早稲田塾
GOOD PROFESSOR

「その他」に関する教授インタビュー一覧

成蹊大学
理工学部 エレクトロメカニクス学科

齋藤 洋司 教授

世界を驚かすエレクトロニクスをめざす

成蹊大学は’05年度に工学部から理工学部への改組を行なった。今週の一生モノのプロフェッサー齋藤洋司教授も、それに伴って、工学部電気電子工学科から理工学部エレクトロメカニクス学科へと所属を替えた。まずは、その「エレクトロメカニクス学科」の特徴からお伺いしてみよう。

「ものづくりの基本がすべて学…

神奈川大学
人間科学部

永野 善子 教授

新たな新事実に迫るアジア経済史研究

神奈川大学人間科学部は2006年に開設されたばかりの比較的新しい学部だ。この新学部の立ち上げから参加し、教授職を務める永野善子先生に人間科学部の教育理念や特徴からお聞きした。

「この学部のねらいは、人間という存在を『心』『からだ』『社会』の3つの面から研究していこうというものです。人間科学など…

横浜市立大学
国際総合科学部

重田 諭吉 教授

次世代の半導素子開発の地平を拓く

横浜市立大学国際総合科学部教授にして大学院国際総合科学研究科長の職にある重田諭吉先生。そのプロフィール欄を見てもらえば分かるとおり、先生は学部を卒業しただけで大学院に進むことなくそのまま母校・横浜市大の教員に採用されている。こんな例は後にも先にも重田先生をおいてない。

重田先生のご専門は「…

東京農業大学
農学部 農学研究所

岡島 秀治 教授

世界的権威の「昆虫博士」

神奈川県厚木市郊外に位置する東京農業大学の農学部キャンパス。この、農学部について学部長でもある岡島秀治先生に話を伺った。

「農学部の目的の基本は食糧です。これから将来にわたって安全な食糧をどう安定的に生産していくのかが研究の基本になります。本学は建学の精神に『実学主義』を掲げていまして、実…

日本大学
生物資源科学部 植物資源科学科

腰岡 政二 教授

農業植物研究の世界的パイオニア

日本大学湘南キャンパス(神奈川県藤沢市)は、江ノ島に程近い自然豊かな立地条件を誇る。この広々としたキャンパスで学ぶのは生物資源科学部(11学科)の学生たちだ。今回の一生モノのプロフェッサーは、日本大学生物資源科学部植物資源科学科の腰岡政二教授。まずは同学部と学科の特徴からお聞きした。

「生物…

東京大学
大学院 新領域創成科学研究科

大和 裕幸 教授

世界初の産業環境学研究を次々と実用化

①職場のフローチャート(作業手順)を作業者に教えてくれるコンピューターソフト「Sharefast」の開発(ほとんどの職種に適応可能)②大型船舶のブリッジにおける効率的な協調作業について分析するソフト「CORAS」の開発(航空機の操縦や医療の手術チームなどにも援用可能)③好きなところにバスを呼び乗客の希望する場所…

千葉大学
理学部 物理学科 大学院 理学研究科

太田 幸則 教授

人類知のすきまを埋める物理理論研究の真骨頂

広大な千葉大学西千葉キャンパスのやや奥まったあたりに理学部系の建物群が並んでいる。その2号館「理学系総合研究棟」7階に、今回紹介する大学院理学研究科(学部は理学部物理学科)の太田幸則教授の研究室がある。まずは「物理学とは何か」から説明していただこう。

「それは物質の最小単位であるクォークな…

成蹊大学
文学部 国際文化学科

堀内 正樹 教授

文化人類学の視点からイスラムの秘密に迫る

いま成蹊大学文学部の教壇に立つ堀内正樹教授が東京外大に入学したのは1970年。当時まだ大学紛争・全共闘学生運動の余波が全国的にくすぶっていたころで、入学早々半年間もの休校措置がとられた。ここで筆者をふくめ凡庸な小人だと「ラッキー!」とばかりに無為な日々として遊び呆けてしまいがちなところだが、若き日…

国際基督教大学
教養学部 語学科

古藤 友子 教授

言語から人間について分析していく

古代の日本に多大な影響を与えた中国哲学のひとつに易(易経)がある。この易について長年にわたって研究してきたのが、今回ご登壇をお願いする国際基督教大学(ICU)教養学部語学科の古藤友子教授。言語研究において定評のあるICU語学科について、学科長も務める先生に特徴など伺うと……

「言語は人間だ…

立教大学
理学部 物理学科

家城 和夫 教授

原子核物理学の世界最先端

立教大学理学部物理学科の家城和夫教授は一見して素朴な印象を受ける先生だ。そんな先生の専門は「原子核物理学」で、世界の最先端をいく実験グループのメンバーでもある。まずは立大物理学科の特徴から話してもらおう。

「本学物理学科は1学年の入学定員が70人ほどですから、文字どおりの少人数制です。そのた…