早稲田塾
GOOD PROFESSOR

東京経済大学の教授インタビュー一覧

東京経済大学
コミュニケーション学部

西垣 通 教授

文理融合の基礎情報学パイオニア

東京経済大学が、日本初のコミュニケーション学部を開設したのは、1995年。Windows 95が発売され、それまで工学系の専門家にしか扱えなかったコンピュータのソフトがユーザー・フレンドリーとなった歴史的な年だった。

東京経済大学
コミュニケーション学部

柴内 康文 教授

社会関係資本としてのコミュニケーション研究

東京経済大学には「コミュニケーション学部」という学部がある(コミュニケーション学科だけの単科学部)。この学部開設は’95年で、この種の社会情報系の学部としては日本初の開設で、当時おおいに話題になった。その教育目標に掲げているのは「メディアリテラシーの向上」。これは必要な情報を探索し、入手した情報を分析・解釈するために必要な機器操作能力や判断力を含む総合的な情報処理能力の向上を図ることとされる。まずは東京経済大学コミュニケーション学部の内容について、今週の一生モノのプロフェッサー・柴内康文教授に話してもらおう。

東京経済大学
経営学部 流通マーケティング学科

田島 博和 教授

「武器」3つで立ち向かう市場調査研究

「大学の経営学部というのは、会社では何をつくってどうやって売っているのか? また、その一方でお客さんは何を考えてどんなものを買っているのか――そんなことを学ぶ学部なんですね」

経営学部についてそう説明してくれたのは、東京経済大学経営学部流通マーケティング学科の田島博和教授である。先生のお話の…

東京経済大学
経済学部

浜野 忠司 教授

数学モデルで経済の動きを分析する数理経済学

一生モノのプロフェッサーとして今回ご登壇ねがうのは、東京経済大学経済学部経済学科の浜野忠司教授だ。
まずは所属する経済学部について、その特徴から伺おう。

「本学の経済系学部(経済学部と経営学部)は、元々ひとつの学部だったものが2つに分かれて現在に至っています。そのため学部間の垣根の低さ…

東京経済大学
現代法学部

内布 光 教授

ビジネス法・IT関連法研究のパイオニア

東京経済大学現代法学部は、21世紀の現代社会で起きている諸問題と法律との関係を専門的に学ぶ学部(単科学部)として定評がある。今回は同学部で教鞭を執る内布光先生にその特徴などを聞いた。

「個人的な印象で申しますと、実務家出身の教員も数多くいるので、私を含めて実践的で、社会に出てから役立つ授業を…

東京経済大学
コミュニケーション学部

山田 晴通 教授

ポピュラー音楽などサブカルチャー研究も

今回ご紹介する東京経済大学の山田晴通教授を一言で表現すれば「異能の人」とでも言うほかない。まずは研究室が発信しているWebサイト(といっても中身のほとんどは山田先生の個人ページである)がすごい! その分量の膨大さもさることながら、マニアックなまでに幅広く詳細な内容に圧倒される。

大学教授のペ…