早稲田塾
GOOD PROFESSOR

「起業・経営に関連する仕事」に関する教授インタビュー一覧

中央大学
商学部

三浦 俊彦 教授

マーケティング研究は自分発見の場

中央大学には、「経済学部」と並んで「商学部」がある。この二つの学部は何が違うのか? まずその違いから、商学部で教鞭を執っている三浦俊彦教授に話してもらった。  

「経済学部というのは、経済のマクロ的な動きや世界経済・日本経済の流れなどを研究対象にしています。それに対して、商学部は実際の企業…

法政大学
キャリアデザイン学部

川喜多 喬 教授

~最低でも毎週1社調査する。週に1度は知らない人に会う。

こんな目標を25年以上続けてきた人がいる。そう、今回紹介する川喜多喬先生である。

「私の研究は、経営社会学なのです。つまり、経営を社会学の方法で捉えようとしています。だから調査は欠かせません。"調査なくして理論なし"ですよ。これまで1500社以上の会社を調査しましたから」  

先生は、中小…

東京理科大学
経営学部

濟藤 友明 教授

21世紀に求められるのは文理両刀の経営者

東京理科大学は1881年に建学された、日本最古の理工系私大である。その120年以上の伝統校に経営学部が開設されたのは、いまから9年前。理工系大学で経営学部があるのは、全国でも唯一東京理科大だけだそうだ。

なぜ経営学部なのか。同学部の立ち上げから関わってきたという濟藤友明教授に、そのあたりから伺っ…

中央大学
専門職大学院国際会計研究科

小坂 恕 教授

「難しい」を面白くする「マンガ」の授業

当然のことながら、学問に対する印象は、教える人物によって面白いものにも、つまらないものにもなる。 中央大学専門職大学院国際会計研究科・小坂恕先生の「マーケティング論」には、マーケティングのことを知らなくても、興味がなくても引き込まれてしまう魔力がある。

というのも、先生には、つい2年前まで一…

立教大学
経済学部 経営学科・大学院ビジネスデザイン研究科

亀川 雅人 教授

未来のビル・ゲイツ氏を育てたい

いま日本の企業で有名な社長と言えば誰だろうか? 日本経済が低迷するなかにあって、日本企業の社長の影は薄い。そのようななかで昨年脚光を浴びたのは、日産自動車のカルロス・ゴーン社長である。ゴーン氏のように、海外からCEOを招かなければならない理由は何か。

高校生の皆さんでも、新聞やニュースで「…

神奈川大学
経済学部

中田 信哉 教授

「なぜユニクロが売れるのか?」生きた経済学を説く超人気教授の秘密?

立ち見まで出るほどの人気講義が、神奈川大学にはある。中田信哉先生の「商業学」だ。どうして、そんなに人気があるのだろう?

「学生が興味を持つのは、有名企業の社長や有名人の話ですよ。だから講義でも話します。ただ、『あの人は僕の横で鼻くそをほじっていたよ』なんて話すのは僕ぐらいだろうな」と、先生…