早稲田塾
GOOD PROFESSOR

法政大学の教授インタビュー一覧

法政大学
キャリアデザイン学部

児美川 孝一郎教授

「若者が就職できない」その秘密に迫る

今週は『若者はなぜ「就職」できなくなったのか』など青年層のキャリア不全や就職難問題などをめぐり脚光を浴びる法政大学キャリアデザイン学部の児美川孝一郎教授に登場いただくことにした。まずは先生ご自身が教育学などに興味を持たれたきっかけからお聞きしていこう。

法政大学
現代福祉学部 大学院人間社会研究科

眞保 智子 教授

障害者を戦力化するキャリア形成研究

わが国の常用雇用労働者数50人以上の事業主は、障害者雇用促進法が定める障害者雇用率制度により法定雇用率以上の割合で障がい者を雇用する義務がある。

法政大学
経済学部

赤石 秀之 助教

廃棄物問題への経済学的アプローチ

――今週は法政大学経済学部の赤石秀之助教に登場いただいた。先生の専門分野は「環境経済学」。ちょっと聞き慣れないこの分野のことからお聞きしていこう。

法政大学
文学部 地理学科

伊藤 達也 教授

人文地理学から環境問題へのアプローチ

――今週の一生モノのプロフェッサーには法政大学文学部地理学科の伊藤達也教授に登壇をお願いした。まずは法政大学地理学科のことからお聞きしていこう。

法政大学
現代福祉学部 福祉コミュニティ学科

保井 美樹 教授

成熟期ニッポンにおける地域づくり

法政大学現代福祉学部は福祉コミュニティ学科と臨床心理学科からなる。今回訪ねたのは福祉コミュニティ学科の保井美樹教授。まずは同学部同学科のことから話してもらった。

法政大学
デザイン工学部 建築学科

高村 雅彦 教授

「現場」から見通すアジア都市建築の歴史研究

’07年、法政大学建築学科は「工学部建築学科」から「デザイン工学部建築学科」へと生まれ変わった。そのあたりの事情から同学科教授の高村雅彦先生に伺った。

「まずデザイン工学部誕生の経緯から申しますと、20世紀までの工学は、原発の歴史をみても明らかなようにテクノロジー一辺倒で邁進してきました。しか…

法政大学
経済学部

宮崎 憲治 教授(教授会副主任)

身近なテーマから迫る計量経済学

法政大学経済学部の宮崎憲治教授はとにかく饒舌で、その言葉は聞く者の胸にしっかり留まる。そんな宮崎先生のご専門は「計量経済学」だ。

「たとえば医学や自然科学の世界でしたら、実験や臨床によってデータを集めることができますが、経済学の世界ではほとんど実験などできません。あくまで実際の経済活動を観…

法政大学
国際文化学部

稲垣 立男 教授

庶民の暮らしを丸ごとアート化してみたら

法政大学国際文化学部の稲垣立男先生は、大学教授であるとともに美術アーティストとしての顔も持つ。
稲垣先生の作品の特徴に、市井に暮らす無名の市民や小さな集落(地域コミュニティー)・施設などを取り上げ、それを仮設の博物館や展覧会場として丸ごと提示するという点がある。

「わたしと他者が1対1…

法政大学
理工学部 機械工学科

新井 和吉 教授

宇宙開発の未来を救う世界初の新構造材

宇宙といえば夢と冒険のロマンに思いをはせる人は多くないだろうか。
しかし、じつは宇宙空間には超高速で周回するおびただしいスペースデブリ(宇宙ゴミ)が存在し、その衝突を回避しながら人工衛星や宇宙船は飛行しているのだそうだ。
ロマンどころか一触即発なのだという。

この「宇宙ゴミ問題」…

法政大学
社会学部 社会政策学科

岡野内 正 教授

全地球人を救うかもしれない「グローバルBI」の提唱者

今週ご登場ねがう一生モノのプロフェッサー・法政大学社会学部社会政策学科の岡野内正教授。取材の場に現われた先生は、なんとピンクのTシャツにジーンズ・わら草履という姿であった。

「ニッポンの夏はこのスタイルが一番涼しいですから」

形式に囚われない自在な人間性。岡野内先生は社会学者だが、こ…