早稲田塾
GOOD PROFESSOR

「その他」に関する教授インタビュー一覧

早稲田大学
国際教養学部

飯野 公一 教授

世界と社会を見透かす社会言語学とは

早稲田大学国際教養学部は2004年開設の新しい学部だ。したがってまだ卒業生すら出していないが、従来あまり見られないユニークな教育課程と授業の厳しさでもとみに知られる。学部開設時から教授を務める飯野公一先生にその特徴から話してもらおう。

「まず、講義やゼミ形式でのディスカッションのほとんどが…

東京農工大学
農学部 共生科学技術研究院生命農学部門

普後 一 教授

カイコサナギなど昆虫の有効利用研究の先駆者

東京農工大学大学院教授(学部では農学部生物生産学科担当)の普後一先生は、学生時代から蚕糸生物学およびカイコひとすじに研究してきた。

その専門学問分野は「昆虫内分泌学」「昆虫生理・生化学」。カイコのサナギが成虫に羽化するのは、「生物時計」の支配であるホルモン(羽化ホルモン)が放出されて決定さ…

東京学芸大学
教育学部 養護教育講座

朝倉 隆司 教授

「健康の不平等」を是正する新時代の研究

「日系ブラジル人のアンケートに『日本人は冷たい』とよく書いてあります。もちろん感謝している方もいらっしゃいます。でも『日本人が見下している』と感じている方も多いのです」

東京学芸大学教育学部の朝倉隆司先生はそう語る。はたして、日本の産業界からの強い要望により労働者(あるいはその家族)として…

東京外国語大学
外国語学部

林 佳世子 教授

イスラームを知らずに世界を語るな

東京外国語大学「中東イスラーム研究教育プロジェクト」が05年に開設されて注目を浴びている。イスラーム世界の政治・社会・文化について専門家による高度な共同研究をめざす大プロジェクトの副代表を務めるのが、今回のグッドプロフェッサー・林佳世子先生だ。まずは同プロジェクトについて話してもらおう。

「…

東京大学
大学院 農学生命科学研究科

難波 成任 教授

いま「農学」「植物病理学」が熱い!

とにかく、いま農学系学部が熱いらしい。

「現在の農学系の研究分野は非常に間口が広く複合的になってきまして、研究内容もさらに奥深いものになっています。

たとえば①経済学(農業経済学)②工学(農業工学)③理学(生産・環境や農芸化学)④医学(獣医学)等、あらゆる学問領域を包括した農学部はい…

慶應義塾大学
文学部

西脇 与作 教授

最新サイエンスに寄与する科学哲学とは

慶應義塾大学文学部の西脇与作教授の専門は「科学哲学」。科学的事象を哲学的に考察し論証していく分野ということだが、正直あまり耳慣れない学問分野ではある。このあたり先生はこう説明する。

「科学哲学は分析哲学ともいわれ、簡単にいってしまうと“科学のはしため(召使い)なのです(笑)。つまり科学と対峙…

東京大学
生産技術研究所

安井 至 教授

サイエンスとしての環境科学の定義づけに取り組みたい

東京大学の生産技術研究所は工学系および理学系の大学院教育を行いながら、基礎的研究にとどまらずに、産業界とも連携した科学の総合的研究をめざしている研究所である。それまで東京・六本木にあった施設が、東京大学駒場キャンパスに隣り合う現在の敷地に移されたのは2000年。その威容を誇る建物はまるで近未来の建…

駒澤大学
文学部 地理学科

櫻井 明久 教授

土地利用の合理を拓き起こす農業・農村地理学

駒澤大学において地理学科(当時は歴史地理科)が設置されたのは1929(昭和4)年のことだ。すでに75年以上の歴史を持つこの伝統的な学科の特徴について、学科教授の櫻井明久先生は次のように語る。

「地理学科としての歴史が長いことで、地理学に関する図書や資料の収集が非常に豊富です。とくに『外邦図』…

東京工業大学
大学院 理工学研究科 地球惑星科学専攻

高橋 栄一 教授

地球と生命の誕生に迫るCOEプログラム

わたしたちが住む太陽系第3惑星・地球はどのようにして誕生したのか? 古今東西だれしも一度は疑問に思ったこの大テーマを明らかにすることを目指す文部科学省21世紀COEプログラム「地球:人の住む惑星ができるまで」の拠点リーダーこそが東京工業大学の高橋栄一先生であり、今回登場願うグッドプロフェッサーだ。…

聖心女子大学
文学部 歴史社会学科 国際交流専攻

升田 純 教授

実務経験を元に"退屈ではない"法学講義を

聖心女子大学は設立当初から国際的に開かれた大学を目標に掲げてきた。これは1916年に開設された前身校以来の伝統で、同校が外国人修道女たちによって開かれた経緯もあるようだ。

現在、その伝統を受け継いでいるのが歴史社会学科国際交流専攻で、ますますグローバル化する社会にあって世界のさまざまなシー…