{literal} {/literal}
GOOD PROFESSOR

「機械・電気」に関する教授インタビュー一覧

千葉工業大学
社会システム科学部 プロジェクトマネジメント学科

五百井 俊宏 教授

「PM手法」こそが混沌からの脱却の決め手かもしれない

千葉工業大学の社会システム科学部には「プロジェクトマネジメント学科」というのがある。
全国に公立・私立さまざまな大学があるなかで「プロジェクトマネジメント(PM)」を冠する学科を持つのはここだけだ。

「PMとは、明確な目標を設定して、専門家によるチームを編成し、定められた期間内に決めら…

工学院大学
工学部 機械システム工学科

鈴木 健司 教授

「昆虫規範型」マイクロロボットの世界的パイオニア

機械工学の新しい分野に「機械システム工学」というのがある。これは、ロボットシステムのように、機械とセンサー・コンピューターなどを組み合わせ、賢い機械を設計したり、生産システムや交通システムなどの大規模なシステムを設計・製作したりし、さらにその効率的な運用管理までの責任をもつという分野である。今回紹…

東京電機大学
情報環境学部

柴田 滝也 教授

「感性工学」研究の国内トップリーダー

東京電機大学の千葉ニュータウンキャンパス(印西市)は、広大な敷地にあふれんばかりの緑に彩られたキャンバスだ。この自然が美しいキャンパスで学んでいるのは、東京電機大学情報環境学部と同大学院の学部生・院生たちである。

地球規模の視野で活躍できる情報関連技術者の育成をめざす情報環境学部は、ほかに…

東京農工大学
大学院 共生科学技術研究院

直井 勝彦 教授

次世代エネルギー貯蔵デバイスの世界的研究者

フロンティア・ケミストリー――。これこそが、東京農工大学工学部応用分子化学科が研究・教育目標として掲げ続けるキーワードだ。この基本コンセプトのもと、最先端化学の世界で活躍できる基礎力と、創造性をもった人材育成をめざす。同学科で教鞭を執ってきた直井勝彦教授(所属は大学院共生科学技術研究院)は以下のよ…

東京都市大学
知識工学部 情報科学科

宮内 新 教授

最先端のコンピュータ・アーキテクチャ研究

いよいよ今年4月、伝統ある理工系私大の雄・武蔵工業大学は「東京都市大学」へと校名を変更し、総合大学として新たな旅立ちをする。これに伴って学科新設や学科名変更など、学科構成の大改編もなされる。

今週の一生モノの恩師プロフェッサー・宮内新先生が学部長を務める「知識工学部」においても、「自然科学…

横浜国立大学
工学部 生産工学科 大学院 環境情報研究院 環境情報学府

後藤 敏行 教授

医用画像と福祉情報における先進的研究

横浜国立大学大学院(学部としては工学部生産工学科)の後藤敏行教授の研究室は「環境情報1号棟」最上階の9階にある。その窓からは横浜ベイエリアが一望できる最高の眺望に恵まれている。「とくに夜景がすばらしいのですよ」とこの部屋の主も大絶賛する。そんな後藤先生に、学部で担当する生産工学科と機械システムコー…

工学院大学
グローバルエンジニアリング学部 機械創造工学科

雑賀 高 教授

「完全クリーンエネルギー車」の夢の実現者

工学院大学グローバルエンジニアリング学部の雑賀高教授こそが今週ご登壇ねがう一生モノのプロフェッサーだ。雑賀先生は世界的な研究者でありながらも偉ぶるところなど一切なく、気さくな雰囲気がその周囲に漂う。先生の研究本拠は工学院大学八王子校舎なのだが、取材の当日はわざわざ新宿校舎にまで出向いていただき、抱…

東京電機大学
工学部 電気電子工学科

安達 雅春 教授

「脳」機能をもつ夢の次世代コンピュータ

東京電機大学は創立100周年だった07年に学部・学科の大幅な改編を行なった。それにより2学部3学科に分かれていた電気・電子系の学科が1つにまとめられ、「工学部電気電子工学科」が誕生することになった。これによって電気・電子系の学科としては国内最大級の規模を誇る学科ともなった。その電気電子工学科の安達雅…

明治大学
理工学部 機械情報工学科

小山 紀 教授

人のためのメカトロニクス技術とは

明治大学理工学部機械情報工学科の小山紀教授の専門はいま話題の「メカトロニクス」。メカトロニクスといえば、ロボットなどに代表される最先端の学問・技術分野ということになる。

「わたしの研究室でもロボットやメカトロニクスを応用した機械・機器の開発をしています。ただ、そのいずれも介護やリハビリ支援…

慶應義塾大学
理工学部 システムデザイン工学科

吉田 和夫 教授

ロボットを人間に近づけるために

あなたが「がんばれ!ニッポン」大好きのサッカー狂サポーターだとしてもブラジルやイタリアなど強豪相手に日本代表が4対0や3対0で常時勝てるなどとは到底思わないだろう。まず選手個人個人の力量が違いすぎる。しかし、ロボットによるサッカー世界大会「ロボカップサッカー」でそんな「奇跡」を成し遂げた日本人「監…