「河川の水の流れについて、そこに生息する生き物の視点に立って、その生態系保全のために物理環境はどうあるべきか? こうしたことを研究し、具体的な案として提示しています」

そう語る安田教授。かつての河川改修というと、防災のための治水や利水を目的にして、人間の側の立場から進められてきたものが大半であった。しかし今や環境問題も含めて複合的に取り組む必要があると説く。

「河川にダムや堰など横断構築物をつくるとき、その河川の連続性をどう保っていくかが重要になります。つまり、河川には多くの生き物が生息して、溯上・降河しているからです。それらには泳いで移動する魚たちもいますし、エビやカニなど甲殻類は川底につめを引っ掛けて移動します。またハゼやウナギなど底生魚類は底を這って移動しています。それぞれの溯上・降河に合った魚道を設計整備しておかなくてはなりません」

さらに河川に構築物がつくられると、その周辺の流れは複雑になって「局所流」(local flow)が生まれる。これも安田教授の主要な研究テーマになっている。

「河川に構築物をつくることでどんな『局所流』が生まれるのか? それを予測するのは大変にむずかしい。流れが複雑になって、気泡も発生します。我々としては水理実験を繰り返して実証解明に迫りながら、すでに構築されたもので起きている局所流のデータを解析し、それらを合わせて新しい構築物による局所流の予測をするようにしています」

今回、アメリカ土木学会で評価されたのもこの局所流についての研究であった。

「アユは河川を溯上・降河する代表的な魚ですが、一定程度の水流がないと溯上できません。つまり、流れが緩やかだったり淀んだりすると、そこに安住してしまうのです。もちろん水流が強すぎても溯上できません。そうしたことを魚種ごとに考慮して、それぞれ局所流の流れを制御していかなければならないのです」

日大駿河台校舎の理工学部建物群
日大駿河台キャンパス内の休憩所

自然環境を考慮した複合的な河川構築物事業へ

これまで安田教授がかかわった河川の構築物事業は国内だけでも200事業以上に及ぶ。こうした河川環境とその改善保全に懸ける思いはますます熱い。安田教授が日本大学で在籍しているのは理工学部土木工学科である。次いで同学科について聞いていこう。

「本学科は90年以上の歴史と伝統があります。水理学と構造力学・地盤力学の『主要三力』の理論を中心に学んだうえで、さらに工学を身につけるためには実践的教育が重要であるという観点から、専門基礎から応用に至るまで時間をかけて指導しています」

日本大土木工学科は (1)テクニカルデザイン(2)プランニング・マネジメント(3)環境システム――の3コースから構成される。安田教授が指導するのは『テクニカルデザインコース』だ。

「コース導入は3年次からで、より実践的なトレーニングをするためのコース制です。『テクニカルデザインコース』における私の指導方針は、豊かな水環境をつくりだすために、周辺環境の問題も含め複合的・多面的な視点によるデザインを身につけて欲しいということに尽きます」

なお土木工学科の卒業生はとても評判がよく、就職氷河期といわれて久しい時代にあっても、就職率はずっと好調を維持しているそうだ。

日大駿河台校舎近くの「ニコライ堂」
駿河台校舎の最寄り駅はJR御茶ノ水駅

「現象を見る目」が身につく一生モノの研究室

日本大学土木工学科の学部生の研究室配属は3年次からである。ただ3年次のあいだは研究室で開かれるゼミ演習への参加が原則で、正式配属は4年次の春からになる。

そんななかで安田教授の研究室に配属になる学部生は例年10人前後。興味深い研究内容の数々だけにその希望する学生は多いだろうと思ったら、実際にはそれほどでもないという。

というのも、安田教授の研究室では毎週1回のゼミのほか、年間10回ほどの現地調査と水理実験への参加が求められることがある。その研究作業のあまりのハードさが土木工学科中に半ば伝説的に伝わっているのが原因らしい。

「その意味で配属を希望してくれる10人前後のメンバーは、本気で学ぼうという姿勢の学生さんばかりなんですね。それだけに私のほうも指導しやすいですよ」

また先生の研究室の特色として、たとえ正式配属前の3年次の学部生でも、その研究がまとまれば学術研究発表会等で発表の機会が与えられることがある。

「3年次の学生さんには、ゼミはもちろん現地調査や水理実験などにも参加を認めていますから、研究さえまとまれば研究発表をしてもらいます。ちなみに昨年度の発表は6人で、そのうち4人は本年度中に日本土木学会でも発表することになっています」

学部生の身分のうちに学会で研究発表できるというのは一生モノの経験ともなり、その後の大きな励みにもなろう。また卒業研究のテーマについては、メンバー全員で研究室の全研究テーマに参加し、その中からそれぞれ自らに合ったテーマを決めていくことになるという。あらためて研究生たちへの指導方針について語ってもらった。

「現場あるいは実験の場において現象を正しく見ることができると、自然に創造力が湧いてくるようになります。ただし、創造的なアイデアを他の人に正確に伝えるためには基礎知識が必要になってきます。こうして基本に立ち返って常に考えていく習慣を身につけてもらいたいことと、現象を正しく見る目を養っておかなければならないこと、この2点の指導に尽きることになるわけです」

こんな学生に来てほしい

いろんなことに興味をもって取り組んでみたい人に来てほしいですね。知識をたくさん得ようとするよりも、まずは興味をもつことが大事になります。さらには、素直な気持ちで話したり聞いたりができる人がいいですね。そうした気持ちさえあれば、相手も真剣になってくれますし、そういう人こそが伸びる人だと思いますよ。

公開日:

※掲載されている教授の所属・役職などは取材当時のものであり、現時点の情報とは異なっている場合があります。