早稲田塾
GOOD PROFESSOR

東京薬科大学の教授インタビュー一覧

東京薬科大学
生命科学部 分子生命科学科

柳 茂 教授

細胞内伝達機構の分子レベル研究の最先端

今週ご紹介する東京薬科大学生命科学部分子生命科学科の柳茂教授は、21世紀の分子生命科学分野を背負って立つホープとして嘱目されている若き世界的研究者だ。先生が在籍する生命科学部が東京薬大に誕生したのは今から13年前。この種の学部として日本初のパイオニアであった同学部の特徴から話してもらおう。

「…

東京薬科大学
生命科学部

多賀谷 光男 教授

細胞内の「物流システム」を研究

「食後に血糖値が上がると、インスリンというホルモンが膵臓の細胞から血液へと放出されて、血糖値を下げる働きをします。このときに、なぜ、どのようにインスリンが細胞から出てくるのか疑問に思いませんか? このようなホルモンの輸送に使われているシステムが小胞輸送です。神経伝達物質であるアセチルコリンを放出す…