早稲田塾
GOOD PROFESSOR

インタビュー一覧

工学院大学
工学部電気システム工学科

坂本 哲夫 教授

PM2.5汚染をも救う新型顕微鏡の開発者

工学院大学工学部電気システム工学科の坂本哲夫教授は、ナノテクノロジー(nanotechnology)を駆使して、従来の電子顕微鏡よりもさらに高性能な新型顕微鏡の開発技術を完成させた研究チームを率いる。

成蹊大学
理工学部 システムデザイン学科

弓削 康平 教授

無敵の設計ツール「計算力学」を研究

この世のあらゆる建築物や機械・航空機・船舶・自動車など「固体系」を新たにつくろうと構造設計などに取り掛かる際には、必要に応じて構造力学や流体力学・音響力学・振動力学などによる力学計算(dynamic computation)が必ず伴う。従来、こうした高度に実際的なエンジニアリング問題を含むこの種の力学計算は各分野に特化した専門家が専ら扱うべきものとされてきた。

東京都市大学
知識工学部 情報通信工学科

堀田 正生 教授

デジタル製品を支える集積回路研究

この春に東京都市大学は、従来の「情報ネットワーク工学科」を「情報通信工学科」へと学科名称を変更した。その経緯について同学科主任でもあった堀田正生教授に聞いてみよう。

東京農業大学
地域環境科学部 森林総合科学科

上原 巌 教授

「森林療法」実証研究のパイオニア

東京農業大学には地域環境科学部森林総合科学科がある。果たしてどんな学部で、どんな学科なのか?上原巌教授に説明してもらおう。

「今、『地域の時代』といわれますが、その地域について幅広く学ぶ学部です。つまり森林に始まり、そこから流れ出る川、さらにその川が潤す里や街についてまでを、…

慶應義塾大学
文学部 人文社会学科社会情報学専攻

山本 正身 教授

江戸儒学を生かした教育思想史研究

今週ご登壇ねがう慶應義塾大学文学部の山本正身教授は、慶應義塾女子高校の校長をも兼任する教育のプロだ。山本教授の大学での所属は、文学部人文社会学科人間関係学系教育学専攻。まずは、この学科と学系・専攻について伺った。

「本学文学部は、以前は5学科から成っていましたが、2000年に人文社会学科の1学科に統合されました。文学部では、それ以前も学科や専攻を決めないで入学し、…

東京電機大学
工学部 機械工学科

栗栖 正充 教授

惑星探査も原発処理も支えるロボット工学

昨年春から東京電機大学工学部機械工学科では、それまでの「機械システムコース」と「精密システムコース」の名称を「機械工学コース」「先端機械コース」へとそれぞれ変更した。今回紹介する栗栖正充教授は、このうちの「機械工学コース」の所属である。まずは、同コースで何が学べてどんな特長があるのか、このあたりから話してもらった。…

東京工科大学
応用生物学部

多田 雄一 教授

砂漠化を止める植物バイオテクノロジー

今週の一生モノのプロフェッサーは東京工科大学応用生物学部の多田雄一教授だ。まずは、同学部ではどんなことが学べるのか語ってもらった。

「学部全体では、生物の機能を工学的に利用して、人々の暮らしをより豊かにしたり、環境の改善を図る方策を研究しています。このコンセプトのもとに、(1)バイオテクノロ…

國學院大學
経済学部 経済学科

菅井 益郎 教授

「負」の視点からの日本経済史研究

今週紹介する一生モノのプロフェッサーは、國學院大學経済学部経済学科の菅井益郎教授である。まずは、所属する学部学科の特徴から話してもらった。

「本学経済学部は(1)経済学科(2)経済ネットワーキング学科(3)経営学科―の3学科からなっています。経済学部とは、市場の経済原理による動きを研究する場所。…

電気通信大学
情報理工学研究科

田中 一男 教授

知能制御工学のトップリーダー

電気通信大学大学院情報理工学研究科の田中一男教授は、「知能機械」「制御工学」分野におけるわが国を代表する研究者である。その田中教授、2000年代初頭までは国内よりも海外で著名であった。

田中教授の制御工学理論などの論文が他の研究者に引用された件数は約5200件にのぼる。これは他の日本人研究者を圧倒…