早稲田塾
GOOD PROFESSOR

東洋大学の教授インタビュー一覧

東洋大学
ライフデザイン学部 生活支援学科

白石 弘巳 学部長・教授

国家の制度設計にも携わる精神科医

今回紹介する白石弘巳教授は精神科医であるとともに、精神医療に関連する法改正の委員としても活躍。さらに精神障害の方の家族を支援する活動を引っ張ってきた人としても知られている。

東洋大学
総合情報学部 総合情報学科

加藤 千恵子 教授

心理学と工学の融合を多様な側面から研究

加藤千恵子教授の専門分野は心理学である。精神面の健康を扱うメンタルヘルスや心理学を学ぶのに必須の統計学がもともとの専門だった。しかし毎年のように発表している教授の研究論文の内容は、驚くほど多様だ。

東洋大学
経済学部 総合政策学科

川瀬 晃弘 准教授

国の政策立案過程を知る若手「財政学」研究者

今週は、財政学・公共経済学の若手研究者であり、ゼミで行うプレゼンテーションやグループディスカッションが評判の東洋大学経済学部総合政策学科の川瀬晃弘准教授に登場ねがう。

東洋大学
ライフデザイン学部 健康スポーツ学科 社会学専攻

井上 治代 教授

いま若者世代に授けたい「生死の社会学」

――今週は東洋大学のライフデザイン学部の教授であり、「生死の社会学」「尊厳ある死と葬送」をめぐる市民活動などでも知られる井上治代教授に登場ねがうこととした。まずは所属する学部のことからお聞きしていこう。

東洋大学
経済学部 経済学科

安田 武彦 教授

ライフサイクルから見た中小企業研究

今回登場願うのは東洋大学経済学部の安田武彦教授。じつは前回本欄で紹介した武蔵大学経済学部の高橋徳行教授から他大学ゼミとの共同研究の話があったが、そのゼミ指導教授が安田教授だ。まずは安田教授に東洋大学経済学部のことから話してもらおう。

東洋大学
文学部 日本文学文化学科

河地 修 教授

日本古典文学を徹底的に読み直す

東洋大学「国文学科」が大幅なバージョンアップを遂げて「日本文学文化学科」に生まれ変わったのは2000年のこと。当時この学科改革の中核になったのが、今回紹介する同学科の河地修教授だ。まだ助教授だった頃のことである。

「国際化がいわれる時代にあって、旧来の国文学科のままでは若者に来てもらえないとい…

東洋大学
理工学部 機械工学科

松元 明弘 教授

人間と共生する「ロボット工学」

’09年4月、時代や社会からのニーズの変化を受ける形で、東洋大学工学部は新たに「理工学部」として生まれ変わった。
この新学部のカリキュラムの総まとめ役をしたのが、今回紹介する機械工学科教授の松元明弘先生だ。
まずは、生まれ変わった理工学部機械工学科の特徴からお話しいただこう。

「機…

東洋大学
社会学部 メディアコミュニケーション学科

中村 功 教授

「キューレスネス・メディア」研究が迫る災害情報論

今週ご紹介する一生モノのプロフェッサーは東洋大学社会学部の中村功教授。若々しく非常にはつらつとした雰囲気が周りに満ちあふれている先生だ。理路整然とした口跡もすがすがしい。まずは教壇に立つメディアコミュニケーション学科の特徴から聞いた。

「ここは社会学部に属しますから、メディアについて社会学…

東洋大学
生命科学部 大学院 生命科学研究科

上條 賢一 教授

情報工学から生命科学へのアプローチ

今回ご紹介する東洋大学生命科学部の上條賢一教授はなかなかに型破りな経歴をもつ。プロフィール欄を見てもらえば分かるが、大学で地質鉱物学を学びながら、現在は生命科学部において教壇に立つ。いわゆる学歴は、分野の異なる大学学部卒でしかない。そこから大学院教授にまで至る努力の人。さらに、一時はプロの落語家を…