{literal} {/literal}
GOOD PROFESSOR

「生物・バイオ」に関する教授インタビュー一覧

東京農業大学
地域環境科学部 森林総合科学科

上原 巌 教授

「森林療法」実証研究のパイオニア

東京農業大学には地域環境科学部森林総合科学科がある。果たしてどんな学部で、どんな学科なのか?上原巌教授に説明してもらおう。

「今、『地域の時代』といわれますが、その地域について幅広く学ぶ学部です。つまり森林に始まり、そこから流れ出る川、さらにその川が潤す里や街についてまでを、…

東京工科大学
応用生物学部

多田 雄一 教授

砂漠化を止める植物バイオテクノロジー

今週の一生モノのプロフェッサーは東京工科大学応用生物学部の多田雄一教授だ。まずは、同学部ではどんなことが学べるのか語ってもらった。

「学部全体では、生物の機能を工学的に利用して、人々の暮らしをより豊かにしたり、環境の改善を図る方策を研究しています。このコンセプトのもとに、(1)バイオテクノロ…

神奈川工科大学
応用バイオ科学部 応用バイオ科学科

小池あゆみ 教授

生命活動の仕組みに分子レベルで迫る

ヒトの生命活動にとって欠かせないタンパク質群の機能のひとつ「シャペロニン反応サイクル」の反応モデルについて、その定説を覆した女性研究者がいる。神奈川工科大学応用バイオ科学部の小池あゆみ教授である。これは、まだ准教授のころのことだった。

「シャペロニン(chaperonin)の反応サイクルのモデルにつ…

国際基督教大学
教養学部 アーツ・サイエンス学科 生命科学デパートメント

小林 牧人 教授

「魚類の性行動研究」のパイオニア

国際基督教大学(ICU)「生命科学デパートメント」の小林牧人教授は、魚類の性行動(産卵)研究におけるわが国の第一人者として世界的にも知られている。

「現在のわたしの研究テーマは3つあります。 (1)魚類の性行動における内分泌調節の研究(2)魚類組み換えホルモンの水産増養殖への応用研究(3)性行動に基…

横浜市立大学
国際総合科学部 大学院生命ナノシステム研究科

坂 智広 教授

遺伝資源の可能性いかした作物品種改良めざす

じつは横浜市戸塚区にある横浜市立大学「舞岡キャンパス」は、その全体が「木原生物学研究所」でもある。
同研究所は、植物細胞遺伝学・進化学の世界的権威として知られる故木原均博士(1893~1986)が開設し、初代所長を務めていた研究所だ。
1985年、横浜市立大学の附置研究所として継承されて現在に至る。…

玉川大学
農学部 生物資源学科

佐々木 正己 教授

「ミツバチ愛」ゆえの世界的研究

今週の一生モノのプロフェッサーは、昆虫(とくにミツバチ)研究におけるわが国の第一人者として、世界的にも名をはせる玉川大学農学部生物資源学科の佐々木正己教授である。
まずは佐々木先生による「ミツバチの不思議」話からご紹介していこう。

「ミツバチの個体というのは、非常に小さなものですが、そ…

明治大学
農学部 農芸化学科

中島春紫  教授

コウジ菌タンパク質由来の新素材が地球環境を救う

かつて日本の多くの総合大学農学部には、必ずといっていいほど「農芸化学科」が置かれていた。
ここ10~20年ほどの大学諸改革により、全国の農芸化学科は発展的に改称されたり他学科と統合されたりしてきた。
いまや純粋なかたちで残っているのは明治大学農学部だけになったそうだ。

「それだけに貴…

東京大学
農学生命科学研究科

嶋田 透 教授

カイコ遺伝子研究から新医薬品・蚕糸が生まれていく

昆虫、とくにカイコ(蚕)の遺伝子レベルの研究におけるわが国第一人者の登場である。
東京大学大学院農学生命科学研究科(学部は農学部応用生物学専修を担当)の嶋田透教授が今週の一生モノのプロフェッサーだ。
まずは、先生が中心となって指導されている農学部の応用生物学専修についてお話しいただいた。…

東京農工大学
農学部 地域生態システム学科

戸田 浩人 教授

森林土壌を通した自然システムを解明する愉しさ

今週の一生モノのプロフェッサー・戸田先生のご専門は「森林土壌学」と、それを応用した「森林生態学」、また主に土壌中の「物質循環」解析である。
森林の土壌中の物質循環システムを解明し、そこから生態系を維持管理する理想的な方法とは何かを探り出す。
豊かで健康な森林の基礎であり、水資源とも密接な…

神奈川大学
理学部 化学科

木原 伸浩 教授

生物体内の分子反応の神秘に迫る生物有機化学

今週ご紹介する一生モノのプロフェッサーは、神奈川大学理学部化学科の木原伸浩教授だ。まずは木原先生が所属している化学科の特徴から話してもらおう。

「大学で化学を学んでいる人には、英語を苦手と感じている人が多いんです。でも、それでは世界に出ていけません。それで、ここでは英語の授業に力を入れてい…