早稲田塾
GOOD PROFESSOR

インタビュー一覧

東京都市大学
環境学部 環境創生学科主任教授 大学院 環境情報学研究科

田中 章 教授

生活空間で自然と共存できる方法を研究する

田中教授の専門は、「緑地創成学」「復元生態学」「造園学」「ランドスケープ・エコロジー」「生物多様性保全学」。聞きなれない名前の分野が多いが、一言でいうと「失われつつある自然を復元するために必要なフィールドワークから環境政策に至るまでの研究」だという。

淑徳大学
看護栄養学部 栄養学科

桑原 節子 教授

身近なところから日本人の食を支えたい

からあげ弁当に、ソースたっぷりの焼きそばに、チキンやナゲット。おなじみのコンビニメニューもおいしいけれど、たまにはヘルシーなものを選びたい。内臓に疾患を抱えながら働く人であればなおさら——。

学習院女子大学
国際文化交流学部 日本文化学科

岩淵 令治 教授

新発見の史料から「江戸の素顔」を紹介

――岩淵令治教授は、江戸を中心とした近世都市史の先生だ。もとは中学生からの考古少年だった先生は、現在の東京から、人が生き、汚れも不正も矛盾もあった江戸という都市の実像を、新史料から読み解き、都市の実像を掘り起こし続けている。

明治大学
理工学部 電気電子生命学科

小野 弓絵 准教授

今求められている「医学と工学の融合」

――“動かしたいと思った時に手が動く”画期的なリハビリ用装置「Digital Mirror Box」を民間の病院との共同研究で開発し、注目されている小野弓絵准教授。専門である「健康医工学」は耳慣れない言葉だが、どんな研究分野なのか。

千葉商科大学
サービス創造学部

吉田 優治 学部長

「リアル」を体感できるサービス教育

——日本の国内総生産(GDP)のおよそ7割を占めるサービス業。しかしサービス業の経営者は、現場で働きながら経営の知識を身につけている人が多く、大学教育においてサービスに特化して学べる学部・学科はほとんどない。

東京工業大学
火山流体研究センター (理工学研究科化学専攻 兼 地球惑星科学専攻)

野上 健治 教授

火山の化学的総合診断と海底火山のトップランナー

――昨年9月、長野と岐阜の県境にある御嶽山が噴火。山頂付近にいた登山客が突然の噴火に巻き込まれ、死者不明計63人の被害者を出した。この噴火が水蒸気噴火。前兆現象が微弱で、いきなり起こる危ない噴火だ。

日本女子大学
人間社会学部 教育学科

田中 雅文 教授

ボランティアやNPO活動を支える「学び」

今回ご紹介するのは、生涯学習(生涯教育)の研究者でありながら、自然保護などのボランティアやコミュニティづくりの実践に関わっている田中雅文教授である。ボランティアや市民活動を通した「学び」が、人生をどのように豊かにしていくのかについても伺った。

日本大学
文理学部 国文学科

紅野 謙介 教授

文学の力と言葉の呪術性

——今回ご登場いただくのは、文学とメディアの間にある相互的な影響や関連性、周辺状況に着目した研究をされており、高校の現代文の教科書づくりにも携わっている日本大学文理学部国文学科の紅野謙介教授だ。

お茶の水女子大学
大学院 人間文化創成科学研究科

永瀬 伸子 教授

働くことは、生活の基盤

――「経済学」とひとくちに言ってもさまざまな分野があるが、今回紹介するお茶の水女子大学大学院人間文化創成科学研究科の永瀬教授が専門としているのは、労働経済学。そもそも労働経済学とは、どんな分野を研究する学問なのだろう。

東京経済大学
コミュニケーション学部

西垣 通 教授

文理融合の基礎情報学パイオニア

東京経済大学が、日本初のコミュニケーション学部を開設したのは、1995年。Windows 95が発売され、それまで工学系の専門家にしか扱えなかったコンピュータのソフトがユーザー・フレンドリーとなった歴史的な年だった。