早稲田塾
GOOD PROFESSOR

「その他」に関する教授インタビュー一覧

明治大学
国際日本学部

横田 雅弘 教授

現場発「異文化間教育」のパイオニア

明治大学国際日本学部は’08年開設の学部(国際日本学科だけの単科学部)で、第1期生がこの春卒業を迎える。同学部教授で今回紹介する横田雅弘先生にその新学部の特徴から語ってもらおう。

「この学部のコンセプトは『日本を国際的な視点でとらえ直すこと』にあります。つまり日本を新たに発見し再評価して、そ…

東京都市大学
工学部 機械システム工学科

金宮 好和 教授

ロボットの未来を支える「運動制御」研究

今週の一生モノのプロフェッサーは東京都市大学工学部機械システム工学科の金宮好和教授。

ブルガリア生まれのブルガリア人という金宮先生は、小さいころから機械や回路などのモノづくりが好き――ということで、母国で学んだ大学院以来「ロボット工学」をずっと専門に研究を進めており、妻と息子を伴って’94年…

芝浦工業大学
工学部 土木工学科

伊代田 岳史 准教授

震災後ニッポン再生を担う建設材料研究

今回紹介する一生モノのプロフェッサーは、芝浦工業大学工学部土木工学科の伊代田岳史准教授である。まず先生は「そもそも土木工学って何なの?」という根本的命題から説明してくれた。

「現役高校生のみなさんは、土木と聞くと道路や橋あるいはダムのような大きな構造物の建設工事だけを想像されるかもしれませ…

立教大学
異文化コミュニケーション学部

実松 克義 教授

アメリカ先住民族文明のなぞに迫る

今週ご登壇ねがうのは立教大学異文化コミュニケーション学部(異文化コミュニケーション学科のみの単科学部)の実松克義教授である。まずは所属する立教大学異文化コミュニケーション学部の特徴から伺おう。

「本学部は、第1期生がいま4年次に在学中という新しい学部です。特徴は、英語を中心に言語教育や地域…

中央大学
理工学部 精密機械工学科

大隅 久 教授

人類未知の概念によるロボットづくり

今週は「ロボット博士」の登場である。中央大学理工学部精密機械工学科の大隅久教授が挑むロボット製作は、そのいずれもが世界初のコンセプトでシステム開発されているものばかり。そんな先生の話は「そもそもロボットとは何か」というところから始まった。

「高校生のみなさんは、ロボットというと、人型(ヒュ…

東京外国語大学
東京外国語大学 外国語学部インドネシア語専攻

青山 亨 教授

インドネシア「前近代史」への接近

東京外国語大学の学びのスタイルは、1~2年次に自ら選択した専攻語を徹底的に学び、3~4年次でその習得した言語能力を用いて「言語・情報」「総合文化」「地域・国際」の3コースから選択して専門課程を学ぶ(ほかに大学院に連動した「特化コース」もある)。

今回紹介する青山亨先生は、1~2年次学生にイ…

神奈川大学
外国語学部 国際文化交流学科

深澤 徹 教授

古典日記文学から見える「原日本語」リテラシー

今回ご登壇ねがうのは、神奈川大学外国語学部国際文化交流学科で教鞭を執る深澤徹教授である。
まずは所属する国際文化交流学科の特徴から伺おう。

「この学科の肝は『交流』です。つまりはコミュニケーションであり、その手段として重要なのが『ことば」になります。徹底的にことば・言語にこだわるのがこ…

立教大学
文学部 キリスト教学科

西原 廉太 教授(大学副総長)

工学部卒業後に神学者へ

立教大学文学部キリスト教学科でキリスト教神学を講じている西原廉太先生は、京都大学工学部で宇宙工学、金属工学を学んだ。

「そもそも西原家というのが工学系の家系でして、京大工学部の金属工学科を創設したのが曽祖父で、以後、祖父、父、わたしまで4代にわたって京大工学部で学び、あるいは教授職に就いて…

千葉工業大学
工学部 機械サイエンス学科

平塚 健一 教授

機械工学にとらわれないトライボロジー研究

今回登場願う一生モノのプロフェッサーは千葉工業大学工学部機械サイエンス学科平塚健一教授である。

先生の所属する機械サイエンス学科には、 (1)機械設計・開発(2)機械工学(3)マイクロサイエンス工学(4)先端材料工学の4つのコースが用意されている。

「各コースに分かれて学ぶことになる、入学後…

横浜市立大学
国際総合科学部 大学院生命ナノシステム研究科

坂 智広 教授

遺伝資源の可能性いかした作物品種改良めざす

じつは横浜市戸塚区にある横浜市立大学「舞岡キャンパス」は、その全体が「木原生物学研究所」でもある。
同研究所は、植物細胞遺伝学・進化学の世界的権威として知られる故木原均博士(1893~1986)が開設し、初代所長を務めていた研究所だ。
1985年、横浜市立大学の附置研究所として継承されて現在に至る。…