{literal} {/literal}
GOOD PROFESSOR

東京学芸大学の教授インタビュー一覧

東京学芸大学
生活科学講座

池崎 喜美恵 教授

人間生活への学際的アプローチとしての「家庭科」

東京学芸大学の生活科学講座家庭科教育学分野は小学校から高校までの家庭科教員を養成する講座。今回お訪ねした池崎喜美恵教授はここで教鞭をとるグッドプロフェッサーだ。

「家庭科教室の学生定員は24人で、教員12人が指導にあたっています。学生数に対して教員数が多いのは、家庭科を含む生活科学が非常に広い…

東京学芸大学
教育学部

相川 充 教授

人づきあいは「ソーシャルスキル」で楽になる

東京学芸大学は教育学部のみの単科大のため、教員養成のみが目的となる大学と思われがちだ。しかし同大学教育学部には、教員養成を目的にする「教育系」のほか、教育に付随する一般教養が履修できる「教養系」課程も設けられている。

この教養系には、
生涯学習 人間福祉 国際理解  教育環境教育  情報教…

東京学芸大学
教育学部

村松 泰子 教授

教育系でも教員志望者は半数

東京学芸大学は教員養成を目的に設立された教育学部だけの単科大学である。しかし、従来は教員養成課程(教育系)だけだったが、88年から生涯学習社会の視点から人材育成課程(教養系)が併設された。これによって単科大学でありながら、総合大学に匹敵するカリキュラムを備えた大学に大きく変わった。

同大学で…

東京学芸大学
教育学部

坂井 俊樹 教授

歴史教科書問題との出会い

歴史教科書問題などで識者として発言を求められることの多い坂井教授は、「人権教育」という講義を担当している。

「『橋のない川』などのビデオを観たりしながら、部落差別や在日朝鮮人の問題、あるいはハンセン病問題などを学校でどのように教えるべきかを講義しています」

先生の専門は、社会科教育…