早稲田塾
GOOD PROFESSOR

一橋大学の教授インタビュー一覧

一橋大学
社会学研究科

大坪 俊通 教授

社会学部で講じる「宇宙測地学」とは

一橋大学大学院社会学研究科で地球科学や宇宙科学を講じる大坪俊通教授は、学部では社会学部を担当する。自身の大学生学部時代は法学を学んでいたが、途中から宇宙物理学の研究にシフトしたという少し変わった経歴をもつ。まずはその専門転向のいきさつから話を聞いていこう。 

一橋大学
経済学研究科

齊藤 誠 教授

社会を生き抜くためのマクロ経済学

今週は、マクロ経済学の泰斗である齊藤誠・一橋大学大学院経済学研究科教授の登場である(学部は経済学部を担当)。その専門分野等についてお聞きする前に、まずは伝統ある一橋大学経済学部について伺おう。

「本学経済学部の研究内容は、驚くほどに多様性があります。いろいろな経済分野の最先端で活躍中の先生…

一橋大学
社会学部 歴史社会研究分野(大学院社会学研究科歴史社会研究分野)

若尾 政希 教授

その時代の「通念・常識」に注目して歴史をとらえ直す

一橋大学の若尾政希教授は、日本近世史研究のトップランナーの一人だ。
歴史の中の人物の思想を、現代人と同じように「生きて変化するもの」として生き生きと再構築する研究を行なってきた。

「思想史というと難解で特異なものと思われがちですが、そうでもないですよ。たとえば江戸時代がどんな時代だった…

一橋大学
社会学部 大学院 社会学研究科

浅見 靖仁 教授

アジアの人々の側からの「開発学」

今回紹介する浅見靖仁先生は一橋大学大学院社会学研究科(社会学部)の教授である。まずは、一橋大学社会学部の特徴について話してもらおう。

「学部の名称が社会学部になっていますが、狭義の『社会学』だけを学ぶのではなく、いろいろな社会現象を『社会科学』のさまざまなアプローチを使って総合的に考察する…

一橋大学
大学院 法学研究科

只野 雅人 教授

憲法の基本原理に沿った代表民主制を研究

最近、憲法への関心が高まっている。憲法改正をめぐる政治状況もかつてとはずいぶん変わり、いまでは衆参両院に憲法調査会が設立され、憲法問題全般が議論されている。そうしたなか憲法の研究者として様々な発言をしているのが、一橋大学教授の只野雅人先生だ。

「法学は人権と統治機構に分かれますが、わたしの…

一橋大学
社会学部

渡邊 治 教授

社会から見た政治、歴史から見た政治

テレビや新聞で盛んに取り上げられている「聖域なき構造改革」は、現代の日本政治のキーワードとなっている。毎日耳にしている言葉だけで、なんとなく分かったような気になってしまうが、それでは「なぜ今の日本で構造改革が叫ばれているか、なぜそれが必要か」と問われたとき、はたして論理的にその理由を説明できる学生…

一橋大学
大学院 商学研究科

花枝 英樹 教授

「企業を知る」ことは「社会を知る」こと

「一橋大学の特徴といえば、各学部間の垣根が低いことでしょうか。たとえば、商学部に在籍する学生でもほかの経済学部や法学部・社会学部の興味ある科目を履修できます。そして、それが単位に認定されるようになっています」

そう語ってくれたのは一橋大学大学院商学研究科(商学部)教授の花枝英樹先生。学際的…

一橋大学
経済研究所

鈴村 興太郎 教授

経済システムの評価・設計に注目する「社会的選択の理論」の開拓者

一橋大学の附置研究所である「経済研究所」は経済学の実証的な研究機関として知られるが、今回紹介する鈴村興太郎先生は、日本を代表する理論経済学の研究者として世界的にも名高い存在である。

この研究所は、世界および日本の経済の歴史や現状の理論的・実証的研究を行ない、政策提言や制度設計にもかかわって…

一橋大学
大学院 社会学研究科 地球社会専攻

足羽 與志子 教授

文化人類学はとても魅力的な学問です

一橋大学には国立大学では唯一ここだけという「社会学部」がある。ただ、ここで研究されているのは狭義の社会学だけでなく、もっと広い領域に渡る社会科学研究となる。

「この学部では社会学のほかに、社会人類学や歴史・哲学などの広い分野も網羅して、社会科学全般を扱っています。幅広い視点から社会の状況を…

一橋大学
大学院 法学研究科

田中 孝彦 教授

戦争原因を分析して平和の構築方法を探る

一橋大学法学部はすでに半世紀以上の歴史を有し、これまでに法曹界はじめ外交官や官僚・国際関連機関・私企業などに幾多の人材を輩出してきた。同学部で教べんをとる田中孝彦教授はその特徴を次のように語る。

「一橋は大学自体が小ぶりですから、どの学部も教官と学生のあいだが非常に緊密な関係になっています…