{literal} {/literal}
GOOD PROFESSOR

東京医療保健大学
医療保健学部 医療栄養学科

小西 敏郎 教授(副学長・栄養学科長)

こにし・としろう
1947年石川県生まれ。72年東京大学医学部医学科卒。73年癌研究会附属病院外科研修医。75年東京大学医学部第二外科入局。81年東京都立駒込病院外科。85年東京大学医学部第二外科講師。96年同助教授。96年公立昭和病院外科主任医長。98年関東逓信病院(現NTT東日本関東病院)外科部長。02年同副院長兼任。13年より現職。この間90年米ハーバード大学外科教室留学。94年中国上海医科大学客座教授併任(3年間)。医学博士。日本環境感染学会理事長。NPO法人キャンサー・ネット・ジャパン代表理事。SSIサーベイランス研究会代表世話人など役職多数。 

主な著作に『消化器疾患ビジュアルブック』(共編・学研メディカル秀潤社)『電子カルテで変わる日本の医療』(共同監修・インターメディカ)『外科クリニカルパスの実際』(共編・金原出版)などがある。 

  • mixiチェック
小西研究室のある世田谷キャンパス「別館」
東京医療保健大学「本館」

がん治療第一人者が取り組む栄養士教育

――今週紹介する一生モノのプロフェッサーは、早稲田塾スーパーワークショップで講師を担当され、塾生にもおなじみの東京医療保健大学医療保健学部医療栄養学科の小西敏郎教授である。小西教授は前職の外科医時代、胃がんや食道がんなど消化器系がん治療のエキスパートとして知られ、2500件以上の執刀実績を誇る。ご自身が胃がんと前立腺がんに罹病したときには、手術の翌日・翌々日から外来診療を続けながら完治させたというエピソードも。そんなエネルギッシュな小西教授は、教授職と同時に、副学長と学科長をも兼任している。まずは東京医療保健大学および医療栄養学科のことからお聞きした。

2005年に開設された新しい大学で、臨床の現場に強い看護師や管理栄養士・診療情報管理士・医療情報技師などの医療関係の人材養成を目的にしています。学びの理念は『自考自調』、つまり自ら考えて自ら調べることを掲げています。さらに『生命・いのち』『思いやり』『人の絆』『愛』のある医療人育成を目標にした大学です」

――同大学が養成している広い領域の医療スタッフの分野は、まだまだ人員が不足する状況にある。その就職率も大学ランキング第3位(雑誌『AERA』10年調べ)とすこぶる好調で、その実績から年々入学志望者が増えているという。この大学の一番の特徴は医療栄養学科の存在で、医療栄養の名称を冠した栄養学科としてはパイオニアだ。

病院での手術前・手術後の病院食の栄養管理、あるいは各種施設(保健センター・学校など)や企業(給食会社・食品会社など)を含めた病気予防のための栄養管理などで、管理栄養士の役割が重要になっています。本学科はその管理栄養士や栄養教諭の人材育成をめざしています。

――管理栄養士の国家試験の受験資格は、同大学を卒業すると取得でき、合格率は高い。これが就職への有望なスキルにもなっている。

いまの医療現場は、関係するスタッフが対等の立場で話し合って治療方針を決めるチーム医療が主流になっています。そのなかで管理栄養士はNST(栄養サポートチーム、Nutrition Support Team)の主力スタッフとして活躍する場が与えられます。そのため在学中の4年間で(1)食事や栄養に関する知識・実技(2)医療に関する知識(3)疾病の基本(4)病態理解(5)患者の身体機能(6)消化吸収(7)解剖学(8)経腸・経静脈栄養――などの全てを学ぶことになります。

――これらをきちんと学ぶことで日々進化している栄養管理に対応できる管理栄養士に育つのだという。

東京医療保健大世田谷キャンパス点描
東京医療保健大世田谷キャンパス点描

オンリーワンの管理栄養士を育て上げたい

――現役教授として医療栄養学科の教壇にも立つ小西教授は、「がんと栄養」「周術期の栄養管理」「食事と予防医学」について指導している。これについて聞くと意外な答えが返ってきた。

ずっと医療の現場にいましたから、わたし自身が栄養についてこれからじっくり学んでゆきます。しかも教壇に立ったのが13年の春からで、まだ1年になりません。ですから教える前にわたし自身が懸命に学んでいる状態です。ともに学びながら栄養については、患者の不足を補う栄養管理ではなく、予防医学や健康維持の面から病気にならずに長生きをするためという観点で学問として確立したいと考えています。

――元医師の目を通した新しい栄養学の確立をめざす小西教授。斬新な栄養学誕生に大きな期待が集まる。さらに栄養学と同時に指導している医療分野については次のように語る。

医療に関しては長年の経験がありますから、こちらは40年前に医学生として学んだことを思い出しつつ、それに医師として経験した新しい知識や最先端の技術も交えて指導しています。医療については臨床現場での実感として伝えられているだろうと思っています。

――いま小西教授の指導を受けているのは、管理栄養士をめざす学生たちである。
あらためて学生たちへの指導方針について次のように語ってくれた。

かつての医療現場は医師がひとりで治療の方針を決め、スタッフはその指示に従っていればよかった。しかし、いまの医療の現場はチーム医療が主流になり、スタッフの役割分担もはっきりして、各自の責任も大きくなっています。しかしチーム医療ならすべて素晴らしいかといえば、これにもマイナス面はあります。スタッフ全員がそれぞれ責任をもたない傍観者になってしまうと、「誰かがやってくれるだろう」という考えに陥り、チームとしての機能が失われがちとなるのです。

そうならないためにも、それぞれ医療スタッフは自らの担当分野を責任もって遂行しなければなりません。管理栄養士でいえば、自分しかできない技能や考えをもって仕事にあたることが望ましい。医療のこと栄養のことに精通したオンリーワンの精神ですね。そんな管理栄養士を育てたいと思っています。

――管理栄養士をめざす学生は圧倒的に女性が多く、男子学生は1割ほどだそうだ。その男子学生たちには、男性ならではの発想をする管理栄養士に育ってほしいと小西先生は期待を寄せる。先生の話はさらに続く。

これまで医師として若いレジデント(研修医)を育ててきましたが、「わたしのやる通りにやれ」などといっても、いまの若者には通用しなくなりました。なぜそうするのか、その理由から説いてやり、彼ら自身を納得させたうえで、「改めなさい」「勉強しなさい」「努力しなさい」などと指導しないといけない。それは、本学の学生たちも同じですね。

――なお小西教授は副学長と学科長の要職にあり、いわゆるゼミは担当していない。
最後にこんな話もしてくれた。

医療の現場は患者さんの命を預かっていますから、目の前のことをきちんと処置実行するだけでも大変です。ただし大変だからといって同じことを繰り返していては、そこには進歩がありません。むしろ、それでは後退・退歩になってしまいます。きちんと処置したうえで、新しいことにチャレンジする――そこにこそ進歩が生まれるのです。

こんな学生に来てほしい

とにかく新しいことにチャレンジできる人ですね。医療の分野は忍耐と努力だけではダメなんです。変革にチャレンジできる人、そういう人に来てほしい。他人と過去は変えられないが、自分と未来は変えられる――その手助けならわたしにも出来ます。

公開日:

※掲載されている教授の所属・役職などは取材当時のものであり、現時点の情報とは異なっている場合があります。